北修爾の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

北修爾のプロフィール

北修爾、きた・しゅうじ。日本の官僚(通産)、経営者。「阪和興業」会長。東京大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。外務省ロサンゼルス日本国総領事館領事、大阪通商産業局商工部長、日本貿易振興会ジャカルタ・センター所長、関東通商産業局総務企画部長、経済企画庁長官官房審議官、阪和興業常務・社長・会長を務めた。

「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」。この言葉は江戸時代中期に米沢藩を再生し、名君と謳われた上杉鷹山公が遺した教訓です。この言葉を、いつの頃からか母は私に言い聞かせていました。目標を立てたら、それに向けて動け、というこの教えは私の人生の様々な節目に影響を与えてきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

北修爾の経歴・略歴

北修爾、きた・しゅうじ。日本の官僚(通産)、経営者。「阪和興業」会長。東京大学経済学部卒業後、通商産業省に入省。外務省ロサンゼルス日本国総領事館領事、大阪通商産業局商工部長、日本貿易振興会ジャカルタ・センター所長、関東通商産業局総務企画部長、経済企画庁長官官房審議官、阪和興業常務・社長・会長を務めた。

ページの先頭へ