後悔の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

後悔の名言 一覧

いま不安定な時代ですが、こういう時代こそ「自分が正しい」と思う方を選べばいい。人に言われて何かを決めたとしても、後悔は自分に返ってくるだけなんですから。

目の前のことに全力で挑まないと、「やるだけやってダメだった。別の方法に変えよう」と思えず、「もっとできた」と後悔ばかりすることになる。すると、前に進めなくなる。

「あのとき挑戦していれば」という後悔だけはしたくなかった。

過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。

仕事の進め方はもちろん、休暇やお金の使い方についても、すべて自分でデザインし、主導権を握る。それが「後悔しない1年を送る」ための秘訣。

やらずに後悔するよりは、まずやってみてほしい。ダメならダメで次にがんばる土台だと思えばよい。やらずして後で悔いるのはもったいない。

精神面では、やはりとことん自分を追い込むということは意識しています。後で「あのとき、あそこまでやっておけばよかったな」と後悔したくないので。

後悔しない人生を送るためには、会社だけに時間を注ぎ込むよりも、複数のものに分散させた方がいい。

情熱をかけて取り組めば、失敗するかもしれませんが、絶対に後悔はしないはず。

変えられない過去についてあれこれ後悔するのはやめましょう。

後悔しないくらいやるべきことをすべてやりきれば、たとえ負けても自分の価値(自己肯定感)は下がらない。

10年後のことは分かりませんが、やらずに後悔するよりも、積極的に攻めて失敗したほうがいい。

失敗するより、挑戦しなかった後悔の方が、後を引くもの。

死ぬときに絶対後悔したくない。自分らしく生きてきたな、精一杯やってきたなと思いながら死ねれば本望。

無難な人生の先に待っているのは後悔。

自分で選んだ道だからこそ、今、何の後悔もなく、前を向いて歩いてこられたと思っています。

僕は、自分に遠慮するのをやめたら、人生がものすごく面白くなりました。不安もプレッシャーも、失敗の経験すらも楽しめる。それは「やらない後悔」をしなくなったからです。

やるかやめるか、迷った時は、臆せずやってみる。どうせ後悔するなら、やって後悔の方が自分の成長につながるから。

怒りは無謀をもって始まり、後悔をもって終わる。

僕は自分のやりたいことはドンドンやって楽しむ。楽しんだことは後悔しない。

失敗体験を素材に「後悔物語」や「自己否定物語」を心の中で紡げば、心は憂鬱になって落ち込む。同じ体験を「教訓物語」として編(あ)んでいくことができれば多くの学びを得ることになる。

もし今やりたい事があるのなら、自分を信じて行動してみてください。自分を芯から信じることが出来るのは自分だけです。やらないで後悔することだけはしないでください。

小さいことはどうでもいいんです。大きいことを決めなければいけないときに人の言うことに従って、あとで後悔して、その人の責任にしてしまうのが嫌なんです。

失敗しても取り返しがきく。やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい。そういう人がいないと、世の中は変わらない。今さえよければいいのではない。

自民党にいれば、左団扇で楽だったんだけどね。(離党は)損得で言えば、損な道を歩いたみたいなものだけれども、僕は後悔していません。

目標は誰が何を言おうと揺るがない。もちろん人生で有言実行できなかったことも多々ある。でも、デカい目標を掲げたことを後悔したことは一度もない。

失敗しても後悔しないのはわかっていた。しかし、試さなかったら後悔していただろう。

日本はまだ学歴社会だけれど、高校中退を後悔したことは一度もない。かえって狭い枠にとらわれなくてよかったと今でも思います。

第一歩を踏み出す勇気が大切。私の場合、起業で成功するかどうかわからなくても人生で後悔したくないという想いで一歩を踏み出し、起業しました。

後悔した経験? 若いときにゲームに夢中になったことかな。3日間プレーし続けて、貴重な休みがそれだけで終わったんです(笑)。

仕事を振り返る習慣を持つと、反省や後悔はつきものです。何年乗務をしても、「あのとき、こうすればよかった」と、ベッドに寝てから思い返すことはしょっちゅうありました。そして、そこを改善できてもまた、すぐに次の目標が出てきます。

