テリー伊藤の名言

テリー伊藤のプロフィール

テリー伊藤、てりー・いとう。日本の演出家、テレビプロデューサー、タレント、評論家。東京都築地出身。日本大学経済学部卒業後、寿司屋やアパレルメーカのアルバイトを経て、IVSテレビ制作に入社しテレビ番組制作に携わる。奇抜な企画を手掛け、徐々に頭角を現し、数多くのヒットバラエティ番組を生んだ。主なテレビ番組に『天才・たけしの元気が出るテレビ』『ねるとん紅鯨団』『浅草橋ヤング洋品店』『出動!ミニスカポリス』『まっ昼ま王』『純愛果実』『給与明細』など。そのほか、作家、テレビのコメンテーターとしても活躍した。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

テリー伊藤の名言 一覧

1 / 3123

俺はこれまで仕事を通して、壮絶な人生を過ごした人にたくさん会ってきたけど、人間ってすごいんですよ。どんなに過酷な経験をした人でも、「あの経験があるから、いまがある」っていうんだ。


熱い思いがないと言葉にパワーが出なくなる。誠心誠意で超えられる壁はいっぱいある。


一生懸命取り組んだことが本番を迎えて、緊張しない人なんていない。本気でやったら緊張するもの。それはいくら経験を積んでも変わらない。


時間を区切ると、人は不思議と元気になる。いままで消えそうだった集中力がまた出てくる。


仕事を断らないおかげで、いまのオレがある。渋々引き受けた仕事も、あとになってみると新しい経験を得るきっかけになっていた。


重要なのは全力で挑むこと。その結果の失敗なら、次にも活かせるはずだ。


いつも同じメンバーで一緒にいると、同じ情報しか手に入らない。


逆の意味の言葉をクロスさせる。すると、言葉に力が出る。


自分のできることや考えをしっかりと打ち出していくことは、あらゆるビジネスシーンで必要なこと。


考えるのはダダ。やってみたいと思うことは考え続けることが大事。ある日、急に動き出すこともあるから。


「他人に差をつける仕事の勉強方法」の大原則は、自分の得意を伸ばすこと。他人と見比べて差をつけようっていうのは初手から間違っているんですよ。


人間が本質的に抱えている不安を力に変えれば、力んだ決意がなくてもやれちゃうもんなんです。


知らないまま否定するのはもったいない。興味を持った時に動かないと人って一生興味を持てないままになっちゃうんだよ。


自分で自分の枠や限界線を決めちゃうと人はそれ以上伸びない。自分の可能性は図々しく持っていていい。


自分を追い込むこと。眠れないぐらい大きなモノを抱えることがすごく大切。仕事のパワーが出てくる。


逆転は座して待っているだけでは起こり得ない。当然、今こそやっておくべきことがある。それは逆転のための準備。花を咲かせるための準備だ。


遅咲きの人たちの共通点は、才能に勝る努力家であること。諦めないこと。そして「成功する自分」をイメージしていたこと。


年齢なんて気の持ちようでどうにでもなる。


ヒットの源流というのは、実は流行というよりも普遍性。


隣に引っ越してきてほしくない人ほどテレビに出せば面白い。


結局のところ、その相手がいい仕事をしてくれるようになればいいわけで、叱るか叱らないかの問題ではない。


その人を叱るよりも先に、その人の良さを引き出すためにはどうすればいいかをもっと考えてあげればいいんじゃないの?


