加藤正人(脚本家)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤正人(脚本家)のプロフィール

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

ハリウッド映画に駄作があるように、型にはめたら必ずいい作品になるわけではありません。一番大事なのは相手に伝えたいメッセージであり、型は技術に過ぎない。でも、どんなに素晴らしいメッセージも、相手に納得してもらえるように表現できなければ意味がない。だから絶対に型を無視してはいけないんです。これを身につけないと、プロにはなれませんよ。


加藤正人(脚本家)の経歴・略歴

加藤正人、かとう・まさと。日本の脚本家。秋田県出身。早稲田大学社会学部中退後、脚本家デビュー。日本映画学校専任講師、社団法人シナリオ作家協会会長、東北芸術工科大学教授、早稲田大学大学院客員教授などを務めた。日本アカデミー賞優秀脚本賞、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ、毎日映画コンクール最優秀脚本賞受賞。

ページの先頭へ