エーリッヒ・フロムの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

エーリッヒ・フロムのプロフィール

エーリッヒ・フロム。ドイツの社会心理学者。新フロイト派の精神分析学者、哲学者。フランクフルト出身。フランクフルト大学、ハイデルベルク大学で学んだのちフランクフルト大学精神分析研究所講師となる。ナチスが政権を取ったのち、スイスを経てアメリカに移住。コロンビア大学、メキシコ国立自治大学、メキシコ心理分析研究所、ミシガン州立大学、ニューヨーク大学などで教鞭をとった。

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。


エーリッヒ・フロムの経歴・略歴

エーリッヒ・フロム。ドイツの社会心理学者。新フロイト派の精神分析学者、哲学者。フランクフルト出身。フランクフルト大学、ハイデルベルク大学で学んだのちフランクフルト大学精神分析研究所講師となる。ナチスが政権を取ったのち、スイスを経てアメリカに移住。コロンビア大学、メキシコ国立自治大学、メキシコ心理分析研究所、ミシガン州立大学、ニューヨーク大学などで教鞭をとった。

ページの先頭へ