丸山学の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

丸山学のプロフィール

丸山学、まるやま・まなぶ。日本の行政書士。「丸山行政書士事務所」代表。埼玉県出身。著書に『ブログではじめるノーリスク起業法のすべて』『社長になっていい人、ダメな人』『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』。

消費者側から見た価値やニーズを捉えて、販売に活かすことが重要。


労せず儲けるということは、その分他人に働いてもらうということ。独り占めせず、価値とお金を共有することがポイント。


一人でアイデアを練り、コンテンツをつくり込む時代から、人の知恵を使って価値を生み出す時代へと変わった。


ネットの世界はロングテールと言われるように、ニッチな分野にこそ「いいものにはお金を払いたい人」がいて、チャンスが潜んでいます。


収益を生む仕組み(資産)を作れば後から自然に収入が生まれる。お金持ちは、最終的に儲けられる仕組みやビジネスを選択します。不動産投資はそのいい例。


起業当初は寝る時間もないほどで、健康に気を配る余裕はありませんでした。事業が軌道に乗って初めて健康のことを考えることができました。やはり一番の健康法は仕事がうまくいくことなのだなと痛感しています。


今ではジムに通って運動をしたり、事務所に向かうまでに一駅分歩いたりと、体を動かすようにしています。また、歩く間にいろいろなことを考えると、リラックスした状態で脳が活性化されるのか、良いアイデアが浮かんでくることがよくあります。


いかに労せず、してお金を生むか。人に協力してもらえるか。それにはブログやホームベージなどで訪問者を楽しませる仕掛けが重要。技術的なことより、そこを理解している人がこれからはお金持ちになっていくでしょう。


最初からお金を得ようなんて思わない。最初は少し損をしても、種をまく時期が必要です。昔は種をまいても収穫までに時間がかかりましたが、ウェブの時代は、最初の仕掛けさえしっかりやれば、短期間での収穫が可能。しかも、損した分の何倍ものリターンがあります。


この商品、サービスをいくらで売ろうと考えても、なかなかうまくいかないもの。いまはモノも情報も氾濫している時代ですから、単純に売りたい、稼ぎたいと思う人ほど、残念ながらお金が巡ってこない。単眼ではなく複眼思考が必要です。


昔から、「損をして得を取れ」という格言があります。しかしこれまでリアルの世界では損をする時間も金額も大きかった。それをネットでは最初に限りなく小さくしたうえで、大きく回収することが可能。そのキーワードが無料化です。


勉強しながらでもお金が入ってくるようにする発想も必要。ネットなどを使えば起業の勉強中でも稼げます。また自分のアイデアを形にして、儲け度外視の小さなビジネスから始めてみることもオススメです。


いまは物自体が不足しているわけではありませんよね。だからこそ心の部分が大きいと思います。たとえ不況でも、自分の心を満たしてくれるもの、自分を成長させてくれるものに対しては、お金を出し惜しみすることはありませんから。


丸山学の経歴・略歴

丸山学、まるやま・まなぶ。日本の行政書士。「丸山行政書士事務所」代表。埼玉県出身。著書に『ブログではじめるノーリスク起業法のすべて』『社長になっていい人、ダメな人』『行政書士になって年収1000万円稼ぐ法』。

ページの先頭へ