強い個性や欠点が、あるとき、武器となって輝き始める。


私が長年携わってきたテレビの演出という仕事は、出演者たちの良さを引き出すことに尽きる。


叱るのが苦手という人は、叱る前に相手の良さを引きだそう。


俺が「コラ、廊下を走るな」って叱ったら俺が廊下を走れなくなるじゃん。俺はいつだって廊下を走りたいんだよ。俺は怒るよりも怒られる人間でいたい。


誰かをもっともらしく叱るというのは、自分の感性を鈍らせること。


「ああしろ、こうしろ」と言ったって、いいものは絶対に生まれないし、「あれをするな、これもするな」と禁止事項を並べていては伸びる人も伸びない。


頭がいい人や技術的な能力が高い人、才能が旺盛な人はいくらでもいる。しかし、そこで勝ち残っているのは、間違いなく肉体が強い人だ。


大切なのは、自分が置かれたポジションをどうポジティブに語れるかということ。


シケた顔してるからダメなんだよ。「よっしゃ! これからガンガンいったるぞ!」って言ってると、本当にガンガンいけるようになるんだよ。


日常生活の楽しさを忘れてしまっては、楽しい番組作りなどおぼつかない。


自分の中に眠っている魂を表に出すのが企画。


企画書は本数を重ねると上手くなるからいっぱい書いたほうがいい。そして、そこには自分だけのオリジナリティを入れることが大切。


再確認したのは、動くことの大切さ。チャレンジしないとお金は降ってこない。深刻な顔をしててもしょうがないから、動いてみようよ。


オレは死ぬ日を自分で決めています。途中で死んだら仕方ないし、予定より長生きできたら儲けもの。人生、なめてかかってマジメに生きろと思ってるからね。


たまにはオリジナルの呪縛を離れて、アレンジと軽さで勝負してみるのもいいんじゃないかな。


常識にちょっとしたアレンジを加えるだけで、大きなアクセントになる。みんなが知っている常識にはしっかりとした軸があるから、崩しやすいんですよ。


よくさ、「上司を出せ!」っていうお客がいるでしょ。絶対出しちゃダメだよ。この仕事は私が仕切ってるんだから、私が責任を持ちますって気概、とても大事。仕事への情熱は客に伝わるからさ。


人生は白分だけが主人公じゃない。駅伝のひとりのランナーに過ぎない。自分のゴールで次の人にタスキを渡すんだってことを考えていれば、仕事の仕方も変わる。


大切なのは惜しまないこと。仕掛け続ける姿勢はいつか伝わる。うまく機会に乗っかっていくためには、「いつかは実現してやる」という情熱が欠かせない。


優秀な他人がいて非力な自分がいたら、追い抜くことより、自分の得意を確認して差をつけることを選ぶ。繊細な日本料理は作れないけど、うまい丼飯だったら出せるから。そういう生々しい企画を準備する。


本来は半年後も変わらぬポストがあるかどうかわからないもの。だからこそ、常に向上心のようなものを持っていないと。


『お笑い北朝鮮』を書いた時、絶対これを当ててやるんだって命がけだった。


「ライバルに恵まれると、その選手は伸びる」というのはスポーツ界の鉄則だ。もちろん、ほかの世界でもそれは同様である。しかし、誰が見てもわかるようなライバルだけでなく、意外なところにライバルを定めることが偉業を生むことがある。


人間、キャリアを重ねると冒険をしなくなる。それは若い人でも同じことだ。年数の長さに関わらず、実績とともに自分のスタイルができてくると、それをもとに考えたり、行動することしかできなくなる。それでは、何も新しいことを生み出せない。


凡人は昔の自慢話をする。しかし、天才は昔の自分に興味がない。


いま自分が優先すべきことは何か。それさえ間違わなければ、仕事も人生も上手くいきます。大事な分岐点に立たされたとき、有事のとき、ここ一番の勝負所、どんなときでも優先順位を的確に判断できる人間こそが、勝利を手にするのです。


自分が手に入れたものを捨てるというのは、確かに怖いことだ。しかし、捨てたときに何かを手につかまないでいるのは、もっと怖い。だから、必死で何かをつかもうとする。それでこそ、次の何かが手に入るのであって、この間の恐怖感が実は面白い。この面白さに一度気がつけばしめたもの。そうなると、捨てることへの恐れを振り払って、次のステップに踏み出していける。


自分が持っているものを捨てる。そうすることによって、はじめて新しいものを手に入れる。手にしたものを捨てられない人は、新しいものには出会えない。新しい女性に出会うためには、前の恋人と別れなければいけないのと同じように、昨日の自分を捨てなければならない。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 3123

テリー伊藤の経歴・略歴

テリー伊藤、てりー・いとう。日本の演出家、テレビプロデューサー、タレント、評論家。東京都築地出身。日本大学経済学部卒業後、寿司屋やアパレルメーカのアルバイトを経て、IVSテレビ制作に入社しテレビ番組制作に携わる。奇抜な企画を手掛け、徐々に頭角を現し、数多くのヒットバラエティ番組を生んだ。主なテレビ番組に『天才・たけしの元気が出るテレビ』『ねるとん紅鯨団』『浅草橋ヤング洋品店』『出動!ミニスカポリス』『まっ昼ま王』『純愛果実』『給与明細』など。そのほか、作家、テレビのコメンテーターとしても活躍した。

ページの先頭へ