飛び込むか、飛び込まないか。後悔を残したくない。だから創業者の笠原健治から「社長をやってほしい」といわれたとき、断るという発想はありませんでした。

実は大学受験のとき、前期日程で京都大学に合格していました。しかし東大の後期日程を受験するには、京大は蹴らなければいけない。安全策をとって京大を選ぶか、東大の後期に懸けるか――。そのとき一年を振り返りました。ずっと「東大合格」を目標に勉強してきた。安全策をとれば、きっと後悔が残るだろう。結果的にダメかもしれないが、東大に懸けてみよう。そう決断したのです。

昨日のことを思い出して後悔したり、翌日のことを考えて心配したりしても、いい結果にはつながらない。今、楽しく仕事ができているということにフォーカスすることが重要。

つらい状況に陥った時は、「大切なことは何か」を考えるといい。「大切なこと」を見失わなければ、自分をごまかすような後悔する判断をすることはないでしょう。

創薬のほとんどは失敗するのだから、挑戦しないよりはして後悔した方がいい。

僕はゼロか100かの勝負をいつもしたい。それは事業買収の話だけじゃなくて、すべてにおいて挑戦する人生を選びたいんです。後悔するのは嫌です。

自分が幸せになれると感じる根拠を積み重ね、確信に変えることができたら後悔もしません。たとえ独立後に困難に陥ったとしても、自信を持って突き進んでいくことができます。

自分を「弱い」などと、思わないことです。弱さは、強さに変えられます。エネルギーを何に向けるかで、それはパワーに変わります。思考の流れを、自分を高める方向へ切り替えましょう。虚しい願望や、前に進まない後悔は、捨て去ることです。不平や不満、自分への慰めは終わりにしましょう。

30代の人のなかには、「自分はもう若くはない」と思ったり、「あのときにああしておけば」と過去を後悔したりしている人がいるかもしれません。しかし、それは大きな思い違いです。自分が一番よく知っているのは「過去の自分」ですから、未来の自分を想像するよりも昔に思いを馳せるほうがラクだというだけです。過去にとらわれて将来を見失わないためにも、「いまできること」に意識を集中して、腰を据えて取り組んでほしいと思います。

状況があまり固まっていなくても、とにかく一歩でもいいから歩きだすこと。誰か一人が動き出すことで、物事は進みはじめるものなんです。その一人に自分がなる。もちろん、勇み足みたいなことも多々ありますよ。でも、何もしないで後悔するよりはずっとマシです。

侍の役であるからとて、伊達白川へ使者を立て、良い馬や鷹など求めてはならぬ。偶然他所からもらったのは別であるが、それも、三年過ぎれば、他家へ遣ってしまったほうがよかろう。長く持っていれば、必ず後悔することになるからだ。

スケートと出合ったことにも、職業にしたことにも、少しも後悔はありません。いまあるリンクをなんとか維持しながら、たくさんの人にスケートと触れ合ってもらえる機会をつくっていきたいですね。この先も、何らかのかたちでスケートには関わりたいし、アイスショーも続ける予定です。表現の道に終わりなし。これからもまだまだ勉強です。

決断に対する覚悟も、「本当に考え抜いたか?」に尽きるのではないだろうか。あらゆる疑念について吟味すべき要素をすべて洗い出し、分析、検討したか。私見や情動、己の欲などに左右されていないか。そう自問してみる。考え尽くしたと言いきれるのであれば、それは最善の判断である。たとえ結果的に失敗したとしても、後悔はしない。

僕の最初の設計は両親の家でしたが、じつを言うとこれは僕の最大の失敗作でもありました。まだ22歳の若造で、建築のことを何も知らないくせに、自意識過剰の格好ばかりの家を建てちゃった。動線計画は悪いし、生活に対するキメ細かな配慮もぜんぜんなかった。両親は正真正銘の犠牲者です。相当住みにくいはずだけど、さいわい呑気な人たちで、さほど気にしてもいなかったようなのが救いでした。でもねえ、九十九里浜に建てたその家が、飛行機で成田空港を離着陸するときに窓からよく見えるんです。そのたびにサッと血の気が引いて、慙愧(ざんき)に身悶えした。「お父さん、お母さん、ごめんなさい!」って。その失敗でもう反省して、基本からやり直そうと、20世紀の住宅建築の傑作をじっくり勉強し直すことにしたんです。

