アレックス・カーの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレックス・カーのプロフィール

アレックス・カー。東洋文化研究家。アメリカ・メリーランド州出身。イェール大学日本学専攻卒業、慶應義塾大学国際センター留学、オックスフォード大学ベリオール・カレッジ修士号取得。研究の傍ら、古民家改修などのプロジェクトに携わった。

心地よく整った空間は、生活の質を上げるだけでなく、自然を愛する力や美意識をも育む。


海外で仕事をするうえで、その国の人々と感覚を共有できなければ、いい仕事はできない。


世界に目を向けなくてもいいと考えるのは間違い。今のように変化の速い世の中では、技術にしろ、価値観にしろ、常に新しいことに触れていく努力をしないと生き残れない。


教養をビジネスに生かすうえで大事なのは、「クリエーティブ」と「リアリティー」とのバランス。私自身は、若い頃、日本の書や骨董、アートの世界に没頭し、クリエーティブが過多な状態でした。そんな私に、「君にはリアリティーが足りないから」と不動産業への就職を勧めてくれた人がいたおかげで、資金管理や人事マネジメントのスキルを磨くことができました。その経験がなければ、今携わっている古民家再生も単なる耽美主義に終わり、ビジネスとして軌道に乗せることはできなかったように思います。


教科書に書いてあったり、一般的に言われたりしていることをそのまま鵜呑みにし、お行儀よく「枠」に収まっている限りは、自分の血肉にはなりません。疑問を持って調べ、「枠」から出る。筋力トレーニングと同じで、その繰り返しが教養を高めてくれるはずです。


残念ながら今の日本からは、世界中の人の心をつかむような商品やサービスが登場していない。これはビジネスパーソンの多くが、すぐに通用する仕事のスキルを身につけることばかりに熱心で、真の教養を身につける努力を怠ってきたからではないでしょうか。


知識が豊富なだけでは、教養とは言えません。いろいろ知っていたとしても、「その知識のどの部分をどう伝えれば人の心を動かせるか」が分からなければ意味がない。


かつて私が勤務していた、米ダラスに本社を置く不動産会社では、「退社時に机の上に物を置かないこと」というルールが徹底されていました。すっきりしたオフィスは、美意識だけでなく仕事の効率まで高めてくれるもの。


世界の人々が何度も訪れたくなるのは、観光バスを横づけするような「目玉施設」ではなく、自然と調和した、ほっとくつろげる美しい街並み。私が京都や徳島の祖谷などで古民家再生に取り組んでいるのも、そんな日本の古き良き風景を残したいからです。


記者クラブ経由で流れてくる「表」の情報が必ずしもすべてを語っているとは限らない。「裏」の情報にまで目を向けて初めて、事の全貌が見えてくる。


アレックス・カーの経歴・略歴

アレックス・カー。東洋文化研究家。アメリカ・メリーランド州出身。イェール大学日本学専攻卒業、慶應義塾大学国際センター留学、オックスフォード大学ベリオール・カレッジ修士号取得。研究の傍ら、古民家改修などのプロジェクトに携わった。

ページの先頭へ