生きるの名言

このページは「生きる」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。

生きるの名言 一覧

「よく生きる」を突き詰めると、「良いコミュニティーにいること」に至る。

「生きる」とは、毎日少しずつ生を受けること。単に死ぬのを待つのとは違います。

見栄を捨てれば、生きる方法はいくらでもある。少し見方を変えれば、人生で思い悩むことは少なくなる。

人間は他人から感謝されると自分の存在価値を確認することができ、生きるエネルギーになる。

私は基本的に行き当たりばったり、成り行き任せでやってきました。行き当たりばったりというと言葉は悪いですが、その時その時を一生懸命生きるんです。

生きることの大切さを人々に伝えていくのも、この仕事をしている我々の使命。

「他者のために他者とともに」生きる心を具備したグローバル人材を育てて行くことが、何より大切な本学の使命。

人生に大切なのは、笑って生きること。眉間に皺を寄せて考え込むよりも、笑っていたほうが気持ちがいい。

混乱の時代、不安と恐怖の中で生きるか、何が起ころうとも何かに挑戦し続けるか。

金を持たざるものが持つ力こそ「生きる力」や。何も持っていないからこそ悩むこともないんよ。

資産価値という視点になってしまうと、大切な遊び心がなくなってしまって、集めることが機械的になりかねない。日々、お金のことだけを考えて生きるのは、さぞつまらなかろうな、と思ってしまいますね。

今、この一瞬を一生懸命に生きる。このシンプルな考え方こそ、あなたを助ける最良の方法。

楽しく、穏やかに、健康に生きるために重要なことは、イライラしないこと。

ポジティブに生きるには自分自身で決断することが大事。

自分のやりたいことを抑制すると生きるエネルギーまで衰弱してしまい、虚無感を抱くニヒリストになってしまうので注意が必要。

これだけの閉塞感がある中でも、自分の人生を自分で築き上げたいという若者は、いつの時代もいる。自分の意思決定で、自立して生きる人生は素晴らしい。

自分で描いた志を立て、世の中や社会のために生きるという人生は最高だよ。だから、志を立てなさい。

自立というのは、ともかく他人に依存しないで自分の才覚で生きること。今の自分に合う生き方を創出し、自分で工夫して生活を楽しむこと。

多事多難から学んだ最大の教訓は「社会と共に生きる企業でなければならない」ということ。

人生はハウツーだけではどうにもならないことっていっぱいある。やっぱり、腹を括って、今を一生懸命生きるしかない。

誰もが天才だ。しかし、魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生「自分はダメだ」と信じて生きることになるだろう。

