佐藤オオキの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤オオキのプロフィール

佐藤オオキ、さとう・おおき。日本のデザイナー、建築家。カナダ出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。デザインオフィス「nendo(ネンド)」を設立。建築だけでなくプロダクトデザイン、インテリア、企業ブランディングなど幅広い分野で活躍。

物事は、バランスが悪いほうが面白い。似顔絵を描くときも、どこかに特徴があるから、それを誇張したり、デフォルメすると面白くなる。


一歩引いたデザインはかえって目立つ。


過剰な装飾は必要ない。個性をかき消すことこそが、特徴を際立たせることにもつながる。


新しい市場を開拓するには、結局、ユーザー目線に立つこと。


日本企業の問題は、消費者を第一に考えていないこと。デザインも二の次。全体感が欠如している。


デザイナーの役割は全体を見ながら、様々な切り口を提示すること。


問題を解決することより、「課題をどう発見するか」のほうが重要。課題さえ見つけられれば、あとは出題者が問題を解くようなものだから、必ず答えを出すことができる。


相手に専門的な知識がなく、ビジュアルで説明することもできない状況で、短い文章で伝えて、「見てみたい」「欲しい」と思わせることができたら、それは強力な発信力があるということ。あとはそれをデザインして表現すればいい。


統計データ上からも、若者の口臭対策用ガムの購入率が高くないことはわかっていた。なぜマーケットが発展しないのか。その理由を探るために、ガムの成分やパッケージだけでなく、そもそもガムとは何かというところまで立ち返る必要がありました。そうして考えを進めていけばいくほど、既存の商品の延長線上をたどることに限界を感じ、ゼロから新しいブランドを作ることを決めました。
【覚え書き|ロッテのガムのリニューアルに携わったときを振り返っての発言】


クライアントに課題を与えられたら、まずはそれを疑うところから始めます。「その課題を解決することが、本当にこの会社にメリットがあるのか?」と。そして「なぜ、この課題が出てきたのですか?」と聞いてみる。すると「実はその前にこんなことがあって」「えっ、それはどうして起こったんですか?」という会話になり、議論はどんどん遡ります。課題を与えられるたび、2~3歩下がる感じですね。そうやって下がれば下がるほど、本当の課題が見えてくる。


今の日本のものづくりに元気がないとしたら、それは「短所をなくして、平均値をとる」という考えから抜け出せないのが理由かもしれません。誰もが違和感や気持ち悪さを感じない商品が、「作れば売れる」という時代も確かにありました。ただ、今はある程度の数字は担保できても、それ以上には伸びません。無理に短所をなくすことで、長所まで失われてしまう怖さを、日本の人たちももう少し認識しても良いかもしれません。


デザインはエンドユーザーに向けた効果だけでなく、社内のインナーブランディングにも大きな影響を与える。一つの商品やロゴをデザインすることで、会社の空気感がガラリと変わったり、社内の士気が高まったりする。それはすべて、今までぼんやりとしていた課題を「ビジュアル化」した結果、人に伝わりやすくなったから。


ブランド作りは、概念をいかに具体化できるかという作業。社長の考えや会社の雰囲気など、そのままだと見えないものを「ビジュアル化」することで、その会社の全員が「うちの会社はこうだったのか」と理解できるようにする。そして、それを形にしていくのがデザイナーの仕事。


僕は何事もまず、ビジュアル化するようにしています。数字やデータでも、人の考え方や性格でも、何でも視覚情報に還元するのです。しかもそれを、できるだけ色々なバリエーションで視覚化できないかと考えます。そうするうちに、頭の中が整理されていきます。


佐藤オオキの経歴・略歴

佐藤オオキ、さとう・おおき。日本のデザイナー、建築家。カナダ出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。デザインオフィス「nendo(ネンド)」を設立。建築だけでなくプロダクトデザイン、インテリア、企業ブランディングなど幅広い分野で活躍。

ページの先頭へ