感動の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは「感動」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。

感動の名言 一覧

1 / 11

世の中の人から感動してもらったり、新しい価値ができたなと思ってもらったりするものをつくらないといけない。


人が動くのは理屈ではありません。人の心を動かすのは感動。


人は感動がなくなると老化が始まる。


理念を追求していく上で、昨日までと同じことをやっていても決して感動は生まれない。


会社規模を目標にするのではなく、関わるすべての人たちに、感動とHAPPYを与え続けるような会社にしたい。


お客様が少しでも心地よくなる、手間を惜しまない姿勢が高い付加価値となり、感動につながる。それこそが、ななつ星ブランドの真髄。


感性価値と機能価値が高い次元で組み合わさって、初めてお客さんに「これすごいね」「感動した」と言ってもらえる製品ができる。



自分に感動がないと、他人に感動は与えられない。そこに国家や人といったような垣根はない。


簡単なことを難しく言っても、人に感動を与えることはできない。だから、どんな演説でも私は事前に頭の中にメモをつくって場に臨む。


感動や驚きが人の心を動かし、意識を変える。


聴衆だけでなく自分自身にも目を向けていないと、「感動のツボ」を押すことなど到底無理だ。


いつも感動する言葉を持っていることは、逆境でも自らの励みになる。


「面白い」「ためになる」「感動する」。このうちどれかを満たした事業が伸びる。


成功体験による感動が社員の自信を育み、組織力を高める。


感動していただける商品やサービスを生み出すため、社内で立場や役職を超えた議論を活発化させています。


プラスの3Kが大切。「汚い、きつい、危険」の3Kではなく、「感動、希望、工夫」。


お客様の期待をいかに超えるか。満足していただくだけでなく、感動していただけるかどうかが私たちの基本姿勢。


お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


お客さんに感動を与えられれば、きっと応援団としてお店を強力にサポートしてくれるはず。


有名とか無名ということは問題ではなく、すべての人の人生には、面白く人を感動させられるというポテンシャルが秘められている。



無名の普通の人の人生は面白くないと思う人もいるかもしれませんが、私はすべての人の人生には、面白さや感動があると思っています。


感情や感動や感謝といった人間価値を大事にしなければいけない。人の恩を忘れないかぎり、必ず人は成功する。


いかにして感動レベルのサービスを実現していくかが、我々に課された永遠のテーマ。


主語を売り手側の一人称ではなく、お客様を主語にした二人称にして、お客様がどんなメリットや感動を体験できるか表現することが大切。


花屋でアルバイトしていたとき、数千円の花束でどう人を感動させ、驚かせるか。毎日考えていました。


ネガティブな気持ちになっても行動を続ければ、やり遂げたという感動が必ず待っている。


当社では、従業員一人ひとりがお客様の声に耳を傾け、お客様に感動を与えられる価値創造を目指す「全員マーケティング」をかかげています。


人から興味を持たれたいなら、まず人に興味を持ちなさい。
あなたが人から感動されたいなら、まず相手に感動しなさい。


「一生感動、一生勉強、一生青春」が私のモットーで、常にわくわくドキドキしながら人生を楽しむようにしています。


人は、感動した瞬間に変われる。


サービス産業で大切なのはお客様のニーズに応え、感動していただくこと。


人を感動させるためには、自分で考えて自分で行動しなければならない。


仕事の意味が、生活するために変わった瞬間、感動のサービスは生まれなくなる。


顧客満足は当たり前。顧客感動が目標。


人は、「やらされていない人」が自分に対して一所懸命何かをしてくれると、感動する。


自分の内側から湧き上がるような動機を持っている社員が、群を抜くサービスを提供し、お客様に感動をもたらすことができるのです。


感動することをやめた人は、生きていないのと同じ。


顧客を感動させる製品やサービスを生み出し続けることが善い会社の条件。


人はよく能力で他人を判断しがちですが、それ以上に情熱や感動を持っていることの方が重要です。


志とは、壮大で、かつ感動を伴うことを、事前にやり切ると心に誓うことから始まる。


いくら専門性に秀でていても顧客の「思い」を共有できなければ、サービスから喜びや感動といった新たな価値は生まれない。


まず社員を感動させ、次にお客様に感動していただく。そして儲かっていない会社の反対をやる。そうした姿勢が未来を切り拓くのだと思う。


人の心を動かすためには、まず自分が感動していなくてはなりません。話し手の心の震動が聞き手に伝わり、共振することで共感が生まれる。


「中小機構さんと付き合って良かった、ありがとう」とか言われるような、小さくても感動を与える仕事をしたいですね。仕事で感動を与えるためにはスピード感がなければいけません。


