ウォルター・スコットの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォルター・スコットのプロフィール

ウォルター・スコット。18世紀末から19世紀初頭のスコットランドの作家、詩人、弁護士。25歳から文筆活動を開始し、歴史小説家として名声を博す。存命中にイギリスだけでなく国外でも成功を収めた初めての作家とされる。主な著書に『ロブ・ロイ』『アイヴァンホー』『湖上の美人』『ラマムアの花嫁』など。ラマムアの花嫁はのちに『ランメルモールのルチア』としてイタリアでオペラ化された

喜びのない人生は、油のないランプである。


ウォルター・スコットの経歴・略歴

ウォルター・スコット。18世紀末から19世紀初頭のスコットランドの作家、詩人、弁護士。25歳から文筆活動を開始し、歴史小説家として名声を博す。存命中にイギリスだけでなく国外でも成功を収めた初めての作家とされる。主な著書に『ロブ・ロイ』『アイヴァンホー』『湖上の美人』『ラマムアの花嫁』など。ラマムアの花嫁はのちに『ランメルモールのルチア』としてイタリアでオペラ化された

ページの先頭へ