佐々木秀一(経営者)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木秀一(経営者)のプロフィール

佐々木秀一、ささき・ひでいち。日本の経営者。「佐々木硝子」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、家業の佐々木硝子に入社。社長を務め、同社をトップメーカーへと発展させた。そのほか、東京商工会議所副頭取などを務めた。

トップの座にあるものは、腹の中で静かに自分を戒めるべきである。現役を退いたときに皆さんにこれまで同様のお付き合いをしていただきたい、そういう人間でありたいと思っている。【覚書き:上記は会長就任年の発言。自分が退任したとき、部下とどんな関係を築いていたいかあらかじめイメージしながら日々接しろという戒めの言葉】


佐々木秀一(経営者)の経歴・略歴

佐々木秀一、ささき・ひでいち。日本の経営者。「佐々木硝子」社長・会長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、家業の佐々木硝子に入社。社長を務め、同社をトップメーカーへと発展させた。そのほか、東京商工会議所副頭取などを務めた。

ページの先頭へ