物語の世界に私は救われたし、とても楽しいと思う。そういった自分が感動したものを、また伝えたい。


笑ったり、泣いたり、感動したりという感情を揺さぶるのは、実は非常に大変なこと。こっちも必死でやらないと伝わらない。


人は一度味わった感動には慣れていきます。時代の流れやお客さまの嗜好の変化をよく読み取り、常に新しい感動を創造していく努力が必要です。


すべては「お客さまの感動のために」――これが、当社の経営理念の核です。何か現場で迷ったときも、この理念に合致するかどうかで判断ができます。


人に対する感謝の気持ちが強い人ほど、お客様を喜ばせることに積極的で、感動を与える人でもある。


よい言葉に出合ったら、それ感動するだけで終わらず、実行してみる。さらに、それを継続して、自分の習慣にできれば、それが自身の最高の財産となる。


時代は変わっても、生演奏の感動を届けるというBOSEの原点は変わりません。


スピーカーはとても多くの素材で構成されます。それらひとつひとつにこだわり抜き、納得がいかなければ自分たちで開発する。すべてはお客様に、感動を届けるためです。


お客様がワクワクして新しい感動や文化を生みだすような商品づくりが、当社の発展につながる。それにはまず、自分たちがワクワクしなければならない。


大切なことは、感動と共感を与えられる作品を世に出していくこと。そのために、社員全員に1作1作、良い作品作りに注力してほしい。


簡単なことを難しく言っても、人に感動を与えることはできない。


英語の名言を覚えることをお勧めします。偉人・有名人の発した言葉には感動を呼び起こす力があります。それらの言葉に触れると、あるときは深く共感し、あるときは新たな発見ができます。この「共感」や「驚き」がポイントです。感動があれば、言葉は格段に頭に入りやすくなるのです。教科書ではなかなか覚えられなかったことも、すんなり記憶に刻むことができるはずです。日本人は勉強熱心で、名言が好きな方が多いので、この方法はお勧めです。名言は無駄のないシンプルな英文が多く、構文がわかりやすいのも良い点です。熟語表現や言い回しのバリエーションを覚えるには非常に適していると言えます。そして、名言そのものから励まされるのも大きなメリットです。


バンコクで歌や踊り、お笑いなどのエンターテインメントのショーを見ながら飲食をするワンフロア2500席の店を見て、日本にもこんなふうにお客さんに感動を与えられる大型店をつくれたらという思いつきで2000席の居酒屋づくりを始めました。でも、話が進むにつれて胸の中に違和感が湧いてきて、「これが本当に自分のやるべきことか?」と思って、さんざん悩んだ揚げ句、やめることにしました。今ぼくがやるべきことは、日本一、世界一の大型店なんかではなくて、メンバーと向き合って彼らの夢を聞いてやることじゃないか、今一度「てっぺん」の将来、居酒屋の将来というものをじっくり見据えていくことじゃないかと思い直しました。


何よりも重要なのは、人間にとって「大切なこと」を実践すること。人は悪いことをやるとき、隠れてやりますね。唐揚げのつまみ食いしたときも、「こんなにたくさんあるんだからいいじゃないか」と屁理屈を言ったりしますが、隠れてやっている時点で「これは悪いこと」だと分かっているんです。逆もまた然りで、人間は「大切なこと」も分かっています。だって普遍的なテーマの映画は、みんな感動するでしょう。大切なことに触れたら、人は心惹かれるんです。従業員が増えると、人生観も多様になりますから、いろいろな自我がぶつかります。でも、経営者が「大切なこと」を分かって行動に移せば、どんな従業員もいずれは共感してくれるはずです。だから私は、人間にとって大切なことである「感謝」をして生きています。


とりあえず行動を起こしてみてほしい。限りある人生の中で行動しないのはもったいないと思います。行動を起こせば様々な発見や感動、ひらめきが見つかって人生が豊かになるでしょう。


お客様を感動させるおもてなしマインドは「ここまでやってくれるのか、ここまで考えてくれたのか」という程のサービスを提供しようとする意識。


いつの時代もスポーツで感動するのは、己の極限を超えて上のステージに上がっていく選手たちの姿。


言葉の通じない国に行くのは勇気もいるし、お金もかかるし。それでも全過程を通して、感動の方が圧倒的にたくさんあるから、どんな労力を払ってでも体験したいですね。


当社がお客様にお届けしたいのは「モノ」としての靴下ではなく、靴下を通してお客様の生活に心地よさ、喜びといった感動を体験していただくという「コト」なのです。


企業理念の「感動を・ともに・創る」が表すように、お客様が主役となる価値ある商品を生み出し、200年、300年と続く企業へと成長を続けたい。


感動の涙は人を大きく成長させるものだ。仕事から感動がなくなると、惰性の日々が始まる。


一人では限界があるが、二人、三人と仲間がいる方が力を発揮できることがある。何より、その喜びや感動を数倍にすることができる。


価格競争も多少は大切ですが、それよりも今までにない新しい業態をつくり出すことができるようなプラスアルファの商売をしていく必要があります。お客様の喜ばせ方や感動のさせ方について、「あのときハローデイがスーパーマーケット業界に新たな歴史をつくった」と言われるような仕事ができたら、格好いいではないですか。


