投資の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは「投資」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。

投資の名言 一覧

1 / 11

チャンスを待つ忍耐力と同時に、勝機が到来したら、迷わず投資する決断力も重要。


名投資家に共通するのが「不況こそがチャンス」「周りが悲観的になっているときが買い時」という発想。


不況で縮こまって節約ばかりしてると、自分に何の力も蓄えられませんよ。今年は自己投資にカネをかけましょう。


経費削減はバンバンやってますよ。バンバン。最小限の投資で最大限の利益を生み出すのが商売の鉄則。経費を削減するのは当たり前の話。もう、バンバン削ってます。


富裕層の特徴の一つに、負けても「大負けしない」ということがある。痛手が小さいうちなら、敗者復活しやすい。だから、投資する際はリスク管理に細心の注意を払う。


「リスク=危険」と思いがちですが、金融の世界におけるリスクとは、投資した結果得られるリターンの幅の可能性、つまり不確実性のこと。プラスもマイナスも両方あり、単に避けるべきものではありません。


お金は、命の次に大切なものともいわれます。投資をするか、しないか。何に投資するか。将来を思い描いて、自分の頭で考えることが大事。



40代、50代のうちから投資になじんでおくことも重要。退職時に、投資の経験やノウハウを持っているか、いないかで、その後に大きな差がつく。


株式投資にリスクは付き物だ。だからこそ、良好なリターンを得られる。株に長期投資すれば、必ずリターンは他の資産を上回る。


グローバルに分散投資すべきだ。全ての投資家にそう推奨する。


投資先だってどこでもいいわけではない。きちんと投資家さんに対しても、投資先に対しても透明性を持って説明できる責任を持たなければならない。


どんな投資でも同じだが、過度なリスク負担は禁物。


リターンが期待できる投資に、資金を集中させる。この哲学こそが、資産形成の鉄則。


「マスコミはこう言っているけど本当かな?」と疑うことができる人が投資にも勝つ。


投資で買うべき株とは、要するに「儲ける仕組みを持っている企業の株」です。そこに注目して情報を集めるのは好奇心がなければできない。


マーケットが過剰反応して大きく売り込まれたときは、長期投資家にとっては「ゴキゲンの買い仕込み」となる。


我々長期投資家はマーケットの動向など軽く横から眺めるぐらいにしておこう。それよりも、世界経済は何があっても成長しているということを常に念頭に置いておくことだ。


皆さん一人一人が家計を運営する経営者としての自覚を持ちましょう。投資成功のために圧倒的な知識を身に付けましょう。


投資で失敗した人の多くは勉強不足。目標とする投資家の本を読み、講演を聞いたほうがいい。受験勉強に比べれば楽なもの。


男性はエゴに気をつけること。プライドが邪魔して、知らないことについて素直に聞けないとか、それでは投資の腕は磨けない。



まず授業料を支払う。お金を失ってばかりいる気分になるかもしれないが、そうやって教育に投資すれば、最後には勝てるようになる。


本来、投資は未来を創ること。投資することで「どういう社会を創ろうか」と夢や意欲が出てくる。これは事業家が事業を展開することとまったく同じこと。


投資でも起業でも、人と同じことをしていたら駄目。誰も目を向けていない所に一歩踏み出さないと、稼げるようにはなれない。


当社は、順当な投資判断で事業を広げてきた。


私の場合、投資では若いころから激しい浮き沈みを体験しました。そのことが、物事を多面的に見る目を養ったように思います。


投資家が最も重要視するのは、起業家の人としての魅力。


個人投資家に伝える内容は明確なビジョンとその達成手段、そして実現可能性。極論すると資料は、それを伝えるきっかけであればいい。


投資とは所詮リスクを取ること。そして今や、リスクフリー(無し)の投資媒体などない。


結局「投資」とは、自らリスクを取って、市場に突入していく以外にすべはない。


儲ける人は皆が注目しない時期に水面下で投資を始め、皆が注目する頃には利益確定を始める。


投資において時間を味方に付けることは鉄則の一つ。若い方たちこそ、長期運用のメリットに目を向けていただきたい。


投資にフリーランチはない。リスクが低いと喧伝されている投資には手を出してはならない。


投資家は現実と向き合わなければならない。市場がもたらすものをコントロールすることはできず、付き合っていくしかない。


自力で学ぶことなく投資をしてはダメだ。


投資を始める前に、しっかりと貯蓄しておくことが肝心。


