佐々木大輔(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木大輔(経営者)のプロフィール

佐々木大輔、ささき・だいすけ。日本の経営者。会計アプリなどを展開する「freee」創業者。東京出身。一橋大学商学部在学中からインターネットリサーチ会社でシステム開発に携わる。卒業後、博報堂、Googleなどを経てfreeeを創業。

社長でも、気軽に声をかけられて、話しかけられる存在でいたい。


中小企業こそ、テクノロジーの導入でイノベーションを起こせる。


投資していただいている以上、株式上場は視野に入れています。ただ、しっかりと事業を作り上げてからでなければ、上場する意味は無い。


高い期待を持ってもらう努力がインターネット上の(クチコミの)拡散に繋がる。


人生の大半を費やす「働く」ということを考えると、働かされるより、やって楽しいと思える方がいい。


AIはどんどん進化していくので、自動化できることは自動化すべき。


会社経営にとって大事なのは経理の業務ではなく、どんなビジネスであり、どことどんな取引をしたか。


働かされるより、やって楽しいと思える方がいい。だから、オンオフのない環境の方がいい。


シェアトップのサービスなので、導入先からの要望の声も多く届き、さらなるサービスの改善も進んでいます。


テクノロジーで中小企業をカッコいい企業にしたいんです。当社のミッションは中小企業のテクノロジー化です。そうすることで中小企業がどんどんイノベーションを起こして、大企業にプレッシャーをかけていくようになると面白いですね。中小企業ほど面白い仕事をしていて、カッコいいという世の中になればいい。そのためのテクノロジー化なのです。


創業頃も、ネットで会計サービスをする会社はありましたが、なぜか「ネットが苦手でも大丈夫」と訴えているんです。これは違うと思い、当社はITやネットに抵抗がない層をターゲットにしました。リリースしてみるとツイッターやフェイスブックで「こういうのが欲しかった」と非常に好評なんです。ネットを使いこなしている層にはすぐに受け入れられました。


マーケティングの分野は最新テクノロジーを取り入れて進化していますが、なぜか会計は昔ながらのスタイルのままです。会計にテクノロジーがなければ中小企業は何も変わらない、逆に会計が変われば企業経営も変わると思った。


当社のサービスは「税理士殺し」と言われたこともありますが、実際は違います。税理士事務所も当社のサービスを使うと、入力、帳簿作成の手間から解放されるので税理士本来の経理のコンサルティングといった付加価値の高いサービスに専念できます。税理士さんは競合ではなく、今は当社の「認定アドバイザー」という制度の下で協力関係にあり、3千以上の税理士事務所と友好関係にあります。


当社のようなベンチャー企業が、早々に銀行と提携できたのは、ユーザーの支持があったからです。当社は入力自動化で銀行のデータを活用していたので、銀行の方も「なんとか手を組めないか」と考えていたようです。銀行では年商数十億円以上とか、一定の規模でないと担当者はつかないので、それ以下の多くの会社には正直なところ、手が回らない状況です。当社のユーザーは個人事業主や中小企業が多いので、提携しやすかったと思います。


新着Tweet


おすすめ名言


佐々木大輔(経営者)の経歴・略歴

佐々木大輔、ささき・だいすけ。日本の経営者。会計アプリなどを展開する「freee」創業者。東京出身。一橋大学商学部在学中からインターネットリサーチ会社でシステム開発に携わる。卒業後、博報堂、Googleなどを経てfreeeを創業。

ページの先頭へ