佐々木義孝の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木義孝のプロフィール

佐々木義孝、ささき・よしたか。日本の中小企業診断士、CFO(最高財務責任者)。北海道出身。明治大学商学部卒業。日本輸送機(のちのニチユ三菱フォークリフト)勤務を経て、プロパスト、トランザクション、ショーケース・ティービーなどのIPOに携わった。著書に『実戦!上場スタート』。

起業をする人は個性が強く、ある意味特異な存在。逆に、そうでなければリスクを取って新たな事業、ビジネスモデルを生み出すことはできない。


社会にどのような価値を提供できるかを常に真剣に考え、高い志を持っている人。私利私欲ではなく、社会の公器としての認識を持っている人。経営者がそうでなければ企業は長続きしない。


ベンチャー企業がパブリックカンパニーになるために、それを支えるCFO(最高財務責任者)の役割は非常に重要。


自らの強み、弱みを認識した上で、社会にどんな価値を提供できるか。社長や経営者がそうした意識を持つことが何より大事。組織全体がそうなっていかなければならない。


理屈だけではうまくいかない面もたくさんありますから、そこをうまく調整するようにバランスをとるのがCFOのような立場の人間にとって一番大切なのではないかと思います。


格言は本当に勉強になりますし好きですね。毎朝吉田松陰、中村天風、松下幸之助の一言一句を必ず読み、家中に格言を貼っているので妻から嫌がられています(苦笑)。格言と実際の体験、ビジネスをつなぎ合わせることを意識しています。


いま、会社まで1時間程歩いて通勤しているのですが、常日頃から二宮金次郎のように歩きながらでも勉強することを心掛けています(笑)。


佐々木義孝の経歴・略歴

佐々木義孝、ささき・よしたか。日本の中小企業診断士、CFO(最高財務責任者)。北海道出身。明治大学商学部卒業。日本輸送機(のちのニチユ三菱フォークリフト)勤務を経て、プロパスト、トランザクション、ショーケース・ティービーなどのIPOに携わった。著書に『実戦!上場スタート』。

ページの先頭へ