ロバート・マートンの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・マートンのプロフィール

ロバート・マートン。アメリカの経営学者。ノーベル経済学賞受賞者。ニューヨーク州出身。コロンビア大学で学士号取得、カリフォルニア工科大学で修士号取得、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・ビジネススクール教授、ハーバード・ビジネススクール教授などを務めた。

投資にフリーランチはない。リスクが低いと喧伝されている投資には手を出してはならない。


金利が非常に低い状況は今だけでなく、過去にもあった。将来にもあるだろう。それでもベストを尽くすことだ。


投資家は現実と向き合わなければならない。市場がもたらすものをコントロールすることはできず、付き合っていくしかない。


「株式に長期投資すれば必ず報われる」といった甘言に惑わされてはならない。


現代の投資はチェーンソーのようなものだ。木を切るには非常に効率的な道具だが、とても危険だ。使い方に習熟してから使用することが求められる。


信頼のできるアドバイザーに助言を求めるべきだ。もし膝が悪くて手術が必要だったら、患者のことを考え、かつ腕のいい外科医を探すだろう。手術の費用が安いからといって、患者の治療を最優先せず、腕もよくない外科医には頼まないはずだ。投資も同じだ。


年収は昇進や降格などに伴っても増減する。変動する年収に生活レベルを合わせるために、現役のうちは貯蓄に回す額の割合、すなわち貯蓄と生活費の割合は一定に保つようにするのがいい。そうすれば、生活水準と貯蓄は、おのずと自分の収入に応じたものになる。


大切なのは、リタイアする前にいくら貯めるかということではなく、リタイアした後に毎年いくら必要なのかを把握し、その収入が確実に得られるよう手立てを講じておくことだ。


マジックはあり得ない。「貯蓄を増やすか」「長く働くか」「資産運用でもっとリスクを取るか」。そして、「所有している資産を活用して、それを安定した老後収入につなげるか」だ。


新着Tweet


おすすめ名言


ロバート・マートンの経歴・略歴

ロバート・マートン。アメリカの経営学者。ノーベル経済学賞受賞者。ニューヨーク州出身。コロンビア大学で学士号取得、カリフォルニア工科大学で修士号取得、マサチューセッツ工科大学で経済学博士号を取得。マサチューセッツ工科大学スローン・ビジネススクール教授、ハーバード・ビジネススクール教授などを務めた。

ページの先頭へ