内田篤人の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

内田篤人のプロフィール

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

僕は敵サポーターからのブーイングやヤジを聞くと、むしろやる気が出るんです。敵からのブーイングはある意味、褒め言葉でもありますよね。


試合で頑張るのは当然。一番頑張るのは練習かな。練習からみんな戦っているから、この練習をやれていればいいなと思っている。


サッカーでは監督が戦術を考えるより、コーチが考えるチームの方が上手くいくことが多いんです。具体的な作戦はコーチに任せ、監督は選手に「行ってこい」と言うだけ。それで選手が動くカリスマ性があれば、監督はサッカーを知らない人ですらいいと思います。


僕はなるべく「人のために」という意識が強くなりすぎないようにしています。ファンの方の応援はもちろん嬉しいのですが、「ファンのために絶対勝たねば」と考えると、かえってプレッシャーに負けてしまう。頑張るのはあくまで自分であり、その結果を負うのも自分。期待を背負い込みすぎないほうがいいというのが、僕の行き着いた結論です。


プロである今は仕事でもありますから、悩むことはあります。それが続いてスランプになると、ボールを受けるのも怖くなる。ただ、あるとき「あ、これ以上悩むのは無駄だな」と気づいた瞬間があったのです。以来、だいぶ心は強くなったと思います。


サッカーは集団行動のスポーツですから。自分から仲間の中に飛び込んでいかなくてはならないから、人と仲良くなれる。僕も、子供の頃からサッカーを中心に友達が広がっていきました。


シャルケには十カ国以上から選手が集まっているので、言葉でコミュニケーションを取るのは大変です。でも、そんなバラバラな人たちが一つのスポーツで競い合える、というのは、サッカーの醍醐味だと思います。


内田篤人の経歴・略歴

内田篤人、うちだ・あつと。日本のプロサッカー選手。静岡県出身。高校卒業後、鹿島アントラーズ、シャルケ04(ドイツ)などのプロサッカークラブでプレー。日本代表としても活躍した。

ページの先頭へ