ジョン・テンプルトンの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・テンプルトンのプロフィール

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

相場は絶望と恐怖の淵に生まれ、不安と懐疑の中で育っていく。


四つの単語でできた言葉の中で、最も高くつくものは「今度ばかりは違う(This time it’s different.)」である。


今の資産よりもはるかに割安なものに買い替えるのでなければ、その資産を売ってはならない。


集団的意思決定によって高いパフォーマンスが得られることはない。自分ひとりで決めることだ。


意思決定の前に祈りをささげること。頭の中がクリアになり、うかつなミスも少なくなる。


大多数の人々と違うことをしなければ、高いパフォーマンスをあげることはできない。


みんなが売ろうとしているときに買い、みんなが買おうとしているときに売るのは強靭な精神力がいる。


市場が最も悲観的になっているときこそ買いのチャンスである。
市場が最も楽観的になっているときこそ売りのチャンスである。


株式市場で「お買い得」な物を買おうと思えば、みんなが売ろうとしているものを買う以外にない。


いつも同じ資産を選んではならないし、いつも同じ銘柄選択手段をとってはならない。投資家は常に柔軟でなければならず、固定観念にとらわれてはいけない。長期にわたって最大のリターンを確保するには、人気のある証券や手法から人気のないものにシフトする必要がある。


ジョン・テンプルトンの経歴・略歴

ジョン・テンプルトン。アメリカの投資家。テネシー州出身。オックスフォード大学で法律の学位を取得。証券会社勤務を経て投資顧問会社を設立。テンプルトン財団を創設した。

ページの先頭へ