北尾吉孝の名言

北尾吉孝のプロフィール

北尾吉孝、きたお・よしたか。日本の経営者。SBIホールディングスCEO。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、野村証券に入社。その後、ケンブリッジ大学に留学。野村証券海外投資顧問室、第二事業法人部次長、ワッサースタイン・ペレラ社常務(ロンドン)、野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長を経たのち、ソフトバンクに移り常務に就任。ソフトバンク・インベストメント(のちのSBIホールディングス)社長となった。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

北尾吉孝の名言 一覧

1 / 41234

事業は一人ではできないのだから、人間的魅力で人を惹きつけ、その人たちと志念を共有化していくことが大切。だからこそ、志が経営者にとって非常に重要。


たくさんの出会いが勝因をもたらす。いろいろな人との出会いを大切にしないといけない。特に良縁を繋ぎとめるには、自分が良いものを持っていないと、いい人とは出会うことができない。


大切なのは、利益を得る際に本当に正しいかを考えること。つまり義と利をわきまえること。そこさえ間違えなければ、胸を張って堂々と稼げばいい。


一番大切なのはやはり志に尽きる。理想を掲げ、何とかして成し遂げようとする意志を持つべき。


基本概念は「世のため人のため」。顧客中心主義を貫けない企業はいずれ滅んでいく。


努力を尽くした後の最後の最後には、運に身を任せることも必要。最後は、任運・任天。


人は土壇場でこそ真の力を発揮する。


「目は口程にものを言う」という故事があるように、その人の目を見ていれば色々なことが分かってくる。


あれが駄目、これが駄目だというのは簡単ですが、それでは成長の芽を摘んでしまう可能性がある。


ただ厳しいだけでは人は付いてきません。組織を大きくする上でも、愛情を持って人と接することは大事。


やる前から「危ない」、「リスクが高い」などという議論をしている暇はない。


欲の無い人間はいませんが、一方でそれを律しなければなりません。


人間は生まれた時には無垢な気持ちを持っていますが、その綺麗な心もいつの間にか曇ってしまう。それをいかにして磨いていくかが大切。


経営者は日々、一歩間違えば会社の屋台骨を揺るがすような判断を迫られます。そんなときに一番やってはいけないのは、軸がブレてしまうこと。


熱意というものは確実に伝わって行きますし、その熱意があれば次第に人は感化されて行くものです。


自らがやってみせねば熱意など人には伝わりませんし、その人が本当に熱意を持っているということにもなりません。


最終的に決裁するのは人です。特に経営者やリーダーは決裁するためにいると言っても過言ではありません。


私が「人」にこだわるのは、物事のイノベーションは人の行いだと考えるからです。まさに人材こそ差別化を生み出す源泉といえます。


戦略とは経営者自身の自問自答の結果生まれてくるものです。戦略に納得がいくかどうか、そしてそれを証明する根拠があるかどうかと自問自答を繰り返すことで、より大きな戦略になります。


戦略を打ち立てる場合、用意周到に進めながら、タイミングをしっかりと考えなければなりません。つまり、「天の時」を得ることが大切です。


リーダーに一番大切なのは一言で言えば情熱です。情熱を持っていなくては始まりません。


事業というのは一人ではできません。自分の周りの自分よりも優秀な人、あるいはそれぞれの分野で優れた人が集って初めて事業になるわけです。


小さな志なしに、大きな志は持てません。自分を律する気持ち、それから人の何倍もの努力が必要です。単に大きな志を持っているだけでは、夢想家になってしまいます。


小成に安んずることなく、やりかけたら男子一生。夢や志を持ちながら、中途半端に満足していたら、私の人生は終えきれません。


結局、事業の基は徳です。徳のない事業は成長しないと思います。「世のため、人のため」。これが成長する秘訣でしょう。


才能はそんなに大きな差はなく、努力をするかしないかの方がよほど重要です。


人に「人徳」があるように、会社には「社徳」があると思います。会社の「社徳」には上から下まで徳性の高い、よく磨かれた人が必要です。


「野心」ではなく「志」を持っていることが、経営者に一番求められるんではないでしょうか。


営業はASP、つまり「アナリシス(分析)」「ストラテジー(戦略)」「プラクティス(実行)」が肝要です。


ひとつの欲求から派生するあらゆるニーズをワンストップで提供できたら、お客さんは他に行く必要がない。


オープンイノベーションとAPIの開放がキーワード。イノベーションが1つの企業によって行われる時代は終わった。ソフトウエアの機能も共有するのです。


インターネット時代の競争で重要なのは仕組みの差別化、私どもの例で言えば組織的優位性にある。


重要な決断をする際は、何を基準にすればいいのだろう。それは、自分の良心だ。


苦境に立たされても動じず、むしろそれを好機ととらえられるようになったら、そのときはもう何が起ころうとビクビクすることばない。


志ばかりを高らかにうたい、利益を求めることを二の次にしたら、ビジネスはうまくいかない。


まともな動機とやり方できちんと儲けて、その金を私利私欲ではなく、他人や社会のために使えばいい。そうすれば、それは巡り巡って最後には自分に返ってくる。


どこの国でも人間性の基本は変わりません。髪の色や肌の色が違っても、交渉するうえで一番大切なことは誠実さです。小手先のテクニックは、誠実さには絶対におよびません。


SBIグループが急成長できたのは、時流に乗ること、そしてCS(顧客満足)を高めることを徹底してきたからです。


自己進化できない企業は、いかなる大企業であっても30年で滅びます。


企業を持続的に成長させていくには、時間の経過とともに伸びていく業態を選択しなければダメです。


自己否定をできず、成功体験にあぐらをかいていると、自社を取り巻く状況が変化したときに必ずやられてしまいます。


時代が変われば環境が変わります。ビジネスは時代の潮流に乗らなければなりません。同じことを続けるのではなく、変化することも必要です。


今も昔も人間はそんなに変わっていません。このことを知ると、新たなビジネスのヒントになります。


知識は、それだけでは何にもなりません。学んだことをどう活かすかを考える。活かし方がわかって初めて意味を持つのです。


時代が変われば、非常識が常識に、不可能が可能に変わることがあります。時代に合わせて、柔軟に考えることが必要です。


人に「人徳」があるように、会社には「社徳」がある。会社は強いだけではいけません。強くて尊敬される会社にしなければいけない。


「志」は「士」に「心」と書きますね。「士」のうちの「十」は一般大衆を表し、「一」は、彼らを率いる指導者を表す。方向性を与え、責任を担うのがリーダー。


人をいかに育てていくかが、イノベーションが起こるか起こらないかを決定します。


「忙しい」という漢字は、「心を亡(な)くす」と書きます。心を亡くしてはいい仕事はできませんから、心に落ち着きと静けさを持つことが非常に大切。


長時間集中力を持続させることは不可能であり、「急急だらり急だらり」の「だらり」も必要。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 41234

北尾吉孝の経歴・略歴

北尾吉孝、きたお・よしたか。日本の経営者。SBIホールディングスCEO。兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、野村証券に入社。その後、ケンブリッジ大学に留学。野村証券海外投資顧問室、第二事業法人部次長、ワッサースタイン・ペレラ社常務(ロンドン)、野村企業情報取締役、野村証券事業法人三部長を経たのち、ソフトバンクに移り常務に就任。ソフトバンク・インベストメント(のちのSBIホールディングス)社長となった。

ページの先頭へ