あまり複雑に考えず、シンプルに今を一生懸命生きる。ただこれだけ。

テクニックは人格というベースがあってこそ生きる。

生きるために必死に働いたことが今につながっている。

生きるためにこそ仏教が役立つ。

私の座右の銘は「日に新たなる人生を」。一日一日を充実した、新しい気持ちで生きることが、仕事の上でも私生活の上でも大切。

命というのは、生きるために生まれるのであって、死ぬために生まれるものではない。

「平凡に生きたい」という若者には、「それが実は、一番難しいのだよ」と忠告したい。

自然は豊かな恵みを与えてくれますが、身勝手で残酷でもある。そこに生きる我々は、謙虚さを忘れてはなりません。

「ともに生きる」という営みはとても大切です。一人の力は限られますから、皆で力を合わせることが欠かせません。

人の一生にはいろんなことがあるでしょうが、修行の道であるという気持ちを持ち続けて生きることが大切。

人間は「今」がいつも終わりだ、「今」に生きるのだという意識が大切だ。「明日」があると思った瞬間から、心は滅びはじめる。

どう生きるかは自分の考え方ひとつ。逆境に陥った時こそ、様々な知識を得ようと謙虚になれる。それが、成長につながる大きな吸引力になる。

人生はシンプル、複雑に考えてはダメ。今を一生懸命に生きる。これに尽きる。

リーダーを目指す人は、日々を大切に生きる気迫がなければならない。夢をつねにもち、ロマンのある人物になりたいと思うこと。

自由とは好きなように生きる権利ではなく、自分の可能性を実現するためにはいかに生きるべきかを知る権利である。

生きる喜びに従え。そうすれば壁しかなかったところに世界は扉を開いてくれる。

毎日を「自分の将来のために大切な一日」、「生きているというだけで特別な日」だと考えれば、どれだけ生産的でエネルギッシュになれるか驚くことだろう。

私は、舞台上の一秒に執念を燃やして生きています。そうすることで、舞台外での一秒一秒もとても大切に思えてきます。

生きることの意味は成長にある。人生には成長の証がなければならない。

余計な思考を限りなくシンプルに削り、本質を見出せば人はもっとラクに生きることができる。

生きるとは弱い内面と向き合うこと。

夢は楽しく生きるために持たざるを得ないもの。

私の生き方そのものは、今も現役当時も変わりません。常に理想を掲げる。過去を振り返らず、未来を見つめて、今をひたむきに生きる。

歯を食いしばって頑張った先に人間としての成長がある。それが生きるということ。

ビジョンだけでは仕事にならない。ビジョンは具体的な計画ができてこそ生きるのだ。

努力も健康も運さえも、強く生きる哲学がつくってくれるもの。

人生は冒険、仕事も冒険、そして生きるのも冒険。

グローバル・ニッチ・トップを目指そう。それが当社の生きる道なのだ。

ホテルの運営は、人を作る製造業だと思っています。自分も含めて、熱く生きる人を作るのです。

永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ。

一日が一生、と思って生きる。

「何のために生きるのか」「人生をどう生きたいのか」について答えを出せている人は、聞き手を魅了し、共感させる。

過去でも未来でもなく、いまここに全力で生きる。そのような心の持ち方が人生を変える。

生きるために食べるべきであり、食べるために生きてはならない。

死の観念は我々を欺く。それは、我々をして生きることを忘れしめるからである。

欲望は満たされないことが自然であり、多くの者はそれを満たすためのみで生きる。

他人に対しても自分に対しても親切であること。人の生きるのを助け、自分自身の生きるのを助けること。これこそ真の思いやりである。

人は学歴ではなく、いかに生きるか。

厳しい環境が否応なく私を変えてくれ、生きる道を教えてくれた。

「夢と目標を持って人生を生きる」が私の信条です。夢と目標を持とう。

我々に与えられた命は次の世代の命にとって、人として何かかっこよく生きるための模範とならなければいけない。

この世に人として生を受けて生きることは誰かのために行動を起こし、役立つということ。それが人生。

課題はたくさんありました。しかし、社長を辞めたいと思ったことは一度もありません。それは、ホッピーと生きることを、自分で決断したから。

人間の一生は一回限り。人生をどう生きるか、どう死ぬかは自分次第です。

どのように生きてもかまわないが、「生きる覚悟」を持って生きてほしい。生きるとは、素晴らしく活力に満ちた奇跡の体験だ。

仕事という人生の大部分を占めるものを理解すると「何のために生きるのか」が見えてくる。

「人は何故生きるのか」「なぜ働くのか」。この生き方の本質を理解しないと、給料のためだけに働くことになってしまう。

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

人間が生きることには、常に、どんな状況でも意味がある。

欠点は恥ずべき事ではない。自分の欠点を長所に変えれば、どんな厳しい時代でも自分の生きる道を切り拓けるはずだ。

人が生きる上での思想は、若い時につくられるものです。私は、築地で4年の間に教わったことを60年間愚直にやってきました。

人生は真剣勝負の連続である。

強い信頼で結ばれた関係は、部署が変わっても生きます。そういった人が社内に増えれば、今よりもっと仕事がしやすくなるでしょう。

どうせ考えなるなら大きく考えろ。どうせ生きるなら大きく生きろ。もっと大きなディール(取引)をしなければならない。

ニッチ市場にこそ当社の技術が生きる舞台がある。工夫を重ね、ローテクに磨きをかけることで、いつまでも輝き続ける存在でありたい。

人生で一番大切なことは、今を生きること。若い人で老後のことを考えるなんてナンセンス。

エンターテインメントには娯楽性も大切です。しかし、作品を通じて命や生きることを真剣に問う姿勢も忘れてはなりません。

苦労したり悲しんだりもする。でもどう生きるかってことを突き詰めていけば、意味のあることができるのじゃないかな。

誰かのために生きなさい。この世に人として生を受けて生きることは、誰かのために行動を起こし、役立つということです。

我々に与えられた命は次の世代の命にとって、人として何かかっこよく生きるための模範とならなければいけない。

お金に関しては、資本主義の社会の中で生きる上では言葉を覚えるのと同じように、メカニズムを知りリテラシーを持つことはいたって当然の話です。

働くことと生きることのバランスをもっとしっかり考えるべきです。会社に長くいることが働くことだと思っているから、日本のホワイトカラーの生産性は先進国で最も低い。

自分の人生を生きることは今の職場では無理だと感じたら、他の職場に移ることも考えるべきだと私は思います。意に沿わない職場で仕事を続けるべきだとは思いません。

僕は、「一所懸命」が大事だと思っているので、目の前のことに命を懸けながら生きてきました。

人が立派か立派でないかは、持って生まれた才能よりもむしろ、体験によって決まると思います。私もビデオ事業部長時代、大変な赤字を出しましたが、あのときの体験は今に生きています。

清く豊かに生きることは可能であるというより、そうあらねばならない。世の中とはそういうものだと思います。投資活動も「清く豊かに」を実践する企業に投資をすることでリターンが得られるのです同一それは社会をよくする企業を応援することで豊かになることであり、ギャンブルとはまったく異質のものなのです。