おもてなしは、もてなす側だけの問題ではない。もてなされた相手も「感動」を体験することがポイントなのだ。もてなす側ともてなされる側の心が双方向で通じないと成立は難しい。企業から顧客への一方的なサービスと異なり、おもてなしは、企業のアクションに顧客が応えることで、両者の絆が深まる。


経営とは強烈な意欲であり、深い慈愛であり、全社を挙げての協力であり、顧客感動、人間幸福への道を徹底的に追求することだ。


料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


企業人は、みんな、それぞれの分野でプロであるべきです。プロフェッショナルとは、驚きを与えて感動させることができる人のことです。そのためには、新しいアイデアを出すことが求められます。


不満の除去はマニュアルでできますが、感動を与えることは、従業員が自分で考えて行動しなければできません。「自律型感動人間」を作るのが私の経営理念で、エネルギーの6~7割を費やしています。


闇雲な拡大は考えていません。ITを駆使して低コストを実現することと、自律型感動人間を育てて顧客満足を高める、という理念に沿わなければ、店舗を増やしても意味がないからです。


強くなれると実感した時や、プレッシャーが大きい大会で勝った時の感動は、苦しい練習を乗り越えるモチベーション。


人口が減ってきている時代にいて業績を伸ばすためには、人を感動させるサービスを提供してリピーターに繋げなければならない。


私は「人生の中でどのくらい感動を味わって一生を終えるか」ということを大事に思っています。


感動は、相手の立場に立ち、本気でぶつかり合う気持ちが生み出す。


経営理念の中の「すばらしく美味しいものを造り」という文言が、その後の当社の経営姿勢にとくに大きな影響を与え続けています。文字どおり、ただ美味しいだけでは伍魚福の製品にふさわしくありません。だれもが食べて感動するくらい、すばらしく美味しいものでなければ、市場に送り出してはならないということです。


店の経営は、初めからソロバン勘定ばかりを考えてやっていては長続きしません。お客様に感動を与えることが重要なのです。


経営では感動とソロバンは「51対49」の比率が大切でしょう。私の場合、ともすれば感動の比率が100になってしまい、経営状況を不安定にさせかねないクレイジーな側面もありますが(笑)、商売というのは、それくらいの思いでやらないとダメだということです。


驚きを通り越して感動を与えられるもの。それがうちから出るという姿を目指したい。


どうすれば相手に喜んでもらえるのか、あるいは感動してもらえるのかを常に考えて行動するようにしています。これはビジネスでもプライベートでも同じだと思います。


三菱商事本体に勤務した約10年間で今でも一番印象に残っている仕事は、「電子メールのある1日」という架空のストーリーを書いて社内に配ったことです。全社に電子メールシステムの導入を働きかけるのが目的でした。それが当時の社長のもとまで届き、直々に呼び出されて社長本人にご説明することになりました。こうした活動はもちろん、上司から指示されたわけではありません。パソコン通信に出会った感動を出発点に、自分で気づいて、自分で行動を起こしたものです。それを仕事と呼べるのかどうかはわかりませんが、私の自信を深める上でのプチ成功体験になったのは確かです。


業務上、強く意識しているのは、「ソライズは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。


ぼくが八百鮮をつくった目的は、感動ある人生を歩むことであり、従業員にも歩んでもらうことであり、もっと言えばお客さんにもそういうことを感じてもらうことです。それがぼくの人生のすべての目的です。


創業したときの約束は、物事の判断に迷ったときは、「感動」だけを判断基準にしようということでした。苦労する道としない道があったら、苦労する道、非効率な道を選んだほうが、絶対に10年後には感動できる人生になっているはず。どうせ一回きりの人生なのだから、そういう人生を一緒に歩まないか。そう約束しました。この一点は狂いなく共有できています。


特に商品のパッケージは重要だ。ブランドロゴが小さく表示された洗練された白い小箱を開けると、中から美しいガジェットと折り紙のように薄い説明書が現れる。こうした洗練されたパッケージを目にしたユーザーは大きく心を動かされる。そして、そのことが企業のブランドイメージにもなっていく。メイカーは、ユーザーに対してどのような感動や印象を与えたいのかを考え抜けばいい。そのために必要な箱の調達や加工は、私たちが責任を持ってやっていく。


