チャールズ・ディケンズの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャールズ・ディケンズのプロフィール

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。


「あの人のご主人は心臓が張り裂けて……、心臓が張り裂けたのは、なぜでしたっけ」
「ペルーの鉱山から水を汲み出そうとしてでしょう」とトックスが答えた。
「自分でポンプを回していたんじゃありませんよ、もちろん」とチャックが弟の目を見ながら口を挟んだ。トックスの話を聞いて、ポンプのハンドルで胸を打って死んだのだと誤解しているようだったのだ。
「そうじゃなくて、鉱山株の投機にお金をつぎ込んで失敗したのです」【チャールズ・ディケンズ。ドンビーと息子より】


チャールズ・ディケンズの経歴・略歴

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

ページの先頭へ