行き先も知らないまま船に乗り、「この方向ではなかった」と気づいたときにはタイムアウトというのでは、後悔してもしきれません。

研究開発理念8カ条

  1. 思いこみは捨てよ。
  2. 思いつき(ひらめき)を拾え。
  3. やらぬ後悔よりやった後悔が良い。
  4. 発明や開発は常識の裏にある。
  5. 不良の山に宝ある。
  6. 研究開発はエンドレス、常にその時がスタートである。
  7. 満足したときにその技術はストップする。
  8. 過去の栄光はその瞬間で終わっている。

誰しも一度きりの人生。やらない後悔よりも、やった後悔をすべきです。

40代、50代、60代になっても後悔しないために、自分の上限を決めず、できるだけ大きな夢を思い描いてください。

私が見聞きしてきた経験に照らし合わせると、40代になってお金に苦労する人には、ある共通点があるように思います。それは端的にいうと、「人生の全体的なビジョンを構築する力がない」ということです。

私は過去を後悔するような無駄なことはしない。私は決断をした。そして、その決断を全うする最善の方法は、ひとたび決断したら決してぐらつかないことだ。もしかしたら偉い医者になっていたかもしれないのにとか、すごいテニスプレーヤーになれたかもとか、あるいはプレイボーイ、あるいはポーカーの名手になれたかも、などと考えてはならない。自分が決めたことを上手くやり遂げるには、覚悟を決めて、自分の仕事に前向きにならなければならない。

物語を書くことは、星空の星を結んでいくようなものだと思うんです。昔の人は空を見上げて、ああも結べる、こうも結べるという中で星座をつくってきたわけです。当然、結ばなかった星も無数にある。ひとつの物語を書くというのもそれと同じように、いつも無数の結び方の可能性の中から選んで星座をつくっているわけです。そこには「語られなかった物語」が必ず残ってしまう。ときどき、過去に書いた自分の小説に対して、ああではない書き方をしたらどうなっていただろうと思うこともあります。反省とか後悔とかではなくて、結ばなかった星のことを想像することで、作者としての傲慢さが減るんじゃないか、と。

後悔をバネにできるのは、脳がまだ発達途上の24歳までです。25歳を過ぎた大人は、ものごとの過程や原因を分析しない限り、成長できません。

学習が長続きするかどうかのカギは、自己モニタリング力の強化に尽きます。これは自分の特性を分析し、適切な方法などを見極める力です。ダイエットも同じで、自己モニタリング力が高い人は成功します。以前語学やダイエットで挫折した人は、単に過去を後悔するのではなく、失敗の原因を分析しましょう。

私たちは人生の中で経験したことを、何もかも覚えていられるわけではない。むしろほとんど忘れてしまっていいのである。そうでなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。ある出来事があって、そこから何かを学んだなら、起きたことは忘れてしまおう。

勇気を奮い起こしなさい。行動と悲しみは永遠に相容れないものであることを知りなさい。筋肉が緊張し、指が掴み、足が動き、頭が目前のやるべきことで占められている時は、自分を哀れんだり、後悔の念に苛まれたりしている暇はない。行動はいかなる傷をも癒す香油のようなものである。

一般的には受験でも就職でも、良い条件の学校や会社を選ぶことに越したことはないでしょう。けれど、「自分は何をしたいのか。そのために必要な環境は何か」を考えず、「有名校だから」「大企業だから」と、聞こえのいい条件だけで選んでしまうと、後悔してしまうこともあります。

自分がやっていることに意味が見いだせないほど虚しいことはありません。多くのビジネスパーソンが抱えるモヤモヤは、この無意味感から生まれています。このことから目を背けて仕事を続ければ、何年かたったときにきっと後悔することになるでしょう。それは損以外の何物でもありません。

お金で後悔する人の多くは、家計を長期的な視点から見ることをしていないものです。これはなかなか深刻な問題です。実際、深く考えずに家を買って、わずか数年で手放すことになった人も少なくありません。

家計の見直しをアドバイスしていて感じるのは、お金で後悔しない人ほどモノには執着しない、ということです。金額の大きい支出をためらわずに削ることができる人が多いのです。

お金で後悔しない人は家計の見直しの際に、こまごまとしたところより、住居費などの大きな固定費から削っていきます。もちろん大きな支出を削ろうとすれば、それだけの摩擦が起きるものですが、そこを思い切れば、小さな節約よりずっと楽に大きな成果を期待できます。

悪い見本に惑わされないためには、ローンに関するたくさんの書籍も出ていますから、それらを読んでもいいですし、ファイナンシャルプランナーに相談してもいいでしょう。そうして情報収集をしつつ、自分のお金に関する判断力を高めていくべきです。それを面倒がっている人は、ほぼ間違いなくお金に関して後悔することになるでしょう。

