スウェーデン女王クリスティーナの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデン女王クリスティーナのプロフィール

クリスティーナ。17世紀スウェーデンの女王、政治家。北方の獅子として恐れられたグスタフ・2世・アドルフの娘。父に似て有能な人物で、神聖ローマ帝国に新教徒の権益拡大を認めさせたり、フランスとともに中央ヨーロッパに進攻し戦争で勝利した。22年間王政を行い、従兄カール10世に王位を譲り退位。その後はローマに定住し、学問、芸術、文学の研究に没頭した。グロティウスやデカルトなど当時第一級の知識人たちと交友を深めた

威厳は香りのごときもの。威厳を活用する者はそれをほとんど意識はしません。


自らを向上しようと試みることが必要なのです。この意識は生きている限り持続すべきです。


新着Tweet


おすすめ名言


スウェーデン女王クリスティーナの経歴・略歴

クリスティーナ。17世紀スウェーデンの女王、政治家。北方の獅子として恐れられたグスタフ・2世・アドルフの娘。父に似て有能な人物で、神聖ローマ帝国に新教徒の権益拡大を認めさせたり、フランスとともに中央ヨーロッパに進攻し戦争で勝利した。22年間王政を行い、従兄カール10世に王位を譲り退位。その後はローマに定住し、学問、芸術、文学の研究に没頭した。グロティウスやデカルトなど当時第一級の知識人たちと交友を深めた

ページの先頭へ