ガリレオ・ガリレイの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガリレオ・ガリレイのプロフィール

ガリレオ・ガリレイ。イタリアの物理学者、天文学者、哲学者、教師、イタリアで2番目に古い歴史を持つパドヴァ大学、ピサ大学教授。早くから望遠鏡を用い天体観測を行い、木星の衛星、月のクレーター、太陽の黒点などを発見し天文学の父と称えられている学者。また、哲学や宗教から科学を分離させることに尽力し科学の父としても知られる

人を教えることはできない。ただ自ら悟る手助けをするにすぎない。


言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に物事が存在し、言葉はそのあとに従うものだからだ。


書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。


学者ぶった先生は、ヘリクツ屋の有力な仲間に分類したい。ヘリクツ屋の狩りは概念を追いかけまわすことである。


哲学は、宇宙という常に目のまえに開かれている偉大な書物に書かれている。その書物は数学という言語で書かれていて、文字は三角形や円やそのほかの幾何学図形である。


ガリレオ・ガリレイの経歴・略歴

ガリレオ・ガリレイ。イタリアの物理学者、天文学者、哲学者、教師、イタリアで2番目に古い歴史を持つパドヴァ大学、ピサ大学教授。早くから望遠鏡を用い天体観測を行い、木星の衛星、月のクレーター、太陽の黒点などを発見し天文学の父と称えられている学者。また、哲学や宗教から科学を分離させることに尽力し科学の父としても知られる

ページの先頭へ