チャレンジ・挑戦の名言

このページは「チャレンジ・挑戦」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

チャレンジ・挑戦の名言 一覧

チャレンジ精神を発揮させるためには、失敗しても責任を追及してはいけません。チャレンジしたことを褒めてあげること。

チャレンジが特別なことだと思っている限り、いくら頑張ってもきっとうまくいかない。

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。

スピードとは先見性。世の中の少し先を行くこと、新しいことに常にチャレンジしていくこと。

失敗したから今がある。失敗したからこそ、チャレンジできた。

新しいことへのチャレンジはリスクもあります。でも知らないからやらないというわけにはいかない。

自分の目標なり志が高ければ高いほど失敗したとしても、もう1回チャレンジの舞台に戻れる。

何かと出会ったときに全身全霊で取り組み、全力でチャレンジできるように、耐えず基礎能力は鍛え続けたい。

新たなチャレンジが成長の近道。既存事業で売上を伸ばすだけでなく、新事業で成果を出すことで、成功体験につながる。

いつチャレンジャーが出てくるかもしれない。我々自身がチャレンジャーであり続けないと、どんどん追い越されてしまう。

独自の文化や思想を継続しつつ、様々なチャレンジをしていきたい。会社にその思いは植え付けられています。

80代になっても、90代になっても、生きている限り挑戦は続けますよ。チャレンジのない人生なんて、全然面白くないからね。

会社経営で大事なことはコミュミケーション、チャレンジ、コミットメントの3つの「C」。

工夫しながら、常に「右肩上がりの仕事」をすべき。昨日と同じ仕事でも「今度はこうしてみよう」とチャレンジし続けることが大事。

伸びている人は、まずしがらみにとらわれない人。自らを枠にはめないということ。そういう意味ではチャレンジ精神があるということ。

チャレンジっていうよりも、なんかいつも崖っぷちに身を置いている。いつも(崖に)ぶら下がるので必死なんです、私も。

当社の強みは「チェンジ&チャレンジ」の精神です。現状に満足せず常に挑戦者のつもりで努力してまいります。

中堅でも老舗でも、常に新しいことにチャレンジしなければ、会社は錆びついてしまう。同じことをやっていると、腐ってしまう。

上手にリスクを避けていては成長できない。新しいこと、難しいことにチャレンジして、失敗することが成長につながる。

困難な目標を、戦略を立て、短期間で達成していく姿を見せることで、社員個人のチャレンジにつなげてもらいたい。

根本にあるのは我々にしかできない、世の中にないものを創造していくチャレンジ精神。

再チャレンジを恐れず、他社から欲しいと思われる社員になれ。

チャレンジに問題はつきものだが、それを乗り越えることで仕事がもっと楽しくなる。

従来の延長線や改善も大切ですが、一番大事なのは、今までになかったことへのチャレンジです。

人のやらないことをやらないといけません。これがチャレンジ精神であり、「やってみなはれ」精神。

変化を作りだしていかないと成長は望めない。チャレンジした結果失敗しても、経営陣は覚悟して受け止めると、社員には言っています。

ヤマハらしさのひとつは独創性。我々は、業界の中で新しいカテゴリーを作るチャレンジを続けてきた。

いろんなことにチャレンジしていますが、すべてうまくいくとは思っていません。たくさんチャレンジをして、成功の確率を上げることが大事。

会社として環境の変化に対応していく、チャレンジして自らも変化していく。

競争を回避したり、新しく出て来るフレッシュなチャレンジャーや新たなアイデアに背を向けた途端に、社会のニーズと離れていく。

ビジネスの世界は唯一無二の解がないからこそ、新しいものを見つけてチャレンジしている。

いくつになっても諦めずにチャレンジすることが、長い人生を面白くするコツ。

単純なミスはダメですが、チャレンジによる失敗は、最終的に成功すればいい。

運は多くの人に平等にある。それをチャンスとしてつかめるかどうかが分かれ目だ。ビジネスになると思える瞬間が来たらぜひチャレンジしてほしい。

当社は常に社員の長所を優先し、チャレンジする機会を与えています。

リスクをとって将来へチャレンジするのが幹部の役割。

チャレンジしない人生は、意味がない。
チャレンジしない企業も、意味がない。

遊び心がないところに、ブレークスルーは起きない。儲けるところで儲け、遊ぶところで遊び、チャレンジすればいい。

価値観の違いは変えられません。そこにこだわればストレスが溜まるだけ。違った価値観を認めながら、恐れずにチャレンジすることが大事。

チャレンジすることは時につらいものです。しかし、多くの企業が立ち向かってきました。これからも立ち向かっていかなければなりません。

スピード感を持って新分野にチャレンジしていくことが大事。

挑戦した結果の前向きな失敗はいくらでもカバーする。だから、失敗を恐れずにチャレンジ精神を持つことが重要だ。

新しいことにチャレンジし、付加価値を増大させていくしかない。古いものは捨てて、新しいものに入れ替えていく。

継続は力なりで、粘って、粘って、何度も何度もチャレンジしないと何ごとも成功しない。

とにかく何事にもチャレンジだ。そして動け。右に行くか左に行くか迷っているのであれば、とにかく動いてみれば分かる。

目標を決めて実践することこそ重要だと、社員には説いておりますが、私自身が率先して新しいことにチャレンジしています。

チャレンジする若者を育てたい。

チャレンジしないと新しいものはできない。

チャレンジすれば失敗の確率も出てきます。ただ、失敗から学ぶことは非常に大きいですから、そこから新しいものが出来上がっていけば良い。

キーワードは「好球必打」。良い球かどうかを見極める目を持ち、打つというチャレンジをすることが大事。