社長として大事なことはビジョンを示すことです。「ソニーの使命は、お客様に感動をもたらしたり、好奇心を刺激し続けたりすること」。これを何度も言い続け、全社に浸透し始めた手応えを感じています。


街で拾ったネタをメモにしている人は多いかもしれませんが、そのとき気をつけたいのは、ネタを加工しないことです。ある女子高生の会話を聞いて「この会話は女子高生向けの企画に使える」と考え、「女子高生の声」という属性の縛りをかけて整理してしまうと、あなたが感じて拾ったネタは企画としての広がりを失ってしまいます。あくまでも一個人が発した会話としてそのままメモし、感動の記憶としてストックしておくべきです。


人は自ら発見したことに感動し、感動によって成長するものです。


本や新聞などに登場した方々のお話に感動したときには、どうしてもご本人に連絡が取りたくなるんです。でも、いきなり電話をかけるわけにもいかないですよね。そこで私は、まず手紙を送るようにしています。どういうところに感動したのかをていねいに書けば、コネクションがゼロでも、意外に返事をいただけるものですよ。有名な経営者の方でも、私の経験では八割は返事をいただいています。お互いに何をしたいのか、何を一緒にできそうかがはっきりしているときは、返事をいただけることが多いですね。


私たちは「感動創造企業でありたい」と30年言い続けています。その意味は、お客様の期待を超えるということです。


コンサルティングをしていて一番うれしいのは、顧問先からの「おかげで代をつなぐことができます」という言葉です。また「世の中にないものができました」という喜びの声です。例えば、全国80ほどの洋菓子店で採用されている「ラボ」もそうです。これはお客様が自らバースデーケーキを作れる店内スペースのことです。直接お店の利益向上に貢献するものではありませんが、子どもが親へ、親が子どもへケーキを作ることで、そこには必ず思い出や感動が生まれる。それが生涯顧客の創出につながるのです。


最近は意識的に他店に訪れることを制限しています。僕は感動屋なんです。だからほかの店をみると、すぐに感化されて真似したくなる。桐生から東京に出てきたときもそうでした。「こんなにいい店があるんだから参考にすべき」だと考えて、いろいろと自分の店にも採り入れたりしてね。でも、今度は逆に、ホットランドの個性がなくなるんじゃないかと心配になってきた。真似ばかりでは、何のために自分でお店をやっているのかがわかりません。そこで、ホットランドらしさを大切にするために、最近はあえて外を見ないようにしているんです。


舞台を観にくるお客さんって、本当にこちらが死に物狂いで演じないと、楽しんでくれない。ギリギリまで頑張らないと感動してもらえないんです。


そもそも商売とはお客様を感動させることで成り立つ。お客様を感動させることができれば、品物を買ってもらえる。品物を買ってもらえば、その会社は必ず発展していく。どんな会社でも、お客様第一主義、お客様のニーズに応える、顧客満足など、いろいろな言葉で表現しているが、要は「感動」という一言で言い表わせるのではないだろうか。では、お客様を感動させるのは誰か。これは社員にほかならない。ならば、経営者たるもの、お客様よりも先に社員のほうを感動させなければいけないはずだ。まず社員が自分の会社に感動していなければ、お客様を感動させるような働きができるわけがない。


工夫により、職人が感動し、未来工業のファンになってくださるようになる。ファンが増えることによって商品がたくさん売れる。たくさん売れることによって会社が発展する、という図式が成立する。


スティーブ・ジョブズ氏は、部下たちが「できないこと」を前提にして発言したことを、逆に「そういうものができたらいいのではないか」と、アイデアとして採り入れていたという。世界を驚かせるような感動的な商品を、ふたたび創り上げることができなければ、日本企業に明日はない。その中で、私たちが日本の強みを活かしていけるかどうかは、ジョブズ氏のような前向きなマインドセットと志が持てるかどうかにかかっているのだ。


現場では「お客様目線」で、つまりお客様が感動するかどうかを基準にして、サービスやレストランの味など、あらゆることを見ています。ペンキが剥げていないか、場内の案内板はわかりやすいか、ゴミは落ちていないかなど、お客様が不満に感じるだろうことすべてに目を光らせ、至らない点が見つかれば、すぐに改善を指示しています。


人間の進歩というものは、偉大なる発明発見でも悟りでも、すべてインスピレーションとか感動から始まる。ただし感動するためには、我々の心の中に感受性がなければならない。感受性というものは、自分が充実しなければ出てこない。放心したり、自分が自分を忘れていたら、これはあるわけがない。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