午堂登紀雄の名言

午堂登紀雄のプロフィール

午堂登紀雄、ごどう・ときお。日本の投資コンサルタント。岡山県出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、都内の会計事務所を経てミニストップへ入社。直営店店長、スーパーバイザー、本部のマーケティング担当として勤務し、優秀社員賞を受賞。その後、コンサルティングファームのアーサー・D・リトルで経営コンサルタントをしながら不動産投資を始める。1年で3億円の資産を形成した。その後独立し、投資やビジネスをしながらお金について教えている。主な著書に『お金の才能』『お金がいままでの10倍速く貯まる法』『やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本』『世界で戦える自分をつくる5つの才能』『年収3000万円を生み出すコア学習法』など。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

午堂登紀雄の名言 一覧

1 / 212

いい情報を手に入れたら、惜しみなく人にも公開する。すると、相手も情報を教えてくれる。隠して自分だけ得をしようとしても、それ以上の情報は得られない。


儲かる鉱脈は、マイナーなところにこそ眠っている。


仕事をする前に、先送りにならない仕組みを作っておくと、おのずと前倒しになる。


本人にはビジネスになると思っていないことでも、お金を払ってそのノウハウや知識を得たいという人は多いもの。


中途半端にやると、中途半端な結果しか出ないと考え、徹底した。


自分で情報収集ができることも大事。情報量の少ない投資先では失敗する。


チャンスを待つ忍耐力と同時に、勝機が到来したら、迷わず投資する決断力も重要。


人間は思考力の有無で二通りに分かれます。自分の頭で考える人は消費を仕掛ける。自分の頭で考えない人は、財布を開かされる側で終わる。


成果があがる働き方をするには、他人に振り回されず、自分のペースで働く仕組みを作るしかない。


人より成果を上げるには、人より多く働くのは当然。大事なのは成果が上がる働き方をすること。


作業をテンプレ化することは一見すると面倒ですが、先々の仕事でも使うことを考えて作っておけば、仕事が増えても手間は減ります。テンションが低いときでも、作業は進められます。


講演やプレゼンはテーマが違うだけで展開の仕方は同じ。だから大まかな見出しは先に作っておきます。イチから考えると大変ですが、内容が決まっていればすぐ取りかかれます。


収入につながるものにお金を使うのは、まったく躊躇しませんが、関係ないものはしっかり切り詰めますね。服を買う時もアマゾンや楽天で徹底的に価格をチェックしてから買ってますよ。


いわゆるショック相場で下げたときに買うのが私のやり方。ギリシャ危機などのショック相場は本来の価値以上に下がる傾向があるため、そこで買って戻りで決済すれば簡単に稼げるんです。


副業は最初にちょっと苦労すればあとはラクになることが多い。稼ぐには強制的にやる仕組みを持つことが大切。


勝つことができるのは「大衆と逆を行く」人。


将来役に立つであろう経験や人脈に惜しみなくお金を使うことが大事。特に自由に使えるお金の限られたこんな時代だからこそ、そうした「志のある」お金の使い方が大切。


節約ばかりでは、ますます貧乏になるばかり。限られた貴重なお金を、いかに「生き金」として賢く遣うことが出来るかどうかが、お金持ちと貧乏人の分かれ道。


金とプラチナに投資して、半年で400万円は儲かりました。でもいまから買っても遅いですよ。買い時は下がったとき。でもみなさん、上がりだしてから買っちゃうんですよね。


万が一の安心代として現預金を持っていますが、あとは投資に費やしています。こうすれば、お金を働かすことができる。家を買わない一番の理由も、お金を働かせられないからです。


ブランド品を買ってもそこから収入は生まれません。見栄はコストに過ぎない。自分の目で選び、清潔感など着こなしに気を配っています。


一等地に豪邸を持っても、それは見栄で、新たな価値は生まれません。資産や自分の付加価値、人脈を増やすことにしかお金を遣いません。


日中はタクシーで移動します。電車と違い電話できるし、ノートPCで確実に仕事ができる。その時間を数千円程度で買えれば安い。


目標を立てて達成することも大切ですが、目標にこだわりすぎると、いまを犠牲にする恐れもあります。まずは目の前のことに全力投球すること。そうすれば、思いもよらない素晴らしい偶然が待っていると私は信じています。


選択肢やチャンスは日々変わってくるので、何年も先のことはわからない。それなら、目の前の仕事を楽しく一生懸命やった方がいいでしょう。


自分が成長すれば、興味や能力が変わることがあります。ですから私は、「遠い未来よりも、1年後に向けて、目の前の仕事を楽しむこと」を心がけてきました。一歩一歩積み上げれば、自ずとキャリアが開けることを実感したからです。


オフは仕事のことを忘れたいと思う人も多いでしょう。しかし、私が出会ってきた優秀なビジネスマンは、例外なくオン・オフの切り替えがありませんでした。区切りをつけて、頭一つ抜け出せるほど世の中は甘くないのでしょう。


本人の意識次第で、何からでもヒントを得ることができます。


仕事から離れた場面にこそ、仕事の教材がたくさん転がっています。たとえば、レストランや居酒屋は、サービスの方法が学べるだけでなく、計数感覚を身につけられる格好の場といえます。いまも私は、食事にくと、その店の席数や平均客単価などを推測し、どれだけ儲かっているかを計算するようにしています。


