マーク・ローランズの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーク・ローランズのプロフィール

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

サルは自分が何をどれだけたくさん持っているかで、自分を評価する。オオカミはそうではない。持つことなどどうでもいい。オオカミとして存在することが重要なのだ。


マーク・ローランズの経歴・略歴

マーク・ローランズ。ウェールズ出身の哲学者。イギリス・マンチェスター大学で工学を学んだのち哲学に転向。オックスフォード大学で哲学博士号を取得。その後、マイアミ大学教授などを務めた。著書に『哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』『哲学の冒険』ほか。

ページの先頭へ