中川州男の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

中川州男のプロフィール

中川州男、なかがわ・くにお。大日本帝国陸軍軍人。熊本県出身。最終階級は陸軍中将。満州での活躍を経て、パラオ諸島ペリリュー島に一個大隊とともに配属される。米軍との熾烈な戦闘を行い最終的には自決。ゲリラ戦で自軍の損耗を最小限に抑え、米軍へ大きな損害を与えた戦術は硫黄島、沖縄戦の参考にされた。

お前らの気持ちはよくわかる。友軍機も来んかもわからん。だが、軍人は最後まで戦うのが務めだ。百姓がクワを持つのも、兵が銃を握るのも、それが務めであり、最後まで務めは果たさならんのは、同じだ。務めを果たすときは、誰でも鬼になる。まして戦(いくさ)じゃけん。鬼にならんでできるものじゃなか。


中川州男の経歴・略歴

中川州男、なかがわ・くにお。大日本帝国陸軍軍人。熊本県出身。最終階級は陸軍中将。満州での活躍を経て、パラオ諸島ペリリュー島に一個大隊とともに配属される。米軍との熾烈な戦闘を行い最終的には自決。ゲリラ戦で自軍の損耗を最小限に抑え、米軍へ大きな損害を与えた戦術は硫黄島、沖縄戦の参考にされた。

ページの先頭へ