アルトゥル・シュニッツラーの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルトゥル・シュニッツラーのプロフィール

アルトゥル・シュニッツラー。19世紀末から20世紀初頭のオーストラリアの医師、小説家、劇作家。新ロマン主義の中で最も有能な作家のひとりとされている。おもな作品に『アナトール』『輪舞』『夢小説』などがある。シュニッツラーの作品群はスタンリー・キューブリック、セシル・デミル、マックス・オフュルス、ロジェ・ヴァディムの監督によって映画化された

友情の重要な仕事は、友人の夢を手助けしてやることにある。


世界のあらゆることを信頼しないならば、人は決して欺かれることはない。


アルトゥル・シュニッツラーの経歴・略歴

アルトゥル・シュニッツラー。19世紀末から20世紀初頭のオーストラリアの医師、小説家、劇作家。新ロマン主義の中で最も有能な作家のひとりとされている。おもな作品に『アナトール』『輪舞』『夢小説』などがある。シュニッツラーの作品群はスタンリー・キューブリック、セシル・デミル、マックス・オフュルス、ロジェ・ヴァディムの監督によって映画化された

ページの先頭へ