下村湖人の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

下村湖人のプロフィール

下村湖人、しもむら・こじん。日本の小説家、社会教育家。佐賀県出身。東京帝国大学英文科卒業後、教師になる。佐賀中学校教師、唐津中学校教頭、鹿島中学校校長、唐津中学校校長、台中第一中学校校長、台北高等学校校長などを務めたのち、社会教育家になって講演や執筆を行った。主な著書に『次郎物語』。

いい政治というのは、国民の要求を満たすことではない。いい要求を出す国民にすることがいい政治である。


下村湖人の経歴・略歴

下村湖人、しもむら・こじん。日本の小説家、社会教育家。佐賀県出身。東京帝国大学英文科卒業後、教師になる。佐賀中学校教師、唐津中学校教頭、鹿島中学校校長、唐津中学校校長、台中第一中学校校長、台北高等学校校長などを務めたのち、社会教育家になって講演や執筆を行った。主な著書に『次郎物語』。

ページの先頭へ