井原西鶴の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

井原西鶴のプロフィール

井原西鶴、いはら・さいかく。江戸時代の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳人。『好色一代男』『武道伝来記』『日本永代蔵』などの名作を書いた人気浮世草子作家。

憂うる者は富貴にして憂い、楽しむ者は貧にして楽しむ。


人間は欲に手足のついたものぞかし。


世に銭(ぜに)ほど、面白きものはなし。


その身に染まりては、いかなる悪事も見えぬものなり。


商人、職人によらず、住み慣れたるところを変わることなかれ。石の上にも三年と俗言に伝えし。


井原西鶴の経歴・略歴

井原西鶴、いはら・さいかく。江戸時代の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳人。『好色一代男』『武道伝来記』『日本永代蔵』などの名作を書いた人気浮世草子作家。

ページの先頭へ