ザカリーヤ・アル・ラーズィーの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザカリーヤ・アル・ラーズィーのプロフィール

ザカリーヤ・アル・ラーズィー(ラーゼス)。9世紀から10世紀のペルシアの医学者・哲学者、錬金術師、学者、医学の教師。小児科学、脳神経外科学、眼科学の先駆者でもある。エタノールを発見し、精製技術の発明にも成功した。医療分野で世界で初めてコーヒーを用い、その効用について研究を行った。実用医学の実践者で、貧富を問わず診察し、人々から尊敬された医師。

羨望はケチよりも悪い。羨望する人間は、他人が何か良いものを手に入れることを好まない。たとえ、それが己の手に入るべきものでなくとも。


なんら苦痛のない状態というものは、苦痛の存在する状態よりも確かに安らかである。したがって、死は人間にとって、生よりも安らかなものである。


ザカリーヤ・アル・ラーズィーの経歴・略歴

ザカリーヤ・アル・ラーズィー(ラーゼス)。9世紀から10世紀のペルシアの医学者・哲学者、錬金術師、学者、医学の教師。小児科学、脳神経外科学、眼科学の先駆者でもある。エタノールを発見し、精製技術の発明にも成功した。医療分野で世界で初めてコーヒーを用い、その効用について研究を行った。実用医学の実践者で、貧富を問わず診察し、人々から尊敬された医師。

ページの先頭へ