佐々木康志の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木康志のプロフィール

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

脳は人間の活動の原点です。人の習性をうまく採り入れることで、脳が心地よく感じる設計やデザインが可能になる。


人間はこれまでさまざまな文明の利器を生み出し、上手に使いこなしてきました。AIも同様だと思います。ものを買うときの判断基準、ものの価値判断など、人間の行動の9割は無意識に行われていると言われています。脳の研究をすることで人間の行動の裏にあるものを解明し、その成果をAI等に活用し社会にとってプラスになるような応用ができればと願っています。


AIは条件を設定した中で行いますので、その部分では人間を上回ることができています。AIは人間の脳の真似事をさせるわけですから、脳そのものが分かっていないとAIの発展も望めません。


佐々木康志の経歴・略歴

佐々木康志、ささき・やすし。日本の経営者。「NTTデータ経営研究所」社長。北海道出身。北海道大学工学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTTデータ公共システム事業本部担当部長、関西社長、執行役員第一公共システム事業本部長、NTTデータカスタマサービス社長、NTTデータ経営研究所社長などを務めた。

ページの先頭へ