アルバート・アインシュタインの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバート・アインシュタインのプロフィール

アルバート・アインシュタイン。アルベルト・アインシュタイン。ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。相対性理論を確立。生前からメディアで大きく取り上げられた人物。世界で最も有名な科学者の一人。幼少期から幾何学などに興味を持ち、9歳でピタゴラスの定理を自力で証明した。スイスのチューリッヒ連邦工科大学を卒業。いくつかの職を経た後、スイス特許庁に就職。仕事の傍ら物理論文を書き大学に提出。論文が認められチューリッヒ大学助教授となる。プラハ大学、チューリッヒ連邦工科大学などで教授職を務めた。ノーベル物理学賞受賞者

誰もが天才だ。しかし、魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生「自分はダメだ」と信じて生きることになるだろう。


失敗したことのない者は、挑戦したことのない者だ。


驚異に触れて足を止め畏敬の思いで洸惚(こうこつ)と立ち尽くすことができなくなった人は死んでいるも同然である。その目は閉じられている。


大事なのは問いかけをやめないことだ。好奇心にはそれなりの存在意義がある。


新しいアイデアに対して開かれた精神は、決して元のサイズに戻ることはない。


蝶はモグラではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないでしょう。


私は天才ではありません。ただ、人より長くひとつのことと付き合ってきただけです。


常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。


どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと責めてくれるんだから、いいじゃないですか。


いかなる問題も、それをつくりだしたときと同じ意識によって解決することはできない。


何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。


無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさです。前者は断言できませんが。


偉大な人々は、常に凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。


昨日は偶像視され、今日は憎まれ、唾を吐かれ、明日には忘れ去られ、明後日には聖人に列せられる。


私たちが体験しうる最も美しいものとは、神秘です。これが真の科学の源となります。これを知らず、もはや不思議に思ったり、驚きを感じたりできなくなった人は死んだも同然です。


私はいま孤独の中に生きています。若者には苦痛ですが、成熟した人間にとっては、甘美な孤独の中に。


称賛による堕落から逃れる方法はただひとつ。仕事を続けることである。人は立ち止まって称賛に耳を傾けがちであるが、唯一成すべきは、称賛から目をそらし、仕事を続けること。それ以外の方法はない。


何も考えずに権威を敬うことは、真実に対する最大の敵である。


結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである。


私には特殊な才能はありません。ただ、熱狂的な好奇心があるだけです。


純粋な者が純粋さを見るところに、豚は汚れを見る。


唯一の救いは、ユーモアのセンスだけです。これは呼吸を続ける限りなくさないようにしよう。


年老いて腰が曲がったものには、死は解放としてやってきます。自分自身が年老いて、死を最後には返さなければならない古い借金のようなものだと思うようになったいま、つくづくそう感じます。


私の手元には、返事を出さなかった手紙ばかりがたまっています。人々はそのことで私に不満を抱きます。しかし、取り憑かれた人間はそうならざるを得ません。青年時代、私はここに座り込み、果てしなく思考し、計算し、奥深い秘密を解明しようとしていました。この偉大な世界と呼ばれる騒々しい世界には次第に興味を失い、世捨て人のようになっていったのです。


私は誰にも何も求めないので幸せでいられます。お金もどうでもいい。勲章も、肩書も、名誉も、私には何の意味もありません。称賛も欲しくありません。私に喜びをもたらすただひとつのものは、仕事、バイオリン、ヨットを別にすれば、ともに働いた人々への感謝だけです。


人々が努力して手に入れようとする陳腐なもの―――所有、物質的な成功、贅沢―――は、私には少年時代から卑しむべきものに思われてきました。


名声を得るにしたがって、私は愚かになっていきました。もちろんそれは、ありふれた現象です。その人そのものの姿と、他人がどうその人をとらえているか、あるいは少なくとも、どうとらえていると口に出しているかとの間には、あまりにも大きな隔たりがあります。しかし、そのすべてを機嫌よく引き受けなければなりません。


