お金の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の名言 一覧

お金って、欲しいなって思うと逃げていっちゃうと思うんだよね。追ってはいけないものですよ。

億万長者がとくにお金を惜しまないのは人脈づくり。人助けには出費を惜しみませんし、高級住宅街に住むのも、資産家人脈をつなぐため。人脈=金脈とよくわかっているんですね。

あなたのポケットからお金をとっていくばかりで、お金を入れてくれない資産は、本物の「資産」とは呼べない。

社内や取引先との打ち合わせに儲け話は転がっていない。自分に役立つお宝情報は、人付き合いの中に埋もれているんだ。そのためにお金を惜しんでちゃいけない。

いい仕事をしていたら、お金なんて後から入ってくる。仕事をしていないからお金が入ってこない。これは原理原則だよ。

デフレ期は発想を転換して、他の人がやっていないことをやらないとお金にならない。

人間はお金が絡むと本当に汚い動物になる。お金は人を良い方にも悪い方にも簡単に変える。

金持ちは、財布にいくら入っているかを常に把握しているなど、お金についての意識が高い。収入、支出、貯蓄額を把握することは、「高貯蓄家庭」になる必須条件。

お金を貯められるか否かは住居費と教育費次第。住まいにどの程度お金をかけるかで家計の余裕度が左右される。

金持ちほど、お金の使い方はシビア。外食はしても、使っているのは一人当たり千円未満、というご家庭も少なくありません。

今も昔も、日本でも、英国でも、米国でも、必ずしもお金持ちという意味ではなく「いい家庭」では、必ず家庭で教育をしている。

目標をもって生きれば、節約も貯金も自然にできますよ。いまが楽しければと遣っていたお金を、将来のためにガマンできるはず。

僕は貧乏を経験するのはいいことだと思っています。お金がないからこそ、お金を遣わないように創意工夫が出来るわけですから。

捨てるものがないくらいの気持ちになれば、お金に頼ろうて思わへんよ。

大切なのは会社を大きくすることじゃない。いい仕事をして、結果的にお金が後から入ってくる。世の中、そういうもんだろ。

労せず儲けるということは、その分他人に働いてもらうということ。独り占めせず、価値とお金を共有することがポイント。

数字やお金だけで価値を計る人間になってしまうと不幸になってしまう。立場や金銭を乗り越えた人生こそが幸せなのです。

自分がどんな生活をしたいのかを明確にする。お金を遣う時に、その目的に合っているか常に考える。それが資産家への第一歩。

節約しただけで満足してちゃダメ。浮いたお金を月々貯金しなさい。継続は力なりってホント。貯金はコツコツ続けることが大切。

月末には、その月のお金の使い方について振り返ることが大切。使いすぎたと感じたら、翌月にその反単省を生かすべき。

経済環境の変化に伴い、お金の「常識」は変わっていくもの。金融商品を選ぶ際にも、常に最新の状況を踏まえた判断が求められる。

お金は1か所にとどまらせていてはいけない。働かさないことには、新たな価値を生まない。

逆説的ですが、お金に好かれる人はお金に対する執着のない人。

お金が貯まらない人は、知識や情報、テクニックより、お金に対する考え方や認知の歪みを知り、それを取り除くことが大事。

お金が寄ってくる人は情報を幅広く受け止められる人。

結局モノやお金って、あればあるなりの、なければないなりの暮らしがあるというだけのこと。

恐ろしいのは、お金があれば幸せになれると思っていると、どこまでいってもゴールがないということ。

事業というのはお金だけを儲けようとして成功した人はいません。利益は後からついてくる。

収入が増えないと嘆く人に共通しているのは、お金に対して受け身の立場でいること。

自分自身が本当に満足する商品は何かと、頭が痛くなるぐらい考えなければ、顧客はお金を出し続けてくれない。

お金を儲けることはお客様の喜びを集めること。

努力したら評価は後からついてくるものだ。でも、最初からお金を追いかけたらお金は逃げていく。だから、まずは努力することが大事なんだ。

自分という資源を生かすことが大事。人との時間の使い方を大事にすれば、お金はいつかついてくる。

結局お金って色とかストーリーが必ずあって、決して単純に経済合理性で動くものではないんだなということを実感として学びました。

我慢を強いる節約は続かない。重要なのはムリなくできる賢いお金の使い方を習慣づけること。

お金がないほうが、むしろ知恵が出る。

長期的に続く人間関係というのはお金じゃない。価値観を共有できたり、勝つ喜びを分かち合えたりすることが大切。

