夢の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の名言 一覧

夢は追っているだけではダメ。責任を持った大人というのは、現実を見ながら、夢を語れる人だと思う。

成長の欲求はある種の競争力を生みますが、いずれ限界がくる。しかし、夢や世界観に終わりはない。

不透明な社会情勢の中で、誰もが未来への光を見いだせない。目標や夢なくして、未来を想像できるだろうか。私たちにとって、今求められているのは明るさであり、将来の希望である。

夢なんて恥ずかしくて人前で言えません。着実に達成可能な目標を持つだけです。

モットーは夢現力と試行力。夢を描き、それを現実にするために挑戦していく。そうしたスタイルはこれからも決して変わりません。

好きな言葉は「夢はでっかく焦らずに」。僕のでっかい夢とは、いまも映画を作ることです。

将来の夢はぼんやりとでも持つべきですが、何十年も先の目標は、具体的に書きにくい。書き出すのは3年後の目標からでOKです。

夢が魔法のように実現するといった幻想は、あなたをどこにも運んではくれない。

コツコツと目の前の小さな目標をクリアしていくことでしか、大きな目標、つまり「夢」をかなえることなんてできない。

夢現力と試行力。夢を持ち、現実にするためにどんなことにも挑戦していく。それが私の基本スタイル。

成功している方々には必ず哲学があって、夢を実現するために努力を惜しまない。私たちも尊敬する方々の背中を見て、常に努力し、自分を磨き続けることができるようになりたい。

人生こうあるべきじゃないかと深刻に考えるよりも、夢中になっているお魚をひたすら書いたり、調べたりすることのほうが自分には自然でした。

会社がチャレンジして現地の社員も含めて夢を共有していくことが必要。国内外にいる社員が燃えていく。その燃える油を染み込ませていかないと会社の活力は生まれてこない。

夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。

夢を持っているか? 自信を持とう。君なら必ず夢を叶えられる。

「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。「いつか」やりたいことならば、「いま」それをやろう。