よく生きられた生涯は、たとえ短いものであっても、人々の追憶の中に再びその生涯を生きるだろう。

生きるための職業は、魂の生活と一致するものを選ぶことを第一にする。

質素勤倹の美徳を発揮し、報公の志を厚くせよ。家業を専一として、いたずらに名を衒(てら)うの念を起こしてはならない。

生きることの本義は簡素、自由、公共善にあり。

我々は自由に生きることを選択する。

永遠の命と思って夢を持ち、今日限りの命と思って生きるんだ。

私は、「美しく生きる」ということをモットーにしています。外見も中身もそうですが、美しいことというのは尊いことだと思って、美容の仕事をしています。

1分間気づきを保って「今ここ」を生きられれば、1分間安らぎとともに生きられる。
1年間気づきを保って生きられれば、1年間幸せに生きられる。

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。

苦境に立たされても動じず、むしろそれを好機ととらえられるようになったら、そのときはもう何が起ころうとビクビクすることばない。

生きることを止める土壇場になって、生きることを始めるのでは、時すでに遅しではないか。

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

一回きりの人生をどう生きるか。その命題はなにも宇宙にまでいかなくても向き合えることです。人生の節目に立ち止まり、これまでの人生や残りの生活を見つめ直す時間を持つだけでいい。身近な人の死からも、自分なりの死生観や、ひいては人生の意味を見出すことができるでしょう。

日常の中で立ち止まる時間をつくって、先のことを考える。そのちょっとした習慣に充実した人生を生きることができるか、それとも流されて終わるかがかかっています。そして、真の意味でリッチな人生を送るには、まずは目標を見つけることです。これは間違いなく必要だし、真実です。

私は効率的な時間の使い方というものを考えたことがありません。効率を考えてギスギス生きるより、無駄な時間を過ごしているほうが人生は楽しい。私はそう思っています。

仕事で結果をだし高収入を得ている人ほど現状に満足することなく、次のステージの準備を怠っていません。彼らは仕事の主導権は会社ではなく自分にあると考えます。大事なのは仕事をたくさんこなし会社に認められることではなく、自分の人生を生きることです。効率的な時間の使い方というのは、夢を実現するためにこそ必要なのです。

僕は走っていることが面白くて仕方がありません。煩悩を我慢するのではなく、小さな煩悩よりも、もっと快感が得られるものに出会うことができました。自分の価値観を転換して、もっと面白いものへと移っていくからこそ、こうやって楽しく続けられるのです。雑多な日常を忘れて、無我夢中で走っていると、生きるのに最低限必要なものがわかります。まず空気と水。それと食糧、睡眠、休憩といったものが残り、とりあえずカネとか肩書きなんて必要なくなります。

私の人生、暗かったといえば暗かった。努力してもそれが報いられて、理想の生活を実現できればいいが、7割は思うように行かないことがあると思います。それでも食べることも生きることも、真剣に飽きずにやってきたからこそ、この消費不況の中で元気スーパーの代表選手と言われるまでになったと思っています。

人間の業は、しょうがないものでございますよ。もうこれでいいということがないんです。人の欲望は尽きないものです。我慢して我慢しきれるものではありません。あれを食べたい、これが欲しい、これをやらずに死んでたまるかというのは、人の生きる力そのものです。脳外科の偉い先生も言っていますよ。そういう意欲が萎えた途端に人の体は弱ってしまうんだと。

本来、夢を持つのは悪いことではなく、むしろ夢があることで、人は前向きに生きることができるはずです。ただし、根拠のない自信家タイプの人間は、夢が破れて不能感を味わうことを恐れているため、本音のところでは夢を実現させるつもりがありません。このタイプは夢のままの状態を心地よく感じて、現実の社会に降りてこないのです。これを直すには、曖昧な夢を現実的な目標に置き換え、さらに綿密な行動計画を立てることが必要です。

私自身、記者だった時代は、取材で海外を飛び回りたいという夢を持っていました。そして経営者となったいまは、とにかくフジテレビを夢のある会社にしたいと思っています。夢があれば、生きる中で困難にぶつかっても、乗り越えていけます。夢さえあれば、たとえ年老いて、体は衰えても、心の若さを自ら作り出していけるのです。命のある限り、夢はこどかに存在するはずですから。

40歳くらいのとき、仕事で壁にぶつかり、思うように周りから評価もされず、非常に迷っていた時期があります。かの孔子は「四十にして惑わず」と述べていますが、凡人にとっては、なかなかそうはいきません。逆境にあって、人生とは何か、生きるとは何かを真剣に考えさせられました。

人は他人のために生きるのではなく、自分の意思で生きていることを忘れてはいけません。しかし同時に、己の自律を大事にするということは、すなわち他人も大事にするということなのです。人間は集団生活を営むことが大前提の生き物ですから、好き勝手やっていいということはありません。

現代に生きる私たちの幸せは、(家族愛を含めた)恋愛と戦いに集約される。この結論に到達したのは、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)映画学部で脚本制作に格闘していたときでした。恋愛と戦いは生きる活力ともいえます。これからも、ビジネスでは挑戦し続け、同時にプライベートの時間を大切にしていきたいと思います。

知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に 何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です

中国古典は自分自身を深く知るためのヒントとなってくれるものです。自分自身のことがわかる、つまり自得こそ、あらゆる行動の前提です。自分がわからなければ、いかに生きるべきかもわかるはずがありません。

ページの先頭へ