お金はありがとうの引換券。お客様から「ありがとう」を集めることが大事。

コンセプトは誰でもコピーできるんです。お金さえあれば簡単にね。でもコピーしたものは結局、長続きしない。

ビジネスに長けているというのは最も魅力的な種類のアートである。お金を稼ぐのはアートである。仕事をするのもアートである。儲かるビジネスは最高のアートである。

仕事とはお金を稼ぐことである。これは基本だ。これがわかるのが早ければ早いほど、ビジネスとは何かを理解するのも早くなる。

相手をどれほど尊敬していようと、好意を持っていようと、お金のやりとりには必ず目を光らせるべきだ。

きめ細かいサポートは、たしかにお金はかかります。でも、丁寧な対応をした結果、ファンがついてリピートしてくれたら、いずれ収益として返ってくる。

ビジネスで重要なのは、一つの仕事が二重、三重にお金を生み出すシステムになっているかどうか。

お金とは、泉のように湧いてくるものだ。それを周りと分かち合えば豊かになれる。

目先のお金に追われるのではなく、妥協せず、自分に投資すればお金は後からついてくる。

将来、お金が足りない状態にならないための究極の備えは、自分の力をつけることに尽きる。

お金はしょせんゼロサムだけど、喜びは増殖する。与える側も喜び、受け取る側も喜ぶのですから。

お金なんてある程度貯まったら、それ以上は一人で使い切ることなんてできません。人のために使うしかなくなるんです。

お金、学歴がなくても志は平等。捨て身でぶつかれば、必ず道は拓ける。

余った木の皮やオガクズをバイオマス発電所に持ち込めば、燃料として評価できます。お金を出して捨てているものが、売れるものになる。

優しい言葉をかけるのには、お金も時間も要りません。にもかかわらず、優しい言葉は多くのことをなし得ます。

人はブランドにはお金を払います。他の業者にはない独自性や業界で突出したものを持っていれば、それがブランドになって、その会社に仕事を依頼しようと思うはず。

きちんとお金を儲ける仕組みを最初につくったところが勝つ。

お金には限りがあるからメリハリをつけなきゃいけない。

お金は寂しがり屋だから、お金がたくさんあるところに集まる習性がある。

お金持ちになりたい人は、「信用」を意識して生活して欲しい。

お金の使い方も生活習慣病のひとつ。

信用がないとお金も寄ってこないし、人も集まらない。

自分が何歳のとき、いくら必要になるのか。人生の見通し図を描くことが賢いお金との付き合い方の第一歩。

最初から投資で稼ごうと考えるより、まずは自分を磨くことから入ったほうが、お金との付き合いはうまくいくはず。

お金が貯まらないと嘆く多くの人は、現状を把握できていない。まずは家計簿をつけ、収支を具体的な数字で見てみよう。

誰もがうらやむような派手な才能でなくても、「この分野ではこの人しかいない」というレベルまで才能を磨けば、必ずお金はついてきます。

自分が大切にしてきた価値観を守りつつ、時代に合わせてアレンジすることが、お金持ちであり続ける秘訣。

お金持ちになれない人は、自分の時間や労力を切り売りしてお金に換える。
お金持ちになれる人は、自分が現場にいなくてもお金が生まれる仕組みをつくる。

お金持ちになりたいなら、「皆と一緒=安心」という発想が一番ダメ。

お金持ちになる人は「人とのご縁」を大切にして、「縁」を「円」に換える。

大事なのは、自分が好きなことを飛びきり上手にやること。お金は副産物にすぎない。

内部留保したい気持ちもわかりますが、貯めたものは還元すべきだと思います。お金は循環してこそ成長につながる。

自分たちが作ったビジネスモデルは間違っていないという自信があり、「お金がない」というのは事業を止める理由になりませんでした。

嬉しいから、安心だから、お金を払ってでもこのサービスを受けたい、ここで買いたいというのが正しい商売の在り方。

お金を先に払っただけの値打ちがないことには、その職業は絶対に衰退する。

お金の仕組みについて知っているのと知らないのとでは全然違う。

お金と言う存在も社会的な信頼というもので成りたっています。それだけにお金も信頼できる人のところに集まるのだといえます。

無理してお金を調達しようとせず、借金しない方法を考えるべきです。「どうしたら、お金を使わずに出来るか」をじっくり考えれば、答えは出てきます。

会社に入って働くことはお金を得ることだと思っている人がいますが、それは違います。働くことが得ることだという考えのまま入社させてしまうと、行動の全てが損得勘定になってしまいます。