帰りに立ち寄った書店や通勤電車、お風呂などでよいアイデアを思いつくことは誰でもあるはずです。それを意図的に生み出すために、私は必ず仕事のキリが悪いところで帰宅するようにしていました。すると、24時間考え続けられる態勢ができます。


オンとオフの区別をつけないことが大切です。オフィスから出たあとも、アンテナを張りつづけた方が、仕事のアイデアが浮かびます。


謙虚な気持ちを忘れないこと。たとえ、何かをしてもらったら、必ずお礼を言う。自分の手柄にしないで、先輩や上司を立てる。当たり前といえば当たり前ですが、日ごろの仕事の中でこうした気遣いひとつあるかないかで、周囲の反応はまったく違ってくるはずです。


仕事を選ばず、どんな仕事でも進んで手を挙げること。たとえば、社内の掃除のような、仕事の評価とは関係なさそうなことでも、手を挙げ、その仕事を一生懸命にこなす。そうしていると、周囲の人も認めてくれるようになります。


3年前、5年前の自分のやっていたことが、いまの自分をつくっています。逆にいえば、いまの自分のやっていることが、3年後や5年後の自分を決めるということです。


会社から与えられた仕事だけをやってきた人というのは、その会社の中では成功できても、会社の体制が変わったり、転職したときに、環境の変化に対応することができません。自分の得意分野での専門性を高めるとともに、新しい仕事を創造できる人を目指すことが大事です。これからの時代に生き残れるのは、そういう人なのだと思います。


ビジネスマンには、日常のあらゆる事柄が勉強の教材になります。


日々の仕事のなかで新しい仕事を提案してみるのも、自分のコアコンピタンスを磨いていくには効果的です。


自分がいまやっている仕事はどういうスキルの獲得につながっているかを、一度抽象化して整理してみることが大切です。


複数の得意分野を掛け合わせることで差別化を図り、希少価値の高い人材を目指すのもひとつの手です。


資格取得には時間とエネルギーがかかります。資格は取ったはいいけれど仕事がないということにならないように、その資格を仕事やキャリアアップに活かせるかどうか、その資格を取った後どう稼いでいくかを事前によく考える必要があります。


将来の世界がどうなるかを自分なりに考えて、リスクがあると思ったら、リスクヘッジの行動をとる必要があると思います。


自分の成長のためや人との関係を円滑にするためのお金を出し惜しむのは、人生をシュリンク(委縮)させるだけです。たしかに会社と自宅を往復しているだけの人はお金が貯まるでしょう。会社帰りに勉強会に参加する人は貯まりません。でも、後者の人生の方がはるかに広がるということは、誰もがわかっていることです。


周囲から見て貧乏くさく見えるかどうかよりも、本人がお金に対してどのように接しているのかが重要なポイントです。衣服にお金をかけずに安いものばかり来ていると、周囲からは貧乏くさいと思われるかもしれませんが、衣服に興味のない人にとっては合理的な判断です。貧乏くさいというよりは、メリハリのあるお金の使い方をしているといえるでしょう。


将来のリターンがあるなら、私は借金をしても問題ないと思います。何千万円ものローンを組むのは正直怖かったですが、より大きなチャンスをつかむためには、手元のお金を手放すくらいの勇気が必要なのだと思います。


私の個人的な意見ですが、株や為替の値動きに一喜一憂して、仕事が手につかなくなるようでは本末転倒です。普段の生活や気持ちが相場の変動で左右されるような投資は極力避けた方がいいでしょう。


貯蓄も大切ですが、収入を増やしていくことの方が価値があります。お金を貯めるよりも収入を増やす方が難しいものです。でも、収入を増やさない限り、自分の選択肢は広がりません。月収30万円では、いくら節約しても使える上限は30万円ですが、月収40万円になれば、できることの範囲は広がっていきます。


自己投資や人間関係の構築にもお金を使わないとなると、会社と自宅との往復だけで人生が広がるでしょうか。20代のうち貯蓄はゼロでもいいと思います。むしろ、自分の成長のためにお金を使った方が、30代以降になってぐっとチャンスが広がると思います。


1年間無収入でも生活できる程度の貯金するといいでしょう。いまは雇用状況が厳しいですが、選り好みをしなければ1年くらいで再就職先や転職先が見つかると仮定して、とりあえずは、その間の生活費があればいいのではないでしょうか。


お金を無駄遣いをしてはもったいない。自分の付加価値を高めるものにお金を使うよう心がけています。


他人が怖がって手を出さないものにこそチャンスは眠っています。やはりローリスク・ハイリターンはあり得ません。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 212

午堂登紀雄の経歴・略歴

午堂登紀雄、ごどう・ときお。日本の投資コンサルタント。岡山県出身。中央大学経済学部国際経済学科卒業後、都内の会計事務所を経てミニストップへ入社。直営店店長、スーパーバイザー、本部のマーケティング担当として勤務し、優秀社員賞を受賞。その後、コンサルティングファームのアーサー・D・リトルで経営コンサルタントをしながら不動産投資を始める。1年で3億円の資産を形成した。その後独立し、投資やビジネスをしながらお金について教えている。主な著書に『お金の才能』『お金がいままでの10倍速く貯まる法』『やる気がなくてどうしようもない僕を救ってくれる本』『世界で戦える自分をつくる5つの才能』『年収3000万円を生み出すコア学習法』など。

ページの先頭へ