前向きの名言

このページは「前向き」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

前向きの名言 一覧

1 / 3123

その人の気持ちが前向きであるか、あるいは後ろ向きであるかどうかは、組織の生産性を上げるためには大変大事な要素。

組織は上司が動かすものではない。前向きな言葉を投げかけて、改善策を練る。こんな部下の言動ひとつで社内の雰囲気が変わるし、解決できる課題は意外と多い。

同級生を見ても、地道に頑張っていた人は、20~30年スパンで見ると、良い結果が出ている。前向きに努力すれば必ず道は開ける。

年齢を重ねていくと、どこかで自分に対して「線引き」をしてしまう。ちょっと難しいかもなと慎重に考えてしまう。でも、そのままズルズル退かずに、前向きな自分を持っていたい。

経済や金融市場の先行きは、今、極めて不透明です。受け身の姿勢だけで対応するのは難しい。前向きな行動が求められる。

あなたがどのような決断を下しても、前向きに生きようとしている限り、辛い経験はいずれ必ずあなたの力になる。

挑戦や失敗に前向きであることは、成功の階段を上っていくのに不可欠。

稲盛(和夫)さんは、「できます」と言う人に仕事を任せた。前向きな人の方が成功する確率がはるかに高いことをご存じだからです。

めげずに、諦めずにくり返せばいい。いつかは芽が出ると思って前向きにやっていくことが大事。

良い点を探そうとする習慣が身につけば、どんな境遇に立たされても前向きに捉えられる。

明るく楽しく前向きに働かないと、成果は出ない。

小さくても感謝、幸福、幸運を感じることが個人の意識を前向きな思考に変える。

社員が前向きになり、社員にいい仕事をしてもらう環境を一生懸命作ることこそが、社長である自分の役割。

過去の自分に戻らないことで超前向き人間になれた。今、何をすべきかに集中できるようになった。

神仏は人間に均等にチャンスを与える。そのチャンスに対して、真剣に、前向きに取り組むかどうかによって、人生が開くか開かないかが決まる。

トラブルが生じたならば、「よーし、俺の出番だ!」と前向きに考えるようにしている。トラブルは人を成長させる。

リストラをして士気を落とすくらいなら、前向きな効率化をしたほうがいい。

どんなに苦しくても前向きの気持ちを失わなければ、いつか笑える日が来るはず。

困難に行き当たっても、成長に向けて時代が我々を試している。そう前向きに捉えるようにしています。

悶々として眠れないなら、前向きに本でも読んだほうがいい。そのほうが余計なことを考えなくて済む。

ビジネスシーンでは、何事も前向きな気持ちが大事。

明るく、前向きに、逃げず、知ったかぶりせず。

気持ちが前向きにならないときにやることは一つ。今の自分の気持ちに「全力」で正直になること。それだけです。

熱い雰囲気の場に自分の身を置くようにすると、考えも前向きになってくる。

組織が前向きに進めるのは、希望をもっているからだ。希望に生きている組織は生命の形成力があるものだ。

大事なことは、常に改革、前向きに進んでいくということ。

前向きに考えて、挑戦的な行動をして、5年先、10年先、15年先に、後輩に胸を張れる仕事をしようじゃないか。

伸びる企業というのは、社員を前向きにさせていく、という基本の部分を押さえています。

時間が経つと自分も周囲も変化します。充実した人生を送るには、変化を前向きにとらえて柔軟に対応することが大切。

成功の階段を上っていくためには、リスクを取ること、居心地のいい領域から抜け出すこと、失敗に前向きであることが不可欠。

落ち込むことがあっても、意志を強く持って、前向きに考えなければいけない。

人は前向きに行動すれば結果を生むことができる。だから一番厳しいときこそ、引かずに進むのです。

辛いときも社員の心を前向きにさせるパフォーマンスができるのは、「トップ・オブ・トップ」の条件。

反省はしますが、くよくよはしない。何事も、前向きに。人に接したり、話をしたりするときには、楽しく。こうしたことが大切だと思っています。

当社の採用基準、プライオリティは「前向きであること」「素直であること」の2点。それはつまり真っ白で吸収できるということです。

努力なしに運はついてきません。諦めず目標に向かって一歩一歩前向きに進めることが大切です。

仕事をしていくうえで大切なことはいくつもあるでしょうが、私の中核にあるのはつねに「アタマ」、つまり「明るく、楽しく、前向きに」ということです。

できるかぎり明るく楽しく前向きに取り組むこと。これがすべての前提です。

世界で戦うために、まずは仕事への強い情熱と、前向きな戦闘能力を持ってほしい。

時間が経つと自分も周囲も変化します。充実した人生を送るには、変化を前向きにとらえて柔軟に対応することが大切ではないでしょうか。

僕は何より好きなんだね、ゴルフが。だから口では「もうダメだ」とか言っているけど、心はいつも前向きです。

ピンチのときにも挑戦し続けなくてはならない。ピンチのときほど前向きになるべきだ。

東証一部上場は20年来の夢で、それが果たせたことはうれしいのですが、最近もっとうれしいのは、社員が皆、笑顔いっぱいで楽しく前向きに働いてくれていることです。

若い人を採用するからには、その人たちが将来にわたって夢を持ち、前向きに躍進していけるような企業でなければなりません。

技術や能力がいくらあっても、本人の気持ちが荒んでいてはそれを活かせない。裏を返せば、社員の気持ちが前向きであれば自ずと安全も担保される。

目標を持つ会社と持たない会社は決定的に違う。特にリニアは、夢がいよいよ形となる事業でもあり、世の中の大きな期待の高まりを感じる。こうした目標を持つことは、社の内外に対する大きな求心力になる。優秀な人材を集められるうえに、まさに社員一人ひとりの「前向きな気持ち」を支える事業だととらえている。

私の知る、自ら事業を起こして大きく成功している人は、みな常にエネルギッシュで常にポジティブで前向きだ。

どんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつか強い運が向いてくるものだと気楽に構え、前向きに努力した。

必ずではないところが人生の難しいところ。でも、辛くても努力しなければいいことがあるはずもありません。大事なことは前向きに頑張ることです。

常に前向きに挑戦し続けることが大事。そして自分のやったことには自信を持て。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 3123

ページの先頭へ