ドナルド・トランプの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドナルド・トランプのプロフィール

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

空虚な議論の時代は終わった。終わったのだ。行動の時が来た。


成功への道を開く絶好の方法は努力と勤勉さ、そして上手くいかないことより上手くいっていることに目を向けることに尽きる。


品質と誠実さを基盤にビジネスを築くと、黙っていても売れるようになる。


人づての情報はあくまで人づての情報にすぎない。自分で情報源にあたろう。


私くらい長くやっていると、ありきたりの正直さがいかに貴重かがわかる。ビジネスマンとして、どんな局面も切り抜けられる強みとなる。


時として、慎重になりすぎることが最大のリスクになる。


権力は最大限の思いやりをもって使われたとき、最もその良さを発揮する。


私はひたすら歯を食いしばることで大きな挫折を何度も乗り越えた。屈することも諦めることも拒んだ。目的を曲げずにいれば、大きな成果が得られる。


たとえ今トップの地位にいても、追う立場だという意識を持とう。その意識が洞察を深め、ビジョンに磨きをかけてくれる。


成功するには事前の計画が大切である。そしてその計画にこだわりすぎず柔軟に構えるのも同じくらい大切である。


自立した人が増えれば増えるほど、国全体が強くなる。


希望は生き残りにも成功にも大切である。運が味方してくれないときにも頑張れるのは希望のおかげだ。


最高の仕事をする人々は自発的で、生来の好奇心があり、次は何をしろと教えられる必要のない人々である。そういう人になれるよう努力しよう。


計画に入っていたにせよ、いないにせよ、寄り道したときにこそ面白いことが起きる。


あなたに最初にチャンスを与える人間はあなた自身でなければならない。


損切りは早いに越したことはない。これは成功したければぜひとも覚えておくべきである。


人生は些事ではない。だから、これほど大切なものに自分を出し惜しみしてはいけない。


成功が成功を生むように、発見は発見を生む。質間とは探求する心である。


発見の喜びから生まれる熱意さえあれば、あなたのすることはすべて確実に今の成功や将来の成功への布石となる。


往々にして、事前にいくら調査しても、やってみなければ、どれほどの努力が必要かはわからないものだ。だから不屈の意志は絶対に必要である。


これまでに学んだ一番大事なことの一つが、目と耳を使って人の言動を観察することである。


楽な道はない。しかし、心から好きなことをしていれば、それほど苦労は感じないはずだ。


問題はあってあたりまえと思うことだ。問題が一転、あなたのプラスに働く場合もあるし、時には驚くような出来事が起こったりもする。


最悪を予想しておくのが得策だ。そうすればいい意味で裏切られるからである。


建設の仕事をしてきた経験からわかるのだが、問題は手を抜かずに取り組めば大幅に小さくなる。


どんな分野にも問題はつきものである。それなら、避けられないものにどう対処すべきか知っておいたほうがよい。


問題はチャンスになるかもしれない。物事に別の名前をつけたら、それに対する姿勢は驚くほど変わる。


私の持論は、仕事は真面目に考え、自分のことはちょっと不真面目に考えよ、である。楽しんで良い思い出を残す大事なコツだ。


怖がらずにチャンスに乗れ。楽しいことに尻込みするな。そのプロセスで他の多くの人たちも楽しんでくれるかもしれないのだから。


もうすべてやり尽くした、ベストを尽くしたとはゆめゆめ思ってはいけない。そんな考えは、安易にあなたの可能性を損なうだけだ。


毎日を「自分の将来のために大切な一日」、「生きているというだけで特別な日」だと考えれば、どれだけ生産的でエネルギッシュになれるか驚くことだろう。


問題を投げ出してはいけないが、考え込んでしまってもいけない。対処するのだ。問題とあなたと、どちらが主役なのか。姿勢を明らかにしたほうがよい。


感情的になってはいけない。感情が先に立てば、状況の理解を誤りかねない。必ずしも簡単なことではないが、客観性を心がけよう。


企業は常に利益を気にしていなければならない。でなければ長く事業を続けられないからだ。


仕事とはお金を稼ぐことである。これは基本だ。これがわかるのが早ければ早いほど、ビジネスとは何かを理解するのも早くなる。


何ものにもあなたの行く手を邪魔させてはいけない。まずは両方を秤にかけてから、ネガティブに対してポジティブを圧倒的多数にしよう。


あまり簡単に満足してはいけない。自分自身にも、何に対しても。たとえ逆風が吹いていても、歯を食いしばり、妥協しないでほしい。


安全地帯から踏み出してみよう。安全地帯とは別の呼び方をすれば現状への満足である。そこにいたら絶対に何も成し遂げられない。


情報を持たずにいい仕事はできない。教育や情報が欠けているとコントロールを失うリスクが大きくなる。


私は生活の場と仕事の場が同じビルの中なので、通勤時間はごく短く、渋滞に巻き込まれることもまれで、かなり時間の節約となっている。


仕事における私の目的は、毎日自分の力の及ぶかぎりベストを尽くすことだとわきまえている。それが私の掲げるスタンダードである。


科学者が発見に至るまでに何年間努力を続けるか見てみるといい。そうすれば忍耐が成功の要素のひとつであることがわかるだろう。


何かを語るとき自分のやり方がすべてだと思ってはいけない。


私には仕事をするとき、父直伝の四段階の方程式がある。おかげで経済的に助かっている。開始、実行、完了、撤収だ。


ハードに働くのが好きな人間の元には、同じ倫理観の人間が集まってくる。


人生と仕事の大部分はすなわち役者稼業である。どんな分野にいようと、人生そのものがパフォーマンス・アートなのだ。