いつも自分の味方をしてくれる人がそばにいると精神的に安定しますし、新しいことにチャレンジする気力が湧いてくる。

誰にでも、どんな場面でも、新しいことにチャレンジする姿勢を私は求めます。

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。

現在の変革期をチャンスと捉え、既成概念にとらわれないチャレンジができる会社にしたい。

人生で唯一、失敗せずにすむ方法があります。それは、何もチャレンジしないことです。でも私は、そんな人生はイヤです。

いち早くチャレンジすることが、今後の企業の成長のカギ。

チャレンジすることこそが人生の成功を決める。

チャレンジ精神がなければ人生つまらない。良い人生だと思って死ぬためには、チャレンジ精神は欠かせない。

チャレンジ精神がなければ、どんな企業も生き延びられない。

部下がどれだけその仕事に執着できるかどうかは、上司の姿勢如何。とにかくバットを振らせる。チャレンジの場を与えることが必要。

基軸のヱビスビールがしっかりしているからいろいろとチャレンジもできる。

未来は絶対に明るい、チャレンジする価値があると信じることが大切。

初めからうまくいくことなんて、ほとんどありません。でも、チャレンジしない限り、成功はできない。

必要なのはとにかく成功例を増やすことです。間近に成功例を目にするようになれば、起業にチャレンジする人も増え、日本の雰囲気も大きく変わっていくでしょう。

日本は産業政策としてもっと競争を促すべきだと思います。市場で敗退した企業が消えて、新しいチャレンジャーが育つ環境を作らないといけない。

前例がないからこそ、チャレンジする価値がある。

市場の活性化のためには、あえてリスクを背負い、チャレンジする人材がなくてはなりません。

今までやってきたことを続けていくのでは、「より良い」になりません。常にチャレンジしていく必要があります。

チャレンジを恐れず、リスクをとりなさい。

失敗してもいいからチャレンジする。挑戦する限り、問題が起きたり失敗したりするのは当然です。

私は、無理だと言われると逆にチャンスだと捉えます。無理を無理とせず、チャレンジを重ねていきたい。

企業家というのは前例のないことをやり続けるのが性分。がんじがらめに管理される間違いのない方法よりも、新しいことへのチャレンジを望む。

私たちが行っているのは、無から有を生むような仕事です。そのため、何ができるかとりあえずチャレンジするのが企業文化になっております。

困難な課題であっても、まずはチャレンジすることが大切です。恐れていては何もできません。実行あるのみです。

何の取り得もなくても、振り切ってチャレンジすれば成果を納めることができる。

様々なチャレンジと進化を繰り返してきたが、常に人と違うことを考えることに注力してきた。

「のれん」はじっと立ち止まっていては守る事は出来ません。わが社では伝統を守るために、常に時代の変化に応じて新しい事にチャレンジし続けています。

社員一人ひとりが「自分自身がやってみなはれ」の意気込みで新たなチャレンジをしていきます。

とりあえず皆で検討して、莫大な費用がかかるなど、致命傷にならない限りはチャレンジします。

可能な限り失敗は回避すべきですが、チャレンジと失敗は隣り合わせです。必要以上に恐れてはいけません。

チャレンジしなければ失敗や損をする確率は少ないですが、新しい時代を担うことはできない。

一流大学を出て大企業に入って、そんな人生でいいのか。何かチャレンジしましょう。

チャレンジするという言葉が経営の全て。とにかく批判せずにやってみる事が重要。

変化を起こし、新しいものを創造していくために必要なのは、チャレンジする心。

チャレンジする心、勇気がなければ、変革は起こせない。

外見上、若々しくいられると、内面でもチャレンジ精神を維持することができます。私も週に1回はジムで汗を流しています。

無我夢中でやるのがチャレンジ精神だと思ったら大間違い。大事なのはその先だ。

経験を積むには時間がかかる。だから有望な人材を若いうちから発掘し、チャレンジングな経験を積ませる必要がある。

私はいつも“Fail First, Learn a Lot(早く失敗してたくさん学べ)”と言っていますが、失敗を恐れずに飛び込んで行って、失敗しても失敗しても次々にチャレンジしていくことがポリシーです。

人間も国も企業も、夢を持ってチャレンジし続けることが大切。

大切なことは挑戦すること。守りに入れば、お客様は離れてしまう。チャレンジを続けている間は、お客様はついてきてくださる。

好奇心を持ってさまざまな領域にチャレンジし、そこから得られるエッセンスをいかに自らの血肉として吸収できるかどうかが重要。

開発途中は失敗があってもこれは試行錯誤しているんだよと、常に自分自身もチャレンジし失敗している姿を見せることが大切。

新しいチャレンジを自分で考えていくことそのものが、楽しい仕事なんだと私は思っています。その機会を社員のみなさんに提供していくのが、経営という仕事なのかもしれません。

キングジムは将来どこへいくのか私にも分かりません。自由闊達な会社なので、モノマネでなければGOサインを出します。新しいモノを次々と出して、チャレンジを続けていきますよ。

チャレンジにはリスクがつきもの。

これからさらに大きなチャレンジ、大きな失敗を経験することでしょう。ですから過去のことは忘れて、未来に向かっていかないといけない。

若ければ、いくらでもリカバリーショットが打てます。私もいろんな冒険をしてきましたが、この年になると、だんだん出来なくなるものです。若いうちに固まってしまうのはダメですね。

経営というのはずっと同じ事をやっていたらいつまでも守備に徹してしまいます。チャレンジしていかないと、成長もしません。

経営環境が厳しい、だからアメリカのようにチャレンジして、失敗してもまた敗者復活があるような、観光の中にそういう社会環境を作らないといけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