失敗の名言

このページは「失敗」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗の名言 一覧

1 / 3123

失敗は本当に多くの情報を提供してくれ、将来多くの成功を生み出す可能性を有している。

失敗はダメじゃないんだ。失敗してこそ自分が見えてくるんだ。

「失敗」と書いて「成長」と読む。

僕はいつもシンプルに物事を考え、決断してきた。ごちゃごちゃ余計なことを考えるから、失敗しちゃうんだ。シンプルに本質に迫ることは解決への近道。

自分で情報収集ができることも大事。情報量の少ない投資先では失敗する。

多くの人は、無理だと思うことには挑戦しない。でも、挑戦する勇気が必要。失敗は次のアクションを改善するために必要不可欠なもの。

20~30代は、とにかく失敗することが大切。その中で省いてもよいムダと、継続すべきムダの判断基準が構築され、自分なりの段取りの技術が確立する。

私の信条は「やったあとで反省する」。失敗は必ず、原因を考える機会をくれるので、恐れず失敗をすることが重要。

たしかに、NGは「OK」ではないから、「ノーグッド」です。でも、「OK」になるためのNGだから。失敗と言えば、失敗かもしれないけど、こだわって落ち込んでへこんでいるヒマはないですよね。

私はあまり引きずらないというか、「引きずらないように努力する」というほうが正確でしょうか。失敗をできるだけ早く忘れるようにしているんです。これは昔からそうですね。

日本は減点法が根づいているから失敗もしないし挑戦もしない。失敗を怖れず挑戦しなきゃ。失敗は、ものづくりの仕事の基本だよ。

勝負に失敗はつきもの。エステ機器販売で失敗したあと、日雇いバイトで借金を返しつつ、次のチャンスを探った。

ワタミがトップブランドとして20年近くやってこれたのも、ひとつひとつの失敗、逆境の中から、生き残っていくための新しいノウハウが生まれていったから。

お金持ちの強みは、トラブルに強いだけでなく、そこから学べることです。トラブルや失敗の経験をプラスにしていく。

頭のいい人というのは、物事を予想できる人のこと。そうなるにはたくさん失敗しなければならない。

失敗する確率が高そうな仕事でも、過去の事例をヒントにすれば、きっと打開策が見つかるはず。まずはそう信じて自分の体を動かすことが、最初の一歩。

これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。

日本人は失敗に弱いと言われています。克服する方法は1つ。失敗経験をたくさん積むこと。ポイントは、失敗してもいい環境で失敗経験を積むこと。

会社での失敗を「個人的な失敗」と捉えずに、「上司や周りも責任を負うもの」と考えましょう。失敗で思い悩んだら、最後は「これで死ぬわけじゃない」と考えればいいのです。

人間の脳が一番活性化するのは想定外のことが起きたとき。色んなことに挑戦し続け、想定外のことに直面し、失敗も重ねる。そうすると、徐々に勘が働くようになる。

好きな仕事に就くことが大事なのでなく、就いた仕事を楽しむ努力をしましょう。その上で失敗しても悩まず、次のチャンスを狙うんです。

うまくいかない時、失敗した時、悩んではダメだけど、その原因を論理的に考えることは必要。反省できない人間は、次のステップには進めない。

良い環境だったら、むしろ失敗していたかもしれない。

いま自分のことを簡単に「負け組だ」と言う人が増えている。それじゃダメ。やりたいことをやるためには、失敗や挫折を怖れず、根拠がなくてもいいから自信を持つべきだ。

大失敗して成果がゼロでは困りますよ。でも、すべてを完璧にやろうなどと考えるからプレッシャーやストレスが生まれる。

僕にとって、トライしないことは失敗と同じ。どうせなら前のめりに倒れたい。

失敗経験をいかに次の糧にできるかが大切。そこで得た教訓を生かして、さらに高いパフォーマンスができるよう成長するか。

大学時代には、社会で許されない失敗をしないための練習機会がある。

どうしたって失敗は批判され、落ち込みます。社会へ出る前の段階で、負けない抵抗力を鍛えておくことは大切。

わざわざ失敗を体験しないまでも、「失敗することもある」という人生の前提は、早いうちに自分の中につくったほうがいい。

成功体験を持っている人にそれを捨てろと言っても、なかなか捨てられない。今の日本のしんどさの原因は、「成功が失敗の母」になってしまっているからだと思います。

失敗するのは当たり前。失敗を積んでいくうちに、人はだんだんと賢くなっていく。そもそも人生は、失敗の連続。僕もたくさん失敗してきた。

失敗は経験の中でも最も素晴らしいもの。どんどん失敗すればいい。失敗の回数と大きさが、ものすごく人を育てる。

とてつもなく稼ぐ人は、幾多の失敗に向き合い、素直な気持ちで謝罪し、大きな信頼を得て、今の成功を掴んでいる。

誰もやっていなかったことだったので、「成功も失敗もない」って思えたんです。まず経験してみようと。
【覚え書き|アメリカ行きを決断したときを振り返って】

お金を払ってプロに相談するという発想が日本人にはあまりないが、創業期のミスが将来の失敗につながらないためには重要なこと。

失敗した時ほど、マイナスをプラスに転じるように頭を切り替えることが何よりも大事。

どんな名経営者でも、必ず失敗している。失敗から何を得るかが大事。

大事なのは、アウトプット(実践)の回数を重ねること。そうする中で失敗も経験するでしょうが、そこから学んで次につなげられることはたくさんある。

チャレンジは10やれば9つは失敗する。肝心なのはその失敗の見極めを早くして1つの成功事例を育てていくこと。

失敗しても大したことない。それこそ死ぬわけじゃないし、笑い飛ばせばいいだけで。

失敗すること自体は悪いことではありません。重要なのは、どうリスクを抑えた失敗が出来るかです。

新しい発想を得るための方法は3つ。

  1. 必ず共感から始める。つまり、何事も否定から入らずにアイデアを拡大していく。
  2. もっと実験していく。失敗を機会と捉える。
  3. 社内に眠っているアイデアを活用する。

部下が何度も同じ失敗をするときは、部下の話をじっくり聞いて、根本原因を探るべき。

第一希望のやりたい仕事でなくても、失敗をくり返しても、苦労して汗水を垂らした時間は血肉になって残っていくはず。

失敗を怖れ、「失敗をしないようにうまくやろう」なんて思っていると、結局は世の中がわかんないままで終わってしまう。

また失敗もするかもしれないけど、いろんな失敗をして、いろいろと痛めつけられて、それでしか身につかないことってあるんです、きっと。

失敗することで、自分のダメな部分に気づく。失敗することで、人の優しさが身にしみる。

成功の反対は失敗と思うかもしれませんが、本当は何もやらないことです。始めなければ成功も失敗も生まれません。

失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 3123

ページの先頭へ