自分が投資したいと考えた時がやり時。一つだけアドバイスするならば、投資すると決めたからにはしっかり勉強する必要がある。


ビジョンのある人々は問題や投資の本質を見通す能力を身につける。彼らは視界の良さを重んじるのだ。


頑張っている会社の、頑張っている経営者を、投資によって応援すること。それが投資の神髄。


投資するなら自分がよくわかっているものを選ぶこと。他人が持ちかける耳よりな話を鵜呑みにすると、おそらく損をする。


秘訣というほどのことはありません。安いときに買っておいて、高くなったら売る。投資の基本を忠実に実践しているだけのことです。


現在の業績はあくまで過去の投資の結果。未来は別物だと考えたほうがいい。


株式投資を短期間で儲ける手段だと思い込んでいる人が世の中には多すぎる。


底値や天井を狙ってマーケットを追いかけると、逆に引きずり込まれて本来の投資ができなくなる。


「理想の未来を築くのに、なくてはならない会社であるかどうか」――これこそが、投資するかどうかの一番重要な条件。


グローバル時代には志と徳を持った人材に、ものすごく富が集まってくる。そんな人材のいる会社なら、何十億投資したって惜しくない。


「たくさん小さく試す」「当たったら集中投資する」。この両方の発想ができないとダメ。


投資は力仕事ではない。人一倍、読み、考えなくてはいけない。


景気で業績が良くなるような会社や事業は、同じように景気で悪くなります。私は淡々と長く伸び続けるところしか投資しません。


何もしないことが一番賢明という場合が時としてある。類いまれな成功を収めた投資家たちは、実は大半の時間をなにもせずに過ごしている。


何に投資すればいいかという質問を絶えず受けるが、私の答えはいつも同じである。誰の言うことも信じてはいけない。あなた自身がよく知っているものだけに投資するのが成功への道だ、と。


常に株券ではなく、ビジネスを買うという投資姿勢が必要です。


儲かるから投資をするという投資家ばかりでは、日本はよくならない。資金があるなら、もっと必要とされている産業に資金を注入した方がいい。


お金をかけて投資して、具体的なアクションを起こさないと変化は訪れない。


結局、事業の成功は「誰がやるか」にかかっています。その次に「どの場所に身を置くか」ということ。これまで100社近い企業に投資しましたが、ビジネスモデルにかけたケースはすべて失敗しました。


株式投資を始めたら「小さく、ゆっくり、長く」やることですね。小さくの目安は、自分にとってドキドキ、ハラハラしない金額と考えるとよいでしょう。


本当に儲けたい人は長期的な展望で投資するべきです。伸びる会社の株は値上がりするので、よい会社を見つける方が、株価を予想するよりも簡単なのです。


投資で成功するために自分を知ることは不可欠。


投資は「習うより慣れろ」。まずは始めてみることです。


「好きこそものの上手なれ」で、自分の興味や関心に近い投資をした方が情報を集めやすいし、また勉強を続けやすい。


株式投資には、初心者が陥りやすい落とし穴がいくつかあります。その最たるものが、他人の意見を鵜呑みにして、自分が知らない会社の株を買うことです。


数字だけで物事を判断するのは稟議書投資が中心の機関投資家。彼らには決算だけでも事足りるでしょう。しかし会社は機械ではなく生き物。日々の業務姿勢や世相の動向、そして発表されるプレスの行間を読み解く技術を磨くことは、機関投資家の一歩先を歩んで「谷間のゆり」のようにひっそりとしているものの着実に咲き始めた銘柄を見つけるコツだと思います。


最近感じるのは「岡目八目投資法」と「直撃投資法」の違い。決算をアレコレいじりまくり、チャートをあれこれといじりまくり、それでも企業取材をしない市場関係者の多さ。傍らでアレコレ詮索するくらいなら、直撃すればいいと思うのにそうしないもの。逆に、企業側の声を間いてから決算やチャートを眺めると、どんなに頑張っても見えなかったものが見えてくる気がします。この差は結構大きいのではないでしょうか。


ネットで紙芝居を力チャカチャやるだけで儲けようという姿勢はやめましょう。決算短信とスクリーニングだけでの投資は脱却しましょう。それらは単にひとつの要素に過ぎません。企業には必ず伝えたいメッセージがある。訴えたいことがある。これを知って行う投資がこれからは必要になってくるに違いありません。だから「足で稼ぐ」というキーワードテーマにするべきでしょう。


投資マネーが生きるか死ぬかという課題で常に動いているのが相場。それを綺麗ごとや断片的な些細な事象で片付けようとするから無理が生じるのでしょうし、なかなか成功することが出来ないでしょう。そして株式相場を恨んで遠ざかっていくという悲しい事態に遭遇することになります。「自分の目で見て自分の足で立つ」ことこそこれからの株式投資には必要です。