相手をどれほど尊敬していようと、好意を持っていようと、お金のやりとりには必ず目を光らせるべきだ。


何かがうまく行かないときは真っ先に我が身を省みよう。


自分は運がいいと思い込むのは効くようだ。どうやらそうすると運に好かれるようになるらしい。


ビジネスとは問題解決そのものだ。問題に対処し解決する姿勢を身につければ、成功の可能性は大きく広がる。


何でもわかっているつもりでいると老け込むうえに、新しいことが頭に入らなくなる。


目標に向けて準備する時間は取ろう。私は毎日欠かさず準備に取り組んでいる。何もせずに物事が自分の思惑どおりに運ぶわけがない。


過ちや失敗を怖がるな。あなた自身のすばらしい何かをつくり上げる途上での、学習ツールになるからだ。


混乱から変革が生まれる。必要に迫られてこそ創造性を発揮する余地ができる。


どんな失敗もすばらしい学びになる。そういう過程を経て私はビジネスマンとしての腕を磨いてきた。


成功の秘密などないと思っているが、自分にとってうまくいく方程式は誰もが持っておくべきだろう。


仕事で抜きん出ようと思うなら、決まりきった思考の枠の中に閉じこもってはいけない。


自分自身と自分の仕事に嘘をつかないことこそが資産である。資産には守るだけの価値があるのを忘れないでほしい。


いわゆる評論家の歓心を買うつもりで何かをすれば自分を安売りすることになるし、世間をバカにすることにもなる。


どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


私はかねてから、問題の裏を掘り下げることに時間とエネルギーを注ぎ、他の誰も思いつかないような妙案を見つけるのを楽しんできた。


人からはよく仕事が早いといわれ、実際そのとおりだ。しかし早く動ける理由は、最初に下準備をしておくからである。


学びは未知の冒険の可能性を秘めている。そして学びは新たな始まりを用意してくれる。


今の時代、力を合わせて働くことは成功はもちろん、生き残りにも不可欠なもの。


物事には順序がある。まずは歩き、次に走り、それからダッシュだ。


努力しないかぎり、願望だけでは実現しない。毎日、全力で取り組まなければならない。


よく働いていれば新しいアイデアが引き寄せられてくる。反対に、怠け心と無気力さはネガティブな考えを引き寄せる。


生きることの意味は成長にある。人生には成長の証がなければならない。


最初から完全な人間はほとんどいない。誰もがプロセスの途上にいる。モーツァルトでさえ努力した。


変化に足並みを揃えて前に進んでいかなければ、カビの生えたピザをつかまされるはめになるだろう。


行動なき思考は長い目で見れば実りが少ない。せっかくいいアイデアがあっても、それをもとに行動を起こさなければいいアイデアどまりで終わる。


失敗の可能性はつきものだが、何もしないよりは実際にやってみるほうが成功のチャンスははるかに大きい。


壮大な世界から俯瞰したとき、あなたにとっての大問題はちっぽけなことなのである。


私は1日に3~4時間しか眠れない。あまりにも仕事を愛しているため、私は朝起きて仕事に行くのが待ちきれない。


最高の人材を雇え。ただし、決して彼らを信用するな。


私は慢心していないし、慢心した人間とは無縁でいたい。


商売をするうえから言うと、何も言われないより悪く言われたほうがまだましだ。


素晴らしい取引とは、あなたが勝つ取引であり、相手が勝つ取引ではない。


歴史上最悪の出来事が起こったのは、人々が自分の頭で考えるのをやめ、他人の考えを聞くようになり、さらには他人に追従するようになったときだった。それが独裁者の台頭を許してしまう。


問題は、我々にはタフさが必要だということだ。我々に必要なのはタフな人たちだ。タフさが必要なのだ。我々には賢さが必要だし、タフさが必要だ。


そう、私は文句たれです。私は勝つまで文句を言い続けます。私はこの国のために勝利します。米国を再び偉大な国にするために。


どうせ考えなるなら大きく考えろ。どうせ生きるなら大きく生きろ。もっと大きなディール(取引)をしなければならない。


心配するのは時間の無駄だ。心配は問題を解決しようとする私の邪魔になる。


いったん負けることによって、勝つための新たな戦術が見えてくることがある。


私に言わせれば、タフであるためには、たくましさと頭の良さと自信を兼ね備えている必要がある。


「あぁ、休みをとりたいなぁ」と思ったらその仕事はあなたに合っていない。理想的な仕事とは、仕事と休みの区別がつかないようなものである。睡眠時間が短ければライバルに勝つチャンスも増える。私のやり方は非常に単純でストレートだ。求めるものを手に入れるためには押し、押し、押しの一手だ。


成功への大きな一歩は言動を一致させることだ。言葉と行動が一致するようになれば、時間とエネルギーの大幅な節約にもなる。


本来の自分に戻るためにはまず、外界から自分を遮断しなければならない。私は忙しい人間だが、心の均衡を保つために毎日朝と晩に静かな時間を確保している。


人々は対決を予想していた。私は、逆にパートナーとして手を結ぼうと歩み寄った。
【覚え書き|スコットランドにゴルフ場を建設したときを振り返っての発言】


私は代替案を用意しておくのは常識だと学んだ。何としても代替案を考え出さねばならない。それが結局は従来のやり方より良いものかもしれないのだ。


あるものに怖いとレッテルを貼ってしまうと、怖いのではなく気がかりな状況にまで恐怖心が生まれてしまう。


あなたが自分について良いことをいわなかったら、誰がいってくれるだろう。だから、宣伝に値することをしたときには遠慮せずに自己宣伝をしよう。


ドナルド・トランプの経歴・略歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

ページの先頭へ