ロサンゼルスでホテルを開業するプロジェクトに携わりました。キリンとある航空会社の共同事業で、すでに土地も取得済みでした。しかし、ホテル経営を学んだ目で現地を見てみると、上手くいくとは思えない。ホテルを建ててしまってから客が入らないでは非常にまずいことになります。当時、私はまだ38歳。我ながら僭越だとは思いましたが、「この事業はやるべきではない」と進言しました。最終的にどうなるかはわからないけど、後悔しないように言うべきことは言おうと思ったわけです。結果的にプロジェクトはストップすることになりました。

反省というのは、自分の失敗を後悔することではありません。失敗と向き合い、どうすればその失敗を克服して次に進めるかを考えることです。つまり問題を解決するということです。

米国コーネル大学の心理学教授であり、近年注目を集める行動経済学の研究者でもあるトーマス・ギロビッチ博士によると、人間は、行動したときの後悔より、行動しなかったときの後悔の方が深く心に残のだそうです。

通信機器販売会社の経営は上手くいっていました。でも、お金を儲けるだけでは何か足りない気持ちもしていました。そこで自分の人生を、愛ある生活、健康、経済、やりがいのある仕事という4つのカテゴリーを組み合わせて、すべてのパターンで考えてみました。すると、仕事に心から満足していない自分が浮かび上がってきた。このままでは自分の人生を後悔することになると思い、仲間に相談して株式上場を果たしてからという約束で会社から離れることを決めました。

シンガポールに来た当初は金融関係のコンサルティングで食べていこうと考えていました。ただ、金融の時代はもう終わる。人のお金を右から左に流して、レバレッジによって一部の勝者と多数の敗者が生まれていく。そういう世界で生きていくのではなく、後悔しないお金の儲け方をしたい。そう考えたとき、自分の中に残ったのがレストラン経営でした。

怖いことに職業は、性格や癖まで形成してしまうとても大切なものです。自分の性格と職業を結び付けずに無意識のうちに働いている人は、あとで大きな後悔をすることになります。自分の性格に自信をつけるためにも、自分の職業は自分で納得して見つけなければなりません。

プレー中、短時間で決断しなければいけないのですが、そこで重要なのは、その決断が仮に失敗したときに、「まあしょうがないか」と思えるくらいのレベルまで考え抜いて準備ができているかどうかです。準備ができていれば、その決断に悔いは残らないと思うんです。でも、たいして準備もせずに慌てたままサインを出して打たれると、後悔しか残りません。

最も大事なのは、死ぬときに後悔しない人生を送ることです。失敗を恐れず、勇気をもってアクションを起こしてください。

売り言葉に買い言葉で、勢いで相手にひどいことを言いそうになることもあるでしょう。私も妻から「あなたは、いつも服を脱いだら脱ぎっぱなし」と小言を言われると、「いつもじゃないだろう!」と怒鳴り返したい気持ちになります。でも、そこはぐっとこらえて、笑顔で対応するようにしています。感情に任せて言い返せば、自分としてはスッキリするかもしれませんが、二人の関係は険悪になります。後になって「あんなこと言わなきゃよかった」と後悔するに違いありません。これからも続く二人の関係を考えれば、ここはこらえて、楽しい気分で過ごしたほうが幸せです。

私は上手く営業できませんでした。ただ、商品を売るというのはどういうことか、お客様との信頼感をいかにすれば築けるかを身を持って体験できたことは、いま思えば財産だったと思っています。決して後悔はしていません。
【覚書き|技術畑一筋だったとき日本DECでセールスの仕事を経験した当時を振り返っての発言】

間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、意味がないことである。

とにかくやってみてください。リスクをとって失敗に終わったことを年老いてから悔やむ人は滅多にいません。後悔するのはリスクを恐れて挑戦しなかったことです。リスクをとり、いましたいと思うことをすべきです。人生は短いのだから。

結局、自分の失敗で強く記憶に残っているものは、「これが上手くいかなかった」という類ではありません。「なぜあのタイミングであの事業にもっと力を入れなかったのか」という、「やらなかった失敗」の方なんですよね。

