三船久蔵の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

三船久蔵のプロフィール

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

小さいから大を倒せる。そこに日本武道としての柔道の意義がある。


新着Tweet


おすすめ名言


三船久蔵の経歴・略歴

三船久蔵、みふね・きゅうぞう。明治から昭和の日本の柔道家。理論の嘉納、実践の三船と讃えられた。球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め、空気投げなどの新技を編み出した。最高段位の十段を受けた。

ページの先頭へ