努力を少しづつでも高めていけばいつか必ず記憶に残る銘柄やファンとなれる企業にめぐり合える筈。これが実は株式投資の本質の一部でもあるのです。


応援したい企業を選び、「上がったらよし。下がってもよしの株価かな」と思っています。売りは考えない長期投資だから、目先の株価は関係ない。


万が一の安心代として現預金を持っていますが、あとは投資に費やしています。こうすれば、お金を働かすことができる。家を買わない一番の理由も、お金を働かせられないからです。


収益を生む仕組み(資産)を作れば後から自然に収入が生まれる。お金持ちは、最終的に儲けられる仕組みやビジネスを選択します。不動産投資はそのいい例。


どんなものであれ、投資の哲学なんて単純です。割安なものを買わなくては、絶対に成功しないのですから。


個人投資家としては、「出遅れた」と思い込んで焦って動かないことが肝要だ。まずはじっくりと企業業績を調べ上げ、「いざ出陣」に備えるべきだろう。


長期の個人投資家が持つ、プロも羨む最大の武器。それは「時間」だ。ヘッジファンドのような決算期がないことのアドバンテージをフルに活用しよう。


どのようなものかよく分かっていて、「これなら大丈夫」と確信が持てるものだけに投資すべきだ。それができなければ、銀行に預金した方がいい。資産を失うのは、他人の意見に従った時だからだ。


自己中心的な人は不動産投資に向かない。業者も横柄なオーナーには優良物件の紹介や空室対策でひと肌脱こうとは思わないはず。


投資家として成功したいなら、一番興味のある投資対象を見つけること。お金を入れる投資対象に興味があり、その投資が大好きであることが必要条件。そうでないと長続きしないから。


お金にうまく働いてもらうということは、有望な投資先に資金を投じるということ。


大切なのは儲かった取引、損した取引でもあっても、必ずその「理由」を考えること。やったことの意味を振り返ることで、投資に対する感覚も研ぎ澄まされる。


投資と水泳は似ている。本を読んで知識を付けても、それだけでは泳げるようになりません。体験することが大事で、それも早ければ早いほどいい。投資も似ています。


歴史が教えてくれるのは、実はリーマンショックのときもそうだったけど、過剰反応してはいけない。選択と集中をきかせながら投資することが大事。


知識で理論武装すればいいかといえば、考え過ぎて結局何もできずに終わる人たちも多い。知識の量と投資パフォーマンスが比例するなら、大学教授が一番儲かるはずだ。


投資をやっていると、歩みを止めることはできません。常にもっと多くのことを学ぼうとし続けなければならないのです。


新聞に良いニュースが出たからといって、寄り付きで飛び付いても、安いうちに買えるとは限らない。他の投資家よりもほんの少し前に気が付かなければ意味がない。


投資に絶対はありません。利益が出るか、損失を被るかは、いわば確率論。確率を上げる一つの方法は、「分子を増やす」こと。つまり、数多くの経験を積んでいくこと。


目的をはっきりさせて、その実現に最適な商品を選ぶことで自然と分散投資が実現できる。


マーケットでは特に、多数派を疑うことが大切だ。多くの投資家は正しく考えることができていない。ブル(強気)ばかりを見て、ベア(弱気)を無視してしまうのだ。


不動産投資は複雑だ。値上がりによる売却益を期待しても、大した利益は得られない。不動産投資は、何らかの事業の一環ではないとうまくいかない。


人々は自分の資産を守ろうとすることはできるし、そう努力すべきだ。その際には、多くの異なる資産に分散投資することが求められる。


私は様々な人から投資の上達法について聞かれます。答えは「投資を続けること」です。


投資を始めるなら小さくコツコツと。人生は長いのですから、「待つのも投資」と考えることも必要です。


「株式に長期投資すれば必ず報われる」といった甘言に惑わされてはならない。


一代で財を成した人たちに共通しているのは、自分の特質をよく知っていることだと思います。自分の特質を知っている人は、それが活きるところでビジネスや投資をします。特質の活きるところに注力すれば結果が出やすく、お金もついてくるのです。


私は常に、投資で成功したければ学や歴史を学ぶべきだといってきました。いつの時代も根本的な部分で世界には何も新しいことなど起こっていません。過去に成功しえなかった政策というものは、時をおいてもうまくいった試しがないのです。


投資をする上で大切なのは自分なりのディシプリン(規律)を持つこと。それをきちんと実行していれば、おのずと満足度も高まると思います。


人生も仕事も投資も、10年単位の視座を持つ必要がある。


投資家は我慢を知らなければならない。しっかり勉強した上で、投資するか、高過ぎるから買わないのかを決断しないといけない。


気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