金が目的になってはならない。金はただの結果にすぎません。お金が目標になると本末転倒になってしまう。

通貨の取引は信頼関係を土台に考え出された仕組みですから、お金は信頼のあるところに集まる。一方で、約束を破った人には罰が与えられる。

貧者は昨日のために今日働き、富者は明日のために今日働く。

いい借金とは、「利息よりも大きな価値を将来的に得られる可能性が高い」そんな出費に関する借金です。
悪い借金とは、「将来的な価値を生み出さない、ただ目の前の欲求を満たすためだけ」の借金です。

節約は不必要な費用を回避する科学であり、慎重に私たちの財産を管理する技術である。

自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金に勝る。卵を抱いているのはいいことだ。塵も積もれば山となる。光り輝くものすべてが金ではない。

富は手段であり、その目的は人間である。物質的な富は、人間の向上のために用いられなければ意味がないと言ってよい。

節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。

膨らんだ財布は、心を軽やかにする。

富を得る方法は3つしかない。勤労と嘆願と窃盗である。だから、あまりにも多くの富が乞食や泥棒の手に渡っている。

人間は、金を貸すことを断ることによって友人を失わず、金を貸すことによってたやすく友人を失う。

いま持っている財産は、これから起こるかもしれない害悪と災害に対する防壁とみなすべきであり、世の快楽を手に入れる許可証とみなすべきではない。

僕が小学三年生のころ、近所に廃品回収で生活している夫婦が引っ越してきました。彼らは粗末なプレハブ小屋のようなところで10年以上生活していたんですが、ある日突然、ごみの山だったところに総ヒノキの二階建ての家が建ったんです。僕にとっては大変な出来事でした。逆に考えると、そういう生活を10年以上続ければ、あなたにも家を建てられる可能性があるということです。

お金は基本的に出ていくものですから、どうしてお金が貯まらないんだろうという程度の疑問しか出てこない人には絶対お金を貯めることはできません。お金を貯めるという行為は、無理をしなければできません。もっと極端な言い方をすれば、己の体を削ってでもお金を貯めるという意識がなければ駄目なのです。
僕があなたにこういうことが言えるのも、何より僕がお金を貯められなかった人間だからです。

人々の中で最も金持ちなのは倹約家であり、最も貧乏なのは守銭奴である。

貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。

金を貸すと、金も友達もなくしてしまう。金を借りると、倹約の心が鈍ってしまう。

財産は火のようなものである。非常に有能な従僕であるかと思えば、一番恐ろしい主人でもある。

あなたが欲しいと思うものを買ってはいけない。あなたが必要とするものを買うようにしなさい。贅沢と欲望。これらの疫病は、あらゆる国家を破滅させるものなり。

君子が財をみだりに用いずして惜しむは、人に益あることに財布を用いんがためなり。

借金と金貸しに依存する家庭生活には、自由もなければ美しさもない。

金銭は君主の中の君主である。

浪費とは、貧者が物惜しみしないことを言う。

先日、ある雑誌でお金にまつわるアンケートを取ったのですが、その中で興味深い結果がありました。「もし出費を削らなければいけないとしたら、どの費用から削りますか?」という質問に対し、貯金がない人とある人で明確な差が出ました。貯金がない人は、食費や小遣いなどの「やりくり費」を上位に挙げているのに対し、貯金がある人は通信費や保険などの「固定費」を上位に挙げていたのです。ムダ遣いを減らしたい時に、いの一番に見直すべきなのは「固定費」です。なぜなら、見直しの効果が大きいから。一回の見直しで、月々の支払いが数千円下がることは珍しくありませんし、削減効果は継続的に続きます。

ページの先頭へ