何か不幸な出来事、悲しい出来事が起きたときに、それが一本目の矢として心に突き刺さります。しかし、多くの人は降りかかった現実をもとにそれを脳内で編集し、後悔や不安を交えながら不幸や悲しみを増幅させてしまう。いわば自分の心に第二の矢を突き立てて、いつまでも気に病むのです。第一の矢と第二の矢を区別して、「あ、いま、自分の頭の中で編集している」と気づくと気持ちは静まってきます。

私は漫然と運を待つつもりは全然なく、私なりの努力を、心の命ずるところに従って、及ばずながら続けてきた。だから成敗は気にならない。「後悔なし」と威張れるほどではないが、自分の甲羅に似た穴を掘って、生きてきたつもりである。

(ロンドンのホテルに窓拭き係として雇われたとき)このホテルにはもう一人窓ガラス拭きがいた。すでに初老を過ぎた男で黙々として毎日仕事に精神を注ぎ込んでいるかに見えた。窓ガラス拭きは汚い仕事であり、しかも危険が伴う。私は心中ひそかに彼を軽蔑した。ある日、なかば揶揄の気持ちを込めて質問してみた。「君は毎日このような仕事を続け、それをもって満足しているのか」彼は窓を指して静かに言った。「イヌマル、(拭った窓、拭っていない窓)双方を見比べてみろ。拭えば綺麗になり、綺麗になれば、その一事をもって私は限りなき満足を覚える。自分はこの仕事を生涯の仕事として選んだことを後悔していない」私はこの言葉を聞くに及んで、一瞬何かに深く打ちのめされたごとく感じた。

コンピュータシステムを購入したいというお客様の倉庫を尋ねたときのことです。倉庫はまるで整頓されておらず、グチャクチャでした。システムを入れても、とても管理できないような状況です。一時の売上を考えれば、効果を十分に発揮できなくてもシステムを売ってしまった方がいい。でも将来、お互いに必ず後悔します。お客様には、「大変申し訳ないのですが、作業着ではなく、背広を着て作業できるような倉庫にしてから、コンピュータを入れましょう」と提案しました。

人生ではいろいろな岐路に立たされることがあると思います。でも、そこで立ち止まって悩んでいても事態は変わらない。大切なのは、とにかくやってみることです。「やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい」とよく言いますが、私の経験上、やって後悔したことはありません。何かに迷ったときは、勇気を持って前に進んでいただきたいですね。

私はときどき、自分の歩いてきた道を振り返ってみるが、それは、いってみれば、弱者に対する味方であり、別の言葉でいえば、権力に対する反抗であった。そのためにいろいろな抵抗もあって、求めて余計な苦労をしてきたようだが、私は自分のこれまでの生き方について、かつて後悔したことがない。だから私の生命がある限り、弱い者の味方になり、権力や金力の横暴と戦っていくつもりでいる。

自分が安定志向なのか冒険志向なのか、仕事重視なのか家庭重視なのか、転職の問題などの人生の岐路で悩まないためには、せめてその程度は理解しておいたほうがよいでしょう。また、自分の基準を自覚したうえで行った選択のほうが、後悔しなくて済むはずです。

もっと野球がやりたかった。そう言って引退していく若い選手を見てきました。彼らはそのときに気づくんです。最初からもっとトレーニングをやっておけばよかった、と。

日本社会では、高校受験や大学受験のとき、あるいは就職のときに、学校や学部、企業などを選択することによって、自分の将来や人生を決めていきます。この仕組みに慣れてしまって、大多数の人が他から選択の機会を与えられなければ、自分のやりたいことを真剣に考えないようになってしまった。本当は、選択の機会が与えられるのを待つのではなく、常に自分のやりたいことを考えて、自ら選択の機会を作り出していかなければいけません。落ち着いて周りを見れば、選択の機会はいくらでも見つかるはずです。リストラという現実が迫ってきたときに、『あそこでこういう選択をしておけばよかった』と後悔しても遅いんです。学生の内から、自分のやりたいことを意識し、そこへ向かうために主体的に選択していく癖を身に付けておいた方がいいでしょう。

あとから「あそこでやめておけばよかった」と後悔しないためにも、深入りする前に時間を損切りする習慣を身につけてください。

未来は予測できません。なのに、あふれかえる情報をもとに、あらかじめイメージ先行型の人生設計を行い、効率的に成功者のルートをとろうと考える人が増えているように思います。それでは手ごたえのある人生を歩むことはできません。そうではなく「なるようにしかならない」と腹をくくって、目の前にあるやるべき仕事、やりたい仕事にぶつかっていくことが肝要です。そういう生き方をしていけば、もし思うような結果を得られなくても、絶対に後悔することはないでしょう。

