ニール・アームストロングの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニール・アームストロングのプロフィール

ニール・オールデン・アームストロング。アメリカの宇宙飛行士。アポロ11の船長として月面に人類史上初めて立った人物。オハイオ州出身。パデュー大学で航空工学を学ぶ。アメリカ海軍パイロットになる。朝鮮戦争で活躍したのち除隊。パデュー大学に復学し卒業後、空軍のテストパイロットを経て宇宙飛行士になった。

突然、あの小さな豆粒大のもの、美しく青いものが地球であることに気が付いた。私は親指を立てて片目をつぶった。すると私の親指が地球の惑星をすっかり覆い隠してしまった。自分のことを巨人には思えなかった。とてもとても小さな存在に感じた。


ニール・アームストロングの経歴・略歴

ニール・オールデン・アームストロング。アメリカの宇宙飛行士。アポロ11の船長として月面に人類史上初めて立った人物。オハイオ州出身。パデュー大学で航空工学を学ぶ。アメリカ海軍パイロットになる。朝鮮戦争で活躍したのち除隊。パデュー大学に復学し卒業後、空軍のテストパイロットを経て宇宙飛行士になった。

ページの先頭へ