経営者の最も重要な仕事は、夢を語ること。経営者の描く夢が、多くの笑顔を生む夢であればあるほど、その夢は必ずかなう。

私もまだまだ道半ば。多くの笑顔のために、夢に向かって仲間と共に、圧倒的な努力を続けていきたい。

絶対に夢を諦めない信念が必要だ。失敗は諦めた時に初めて失敗になる。諦めなければ、夢に向かって努力し続けている最中といえる。

夢を持ち、それを達成する楽しさを味わって欲しい。折角の人生なのですから。

具体的な目標を掲げ、それに向かって鍛錬を続けていけば、夢は必ず叶う。

モチベーションとはすなわち「夢」。夢があるから、人はそこに向かって近づこうと頑張るもの。

夢を本気で欲しがって、死に物狂いの努力をすれば道は開ける。

夢を人に語ると叶えないと格好悪い。ノートに書いても自己満足で終わったら意味がない。

危機感は自分の夢を実現させるための目的意識とも言い換えられる。危機感があるからトコトンまで頑張れる。いつかやるじゃなくて、いまやる。

苦しい時期を乗り越えられたのは、夢を語り、みんなで夢を共有してきたから。

もっとサッカーがうまくなりたい。その夢があるから、毎日、目標を積み重ねながら、現役プレイヤーとして挑戦し続けることができている。

目標を立てて、夢を追いかけて成長するのに年齢は関係ない。

僕にとって、夢は生きるための原動力。だから、同年代の皆さんには、どんなことでもいいので、夢を持ち続けてほしい。

日々の目標に向かって努力する先に、夢の実現があると思います。今日を頑張り抜く、今日を乗り越えていくことしか考えていません。

青春、夢を見ることをやめたとき、我々の若さがなくなる。そして未来はなくなる。

私は「逆境の中にこそ夢がある」と思って仕事をしてきた。

リーダーは逆境の中で夢を語ることが大切。暗いトンネルを進んでいくわけですから、その先に夢がなければいけない。

「社員がワクワクして躍動し、夢と活力に満ちた会社」を将来にわたって追求し続けること、これは当社が考える成長の土壌。

人間が幸福や成功を実現するために一番大事な力は、無我夢中になれるかどうか。

僕自身が漫画家になる夢を果たし、ここまで走り続けることができたのは、日々目の前のことを一生懸命やってきたことに尽きる。

どういう会社になりたいか、どういう人材で会社を構成したいか。その夢を描き、実現させることが、経営者の最も重要な役割。

5年、10年先のあるべき自分の姿、夢、ビジョンをしっかりと持つことも大切。そうすれば、自然とそちらの方向に進んでいく。

とにかく夢中になること。人間、夢中になると進化する。夢中になると、一所懸命考えるんです。

楽ばかりでは長い目で見て、プラスにはなりません。常に夢を持ちながら、障害を乗り越えていただきたい。

一番大事なのは、夢を語れる人、つまりビジョンを示せる人。そして、みんなをその気にさせることができる人。

ノートの書き方に特にルールはありません。自分の夢ややりたいことを書きなぐっているだけ。手で書く作業が脳の交通整理になる。

未来に対する夢を持つ。この夢と希望があれば、現状がどんなにつらくても、超えることは可能。

時間は夢を裏切らない、夢もまた時間を裏切ってはならない。

実現までの工程表が必要です。漠然とした夢は、いつまでたっても遥か彼方の夢のままです。

夢はなにも一つの方法でしか達成できないということはありません。富士山の頂上に登るのに、正式なルートにこだわる必要はない。

「夢見る力」を忘れないでほしい。

自分が何になりたいのか、どこまでの成績を残したいのか、夢に出てくるぐらいの強い願望は必須。

単なる夢ではダメだ。願望を成就するためには、夢を「志」と呼ぶ強い決意にし、それを常時自分自身に言い聞かせるだけでなく、機会あるごとに他人にも堂々と述べるべきだ。

何かを成就するためには志や夢、成し遂げたいものがあるからこそ頑張ることができる。それがはっきりすればさらに頑張れる。

従業員にいかに大きな夢を見せられるかが重要だ。

揺らぐことのない野心と希望さえあれば、夢は実現する。

夢は必ず実現するということを信じて、残された日々を過ごしていきたい。

夢は多くの人が楽しめたり、喜んでくれることのほうが叶いやすい。

経営者は、右手にロマン、左手にリアリズムを持つべきだ。苦しい状況でも、夢があれば頑張れる。他方で、現実的な厳しい手も打つ。

偉い人は死ぬまで夢に向かって挑戦し続けたようだ。私もそうしたい。

準備していれば、本当の夢を実現するチャンスが巡ってくる。

具体的な夢がなかったら、仮置きでもいい。人間は怠け者ですから、何か目的を設けないと動けない。

強くギラギラ持つのも夢だけれど、淡くぼんやり持ち続けるのもまた夢です。でも夢を持たなければ何も変わりません。

どんな形であれ夢があることで、人生は豊かな方に転がる。

大将は夢を見る。理想を語るそれを社員にやってくれと頼んだらいい。理想が語れない大将のもとに、誰が集まってきますか。

リーダーは、夢を語り、大きな目標を設定することが何より重要です。そのために理論武装をしっかり行い、メンバーを説得する必要もあります。

非常に高い志や夢は、どこの国の人の心をも揺さぶる。

私は夢までのプロセスも楽しんでいます。もちろん達成しようと努力をしていますが、できなくても満足してこの世を去れるでしょうね。

夢の実現に動き、周囲に夢を語ると応援してくれる人が現れます。

妄想は「思う」だけ。夢は「行動」を伴うもの。

アクションは最高のメッセージであり、人に語ると夢は成長する。

私は夢はあった方がいいと思う。単純に人生が楽しくなりますから。夢は毎日を生き生きと過ごすための最高の特効薬。

努力も挑戦もしないで、街を歩いていたら突然スカウトされるなんてことを夢見ている女のコもいます。そんなことはまずない。

自分の夢や思いが強ければ強いほど、自然と導かれてそれが具現化していく。

一人で見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。

一人で見る夢はただの夢だが、みんなで見る夢は現実になる。

夢を見ることをやめたとき、我々の若さがなくなる。そして未来はなくなる。

社員に夢を現実のものとして考えてもらうためには結果を出すしかない。

お金もない、名前もない中でのスタート。自分にあるのは夢だけだった。

伸びる人は、やはり夢とか目標を持って、こつこつ努力している。

理想を持つと持たない、夢を持つと持たないでは全然違う。

将来に向かって夢や活力を持っていないと、やっていけませんよ。

世の中が最悪の状況だからこそ、後は良くなるだけと思い、夢だった独立に踏み切った。

トップが夢を語り、それを全員で共有する。「夢見る力」で目標へと向かうことで、エネルギーが湧き上がってくる。

僕は自分の意見をはっきり言いたいし、夢だって臆せずに語りたい。

その歳に応じた夢を持ち続けることが大事。

会社には夢がないといけない。ダメな会社ほど夢がない。夢がなくて、昔のことばっかり考えている。

夢を持つと、一段上の目線を持てるようになる。

夢があれば、前に進む力が生まれる。

夢と目標を持ち仕事にやりがいを見出せれば、ひいては会社のためにつながる。

人生の夢と目標は自分しか考える人はいません。同じように会社の夢と目標は社長が骨子を作らなくてはなりません。

私の使命はスタッフに企業理念とビジョンを深く浸透させることです。それを怠ったらもう最初から事業の拡大を夢見てはいけないと思っています。

夢と志を持って、やってやるぞという気炎を上げて頑張ると、周囲からの応援も得られる。

自分一人のものが夢。みんなで共有できる夢が志だ。

誰にも夢がある。それはたとえ小さくともその夢がふくらみ花を咲かせ、立派に実るのを見るのは楽しい。

全ては想いから始まる。諦めず想い続けることで夢は必ず実現する。

夢の具体的なイメージを強く持ち続ける。これが夢をかなえた一番の原動力。

目をつぶると思い浮かぶくらいの現実感がないと夢は叶わない。

大きな夢を持つことが大切。その上で時代に合った変化や創造をしながら、奢らず、基本や原点を大事にすることで、企業はまた発展していく。

大切なのは周囲の人々も幸せになる夢でなければならないということ。

研究者にとって、「夢や情熱」って非常に大事だと思いますが、それ以上に大切なのは「人を思いやる心」です。それがなければ、「何を成すべきか」ということが発想しにくい。

私はひとつの痛切な願いを持っている。それは、私がこの世に住んだがゆえに、少しだけ世の中が良くなったということが認められるまで、生きたいということだ。

どんな世界であってもいい。好きなものをひとつ見つけなさい。そして、夢を失うことなく、最後まで持ち続けなさい。夢を持ち続ける限り、心も体も若さを保つことができます。

志、強ければ画も醜く、浅ければ画も俗なり。

ページの先頭へ