何事も挑戦する前にダメと決め付けるのがすごく面白くなかったんです。後悔だけはしたくない。なんていうんでしょう。僕は好きなことを見つけたら、トコトン入ってしまうんです。
【覚書き|20歳で自転車競技からF1に転向する決意をし、大学を中退して鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラに飛び込んだときを振り返っての発言】

私は新入社員の入社式でいつも次のように言うことにしている。「君たち、ソニーに入ったことをもし後悔するようなことがあったら、すぐに会社を辞めたまえ。人生は一度しかないんだ」

基本的に誰でも人に笑ってもらうことは好きだと思っています。だから私もついギャグを言ってしまうんですが、たいていはやめておけばよかったと後悔します。講演でも最初はひんやりとした受け止め方をされますね。でも、お笑いを商売にしているわけではないから、ウケようとしても無理なんです。そう思ってめげずにやっています。

大事なことは、子供が悔いのない人生を送ることだ。いつの時代でも「最近の若い者は……」と大人は言ってきたが、親の望むとおりに生きる子供はいない。私は自分の意志で東大を中退した。大学を卒業したほうが親孝行にはなっただろう。中退後10年ほどは、「もう一回、東大を受験しよう」と思い悩む苦しい夢を見続けた。それでも自分の意志を貫いてよかったと思い、後悔はしていない。

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】

77歳のいままで走り続けてきたのですが、まったく後悔していません。本格的に自分自身の時間を持つのは80歳になってからにしようと思っています。「斃れて後已む」ということになるかもしれませんが、それはそれでいいのではないかと思っています。
【覚書き|斃れて後已む(たおれてのちやむ)=死ぬまで懸命に努力し続けるという意味】

新しいことを始めるときには、誰だって不安が付きまとう。とくにそれが独立であったり、転職であったり、自分の人生を大きく変えてしまうものであればなおさらだ。また、自分が正しいと思った道でも、様々な難関が押し寄せてくれば弱気になるのは、人間であればあたり前だろう。しかし、人生は一度きり。やらずに後悔するより、やれるところまでやって失敗を受け入れる方が納得できるではないか。

昨日行ったことを明日になって後悔しないように、神は今日、良い忠告を人々に与えてくれる。

自分のアイデアを話しているうちに、いま何をなすべきかがわかってきた。いまが絶好のチャンスなのだ。このチャンスをつかまずに、現状に甘えてリスクを避け、いたずらに時を過ごしていたらチャンスは二度と戻ってこないだろう。このチャンスをつかまなかったら一生後悔することになると私は思った。結果がどうなろうとやらなければならない。
【覚書き:当時コーヒー豆販売だけだったスターバックスを退社し、上質の豆を使ったコーヒースタンドを開業しようと決意した時を振り返っての発言】

結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる。【覚書き|結婚するかどうか悩んでいる人に向かってのアドバイス】

人生の終わりには、もう一つテストに合格しなかったこと、もう一度裁判の評決で無罪を勝ち取れなかったこと、もう一つ契約を締結できなかったことを後悔することなど決してありません。夫と、友人と、子供と、あるいは親と過ごさなかった時間を後悔するのです。

ビジネスマンは平日忙しいせいで土日に朝寝坊をして、体内時計のリズムを崩してしまうものです。そうして休みを無駄にして後悔した経験のある人も多いでしょう。そうならないためにも、週末も平日と同じ時間に起床する。これはぜひ守ってほしいと思います。どうしても週末に寝だめをしたいのなら、早く就寝すればよいのです。そうして意識して朝方の生活に変えていくことが、早朝学習に適した身体をつくる第一歩です。

独立後、講演を頼まれることが多いのですが、講演後に面倒な仕事を押し付けられて「引き受けない方が良かった」と後悔することが過去何回かありました。そこで、そうした失敗経験を基に、講演を引き受けるときの事前のチェックポイントをリスト化し、秘書に渡しました。こうしておけば、講演を受けるかどうかをスピーディに判断できますし、あとからトラブルが起こることも防げます。決断のスピードアップという意味では、チェックリストをつくるというのも有効な方法です。

気力や体力が充実している30代のうちに、生涯の趣味を見つけて始めるといいでしょう。「若いうちからやっておけばよかった」と後悔しなくて済みます。

ページの先頭へ