伊藤惇夫の名言

伊藤惇夫のプロフィール

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤惇夫の名言 一覧

1 / 11

政治の世界は常にだまし合い。先読み、裏読みができなければ政治生命すら危うくなる。


優れた政治家は先を読むだけでなく、自分で先をつくっていく。


気になる事件が起きたときは、その歴史的背景を調べる。過去10年くらいの歴史を調べれば、事象の裏にあるものが見えてくる。


小沢一郎さんが選挙のときに辻立ち演説をするのは、田中角栄さんの教えを忠実に守っているから。このように、相手のルーツを知れば対策が立てやすくなる。


取引でも相手企業の生い立ちを把握していないと、いい戦いはできない。「創業者が誰で、回復の立役者は誰なのか」などを知れば、企業の強みと弱みが浮かび上がってくるはず。


相手か次にどんな人事をするか、新しい政策をどう打ち出してくるか……を知りたいときは、先輩政治家が過去に同じような局面でどのような判断をしたのかを調べよう。驚くことに政治の世界では「先輩」「後輩」の関係にあたる政治家の動きは似ていることが多い。


先ではなく人の裏を読むのが政治の世界。それには相手の頭の上がらない人物が誰かを知ることが大切。自分のライバルの政治家が昔世話になっていた政治家はいわばその人の教科書のような存在。その人の思想や言動を知ることで、次に相手がどんな動きをするかが読めるようになる。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

伊藤惇夫の経歴・略歴

伊藤惇夫、いとう・あつお。日本の政治アナリスト。神奈川県出身。学習院大学法学部卒業後、出版社、自由民主党本部を経て新進党事務局に勤務。その後、太陽党・民政党・民主党事務局長を務めたのち、政治アナリストとして独立。

ページの先頭へ