井上靖の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

井上靖のプロフィール

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。


人間というものは、自分が恩恵を受けたたくさんのことを、それを思い出そうとしないと思い出せないものである。


天はわれわれを助けてくれない。


人間にできることは、ただ一つしかない。それは何かというと、出会いを大切にすることです。運命は人間の力でどうすることもできないが、その運命の出会いを大切にすることはできる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

井上靖の経歴・略歴

井上靖、いのうえ・やすし。日本の小説家。明治時代、北海道出身。京都帝国大学哲学科卒業後、毎日新聞大阪本社に入社。学芸部副部長などを務めたのち、『闘牛』で芥川賞を受賞。数々の名作を執筆した。

ページの先頭へ