カル・リプケン・ジュニアの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

カル・リプケン・ジュニアのプロフィール

カル・リプケン・ジュニア。米国の大リーガー(サード、ショート)。ルー・ゲーリック、衣笠祥雄の記録を抜き、連続試合出場世界記録のタイトルを獲得。ボルチモア・オリオールズで全現役時代を過ごした。2007年に米国野球殿堂入り。

いまこの試合でうまくやりたい。明日になれば、明日の試合に出てそこでプレーしたい。そうやって僕はここまで来た。僕の目標は「連続出場なんて全然視野になかった1、2年目のころの試合に対するアプローチ」をずっと保ち続けることだ。
【覚書き:ルー・ゲーリックの連続試合出場記録に近づいたとき感想を聞かれての発言】


カル・リプケン・ジュニアの経歴・略歴

カル・リプケン・ジュニア。米国の大リーガー(サード、ショート)。ルー・ゲーリック、衣笠祥雄の記録を抜き、連続試合出場世界記録のタイトルを獲得。ボルチモア・オリオールズで全現役時代を過ごした。2007年に米国野球殿堂入り。

ページの先頭へ