マルティン・ルター(神学者)の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルティン・ルター(神学者)のプロフィール

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

私の名と信望はすでにむしりとられています。たったひとつ残っているものといえば、あわれな弱い私の身体だけです。彼らはこれをとろうと思っても、せいぜいほんの1、2時間痛めつけるだけで、魂を私から奪うことはできないのです。


マルティン・ルター(神学者)の経歴・略歴

マルティン・ルター。神学者。宗教改革の中心人物。ドイツ・ザクセン地方出身。エアフルト大学で法律を学ぶ。その後、聖アウグスチノ修道会に入る。司祭を務めたのち、ヴィッテンベルク大学で哲学と神学を教える。当時のカトリック教会の腐敗を批判し宗教改革を行った。

ページの先頭へ