内田勝巳の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

内田勝巳のプロフィール

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

会社を上場まで持って行ける経営者は、自分の情念をうまくコントロールできると同時に、世間の怖さを知っている人。


株式上場は企業家の情念をどう整理するかにかかっている。


社会正義に合わせて、情念を整理できれば、上場を奨める。しかし、そうでなく上場をマネーゲーム的に考える人の上場は手伝えない。


上場を目指しているのに、上場前に外車などを乗り回す社長はもってのほか。


立てた計画を翌期末にちゃんと達成することが大切。そのためには、計画が社長の頭の中にあるのではなく、組織に下していくことが大切。


内田勝巳の経歴・略歴

内田勝巳、うちだ・かつみ。日本の経営者、上場アドバイザー。「エー・ジー・ピー」社長。中央大学商学部卒業後、東京証券取引所に入所。その後同社を退社。100社以上の株式上場に携わり、「上場の名産婆役」と呼ばれた。

ページの先頭へ