教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく、貴重な贈り物だと感じられるようなことであるべきだ。


専門的な知識を習得することではなく、自分の頭で考えたり判断する一般的な能力を発達させることが、いつでも第一に優先されるべきです。


知恵とは、学校で学べるものではなく一生をかけて身につけるべきものです。


知識は二つの形で存在する。ひとつは、本の中に、生命のない形で。もうひとつは、人の意識の中に、生きている形で。後者こそがとにかく本質的なものである。前者は絶対必要であるように見えるがたいしたことはない。


自分の目でものを見て、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。


私が科学研究を行うのは、自然の不思議を理解したいという抑え難い願いからです。それ以外の感情が動機というわけではありません。


私は心地よさや幸福などを人生の目的だと思ったことは一度もありません。私はこれらを「豚飼いの理想」と呼んでいます。


野望やただの義務感からは本当に価値のあるものは生まれません。それは、人や対象となるものへの愛と献身から芽生えます。


文明人の運命は、どれだけ力のある道徳を生み出せるかにかかってきています。


人間にとって最も大切な努力は、自分の行動の中に道徳を追求していくことです。私たちが内面的なバランス、そして存在そのものが、そのことにかかっています。行動に現れる道徳だけが、人生に美と品位をもたらします。


道徳は最も重要なことです。神にとってではなく、私たちにとって。


私たちはいつか、いまより少しはものごとを知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。


この世界を個人的な願望を実現する場とせず、感嘆し、求め、観察する自由な存在としてそこに向かい合うとき、我々は芸術と科学の領域に入る。


過去、現在、未来の区別は、どんなに言い張っても、単なる幻想である。


思考とは、それ自体が目的である。音楽と同じように。


好奇心はそれ自体に存在理由があります。永遠や人生や実在の不思議な構造といった神秘についてよく考えてみるなら、畏敬の念を持たずにはいられないでしょう。


深く探究すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる。人間の命が続く限り、常にそうだろうと私は思う。


人間の真の価値は、主に自己からの解放の度合いによって決まる。


精神を大切にするというのなら、それとつながっている身体も大切にしなければいけません。


信念は推進力としては役に立つ。しかし、調整期としては役に立たない。


身を切るような体験を通して、私たちは学びました。合理的に思考したからといって、社会生活に生じる問題がすべて解決できるわけではないということを。


心はときとして知識を超えた高みに上がることがありますが、どうしてそこに達したのかを証明することはできません。すべてに偉大な発見は、そのような飛躍を経たものです。


人は皆、自らの宇宙論を持っています。そして、誰もが自分の理論は正しいということができます。


ドイツのことわざを思い出します。「人は皆、自分の靴のサイズでものごとを測る」。


客観的に判断すれば、情熱的な努力によって人が真実からもぎとるものはとても小さい。しかし、この努力は自己という束縛から私たちを解放し、最も偉大な人々の一員にします。


私に畏敬の念を抱かせるものはふたつあります。星が散りばめられた空と、内なる倫理的宇宙です。


人は「現実に直面したとき知性がいかに不十分であるか」ということをはっきりと知覚するに足るだけの知性は与えられている。


手段は完全になったというのに、肝心の目的がよくわからなくなったというのが、この時代の特徴と言えるでしょう。


死はいずれやってくる。それがいつかなんて、どうでもいいじゃないですか。


人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことは難しい。このことわざには真実がある。


動物と仲良くしなさい。そうすれば、あなたは再び快活になり、何事もあなたを悩ませることはできないでしょう。


私は先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから。


私たちは皆、ほかの人々の仕事によって、食べるものや家を与えられています。ですから、それに対してはきちんと報酬を支払わねばなりません。自分の満足のための仕事だけでなく、人々に奉仕する仕事をすることによっても。さもなければ、どんなに欲求が質素であっても、寄生者と呼ばれるものになってしまうでしょう。


