ネルソン・マンデラの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネルソン・マンデラのプロフィール

ネルソン・マンデラ。南アフリカ共和国の政治家、弁護士。南アフリカ連邦トランスカイ出身。フォート・ヘア大学在学中に学生ストライキを主導し退学処分を受ける。南アフリカ大学夜間通信課程で学士号を取得。ウィットワーテルスランド大学で法学学士号を取得。若くして反アパルトヘイト運動に参加。逮捕され国家反逆罪で終身刑になる。27年投獄されたのち釈放される。その後、アフリカ民族会議議長、南アフリカ大統領などを務めた。アパルトヘイト撤廃に尽力しノーベル平和賞を受賞。

私は基本的に楽観主義者です。楽観的であるということは、頭を上げて太陽に向かうことであり、足を前に前にと運んでいくことなのです。


人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ。


私は民主的で自由な社会の実現のために生きている。しかし、もし必要あらば、その理想のために私は死ぬことも覚悟している。


後ろの牢にこれまでの恨につらみを捨てていこう、そうしなかったらこれからも牢にいるのと同じことになる。
【覚え書き|釈放されたときを振り返っての発言】


もし憎むことを学べるなら、愛することも学べるはず。なぜなら、愛することはその正反対の感情を持つことより、人間の感情としては自然だと思うからです。


私の人間性を痛々しくも試された暗黒の時期もありましたが、私は自分を絶望させることはできませんでしたし、しませんでした。絶望は、敗退と死を意味したからです。


ネルソン・マンデラの経歴・略歴

ネルソン・マンデラ。南アフリカ共和国の政治家、弁護士。南アフリカ連邦トランスカイ出身。フォート・ヘア大学在学中に学生ストライキを主導し退学処分を受ける。南アフリカ大学夜間通信課程で学士号を取得。ウィットワーテルスランド大学で法学学士号を取得。若くして反アパルトヘイト運動に参加。逮捕され国家反逆罪で終身刑になる。27年投獄されたのち釈放される。その後、アフリカ民族会議議長、南アフリカ大統領などを務めた。アパルトヘイト撤廃に尽力しノーベル平和賞を受賞。

ページの先頭へ