クリス・ギレボーの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ギレボーのプロフィール

クリス・ギレボー。作家、起業家。著書に『常識からはみ出す生き方』『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』。

不安に思う必要はありません。ネガティブな変化はどうしても目につきやすいものですが、一方で、ポジティブな変化も確実に起きるもの。


変化を恐れないことも重要。例えば、最初に販売を始めた製品の収益が上がってこなかった時、他の製品に替えることをためらってはいけない。


準備にかけられる時間が多いか少ないかは、起業して成功するかどうかと直接関わりはない。


時間が限られていればいるほど、大切に使いたいという気持ちは強くなる。少ない時間の中で集中して考えれば、いいアイデアが出てくることもある。


元手をかけずにビジネスを始めれば、うまくいかなかったとしても、失うものはごくわずかな時間とお金で済みます。これはリスクと呼ぶほどのものではありません。


誰にも負けないような情熱やスキルを持っているという人は、うまくすれば今以上の収入を得られるかもしれない。


ネガティブな変化に目が行きがちなのは分かりますが、実情に即してよく考えてみてほしい。恐らくそんなに不安に思うことはないはず。


結果が不確かなものに対して投資しないこと。ビジネスを始めてから間もない頃は、結果が出る前に過剰な投資をしたり、多大な予測を立ててしまいがちになる。


起業するときに大切なのは、「どういうサービスや製品を作りたいのか」「どういう人に売るのか」「どんな付加価値があるのか」「どういうふうに届けるのか」といったビジネスモデルを最初に考えること。


成功した人たちに共通しているのは、「自分には何ができるのか」「何が他人にとって価値があるのか」「お金に換算するといくらになるのか」「どのように製品やサービスを届けるのか」を整理して1本の線につなげることで、ビジネスを成立させている点。


情熱やスキルが必ずしもビジネスに結びつくわけではない。反対に、それがないと起業できないというわけでもない。社会で不便と感じるものを見つけて改善することで、ビジネスに結びつけることもできる。


誰でも何かしら趣味や長所を持っていると思います。それらに他人が価値を認めるかどうか、まずは「自分の長所」と「他人の求める価値」との間に接点を見つけることが、起業の第一歩。


大手企業が経営不振に陥り、長い間、給料が下がり続けている状況では、企業、つまり「他者」に自分の人生を任せるのは、リスクの高い選択だということです。このリスクを回避する選択肢として起業があります。


企業はあなたの生活を守ることに関心を持っているわけではありません。企業に属していたとしても、人生がうまくいくかどうかの責任は自分にあることを認識すべきです。


成功している起業家の多くは、最初に手掛けたことが生活の糧になっているわけではありません。むしろそうしたケースは非常に少ないのです。多くの場合、複数のビジネスを次々に立ち上げて、改善したり、大きな変更を加えたりしながらビジネスを軌道に乗せています。最初のアイデアに固執してはいけないのです。


クリス・ギレボーの経歴・略歴

クリス・ギレボー。作家、起業家。著書に『常識からはみ出す生き方』『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』。

ページの先頭へ