人は、自分だけのために小さな世界を創造します。そして、変化し続ける真の存在の偉大さと比較したら悲しいほどに無意味だというのに、自分を奇跡のように大きく重要であると感じるのです。自分で掘った穴に潜むモグラのように。


自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見いだせない人は、単に不幸であるばかりでなく、生きるのに向いていないといえるでしょう。


あなたは本当にそう思っているんですか?他人によって永遠の幸せが得られるなんて。いくらその他人が最愛の男だったとしても。私は自分の経験から男というものをよく知っています。だって、私もその一人なんですから。男に期待しすぎてはいけません。


私はあなたが女性であるということを気にしていません。しかし大切なのは、あなた自身が気にしないことです。


私は人間関係の変わりやすさを知りました。そして、冷たさや熱さから身を遠ざけることを学びました。そうすれば、温度のバランスがかなりよくとれるので。


私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。だから、私も同じように人々のために献身しなければならないのだ。


神の前で、我々は等しく賢明であり、等しく愚かでもある。


私は未来のことについて決して考えない。未来はやがてやってくるのだから。


知性は方法や道具に対しては鋭い鑑識眼を持つが、目的や価値については盲目である。


全体的破滅を回避するという目標は、あらゆる他の目標に優先せねばならない。


ナショナリズムは小児病である。それはハシカである。
【覚書き|ナチスドイツについて語った言葉】


独創的な表現と知識の悦びを喚起させるのが、教師の最高の術である。


教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。


宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教にも欠陥がある。


私は未来のことは決して考えない。未来はすぐにやってくるのだから。


神の前において人は皆、同等に賢く、同等に愚かである。


たとえ国家が要求したとしても良心に反することは決してしてはならない。


昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。


私たちの前には、もし私たちがそれを選ぶならば、幸福と知識と知恵の絶え間ない進歩がある。それとも、私たちは私たちの争いを忘れることができないからといって、死を選ぶであろうか?私たちは人類として、人類に向かって訴える。あなたがたの人間性を心にとどめ、そしてそのほかのことを忘れよと。【覚書き|ノーベル文学賞受賞者で数学・論理学・哲学者、バートランド・ラッセルと発表したラッセル・アインシュタイン宣言の一節】


一見して馬鹿げていないアイデアは見込みがない。


数学における最も偉大な発見は「複利」である。


知性は方法や道具に対しては鋭い鑑識眼を持っていますが、目的や価値については盲目です。空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。私たちはいつか、今より少しは物事を知っているようになるかもしれない。しかし、自然の真の本質を知ることは永遠にないだろう。


どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。
人間性について絶望してはいけません。なぜなら私達は人間なのですから。蝶はモグラではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。


熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです。


第三次世界大戦はどう戦われるでしょうか。わたしにはわかりません。しかし、第四次大戦ならわかります。石と棒を使って戦われることでしょう。


人は海のようなものである。あるときは穏やかで友好的。あるときはしけて、悪意に満ちている。ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。


人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい。


この素晴らしい応用科学は労働を軽減し、生活をより豊かにしながら、なぜ我々に幸福をもたらしてくれないのか。答えは簡単である。我々がそれを有意義に利用するにいたっていないからである。


私にはよいアイデアが浮かびますが、他の人もそうです。ただ私の場合、幸運だったのはそのアイディアが受け入れられたということです。


アルバート・アインシュタインの経歴・略歴

アルバート・アインシュタイン。アルベルト・アインシュタイン。ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。相対性理論を確立。生前からメディアで大きく取り上げられた人物。世界で最も有名な科学者の一人。幼少期から幾何学などに興味を持ち、9歳でピタゴラスの定理を自力で証明した。スイスのチューリッヒ連邦工科大学を卒業。いくつかの職を経た後、スイス特許庁に就職。仕事の傍ら物理論文を書き大学に提出。論文が認められチューリッヒ大学助教授となる。プラハ大学、チューリッヒ連邦工科大学などで教授職を務めた。ノーベル物理学賞受賞者

ページの先頭へ