未分類の名言

このページは「未分類」に関する名言を集めたページです。仕事の能率、人生の質、資産状況を変えるアイデアのヒントが詰まっています。気に入った名言は、SNSにスクラップしたり、手帳などに書き写してみてはいかがでしょうか。

未分類の名言 一覧

1 / 48712345

ダメだ、ダメだと机上の空論ばかり叫ぶのではなく、解決策をつくりだす方向に進むべきだ。

山口多賀司(経営者)


人間、慣れてくると、それほど驚かなくなるもの。

小坂敬


私が企業再生でまず取り組むことは現場の第一線で働く社員の意識改革です。もっと言えば、現場の管理職に当たる人の意識を変えなければなりません。

大久保治仁


私はまだ20代という気持ちでやっている。死ぬまで現役でいたい。

似鳥昭雄


もう後がない、追い込まれていることが大事なんです。

林野宏



まず、目の前の自らがやるべき仕事に正面から取り組み、一生懸命やることから始まる。

小林健(三菱商事)


信頼を得ることに奇策はない。目の前のことをいかに真摯にやっているかということを周りの人は見ている。

小林健(三菱商事)


生活者の視点に立てば、ニーズはいくらでも掘り起こせる。

大山健太郎


「情熱」がなければ「モノ作り」は大成しない。

高岡正次


理屈も大事だけれども、やはり情、人の気持ちが通じ合うことがベースになければいけない。

根岸秋男


晴れている間にしか、雨への備えはできない。

日比野隆司


人は、企業家でも誰でもそうだが、何をやってもいい。しかし卑しいことだけはやめよう。

城山三郎



仕事は生ぬるいものではなく、きつい仕事を与えるようにすると人は成長していくものだ。

伊藤雅俊(イトーヨーカ堂)


時代の変化について、これからどうなるかは僕だってわからない。要は、変化をずっと見ていて、正確にそれを把握できるかということ。

鈴木敏文


無理にこの次は何をやろうとか、あの次は何をやるとか、そんなことは考えなくていい。目の前の仕事の中から自然と次のテーマは出てくる。

鈴木敏文


批判したい人にはさせておいて、我々はこれだと信じたことをやるだけ。

鈴木敏文


今の世の中、若者にチャンスを与えていないだけで、そのチャンスを与えさえすれば若者はいくらでも伸びていく。

濱田純一


よく高齢社会は年寄りが増えて大変だと言うんですが、これを積極的な姿勢で迎えることが大切。

辻哲夫(官僚)


企業にとっては、仕事を通じてしか、人は育てられない。そして製造業には大小様々な工場・現場がある。マネジメントを訓練する場がたくさんあるということ。

中村克己(経営者)


私の場合、覚えた情報でクイズに解答することが目標でした。アウトプットをはっきりイメージできていると、覚えようというモチベーションが上がります。

日高大介(日髙大介)


無関心な情報は頭の中を左から右へ流れていくだけですが、「悔しかった」「嬉しかった」など、感情を伴った記憶は引っかかりがあるため定着しやすい。

日高大介(日髙大介)


真剣にやるってことの大切さは部活でも仕事でもなんでも同じ。結局は自分と向き合うことに繋がる。

こざき亜衣


ちょっとした差異に気づく専門性も必要である。しかし、多くの人にとって、それは些細なこと。私はその些細な部分を犠牲にしてでも、もっと重要なことに全力を投入する人生でありたい。

飯島勲


ユニクロの仕事をしないかと誘われたとき、アパレルのことは何も知らなかった。ローソンへ来ないかと声をかけられたとき、コンビニ業界とは無縁だった。誰かに導かれて、異業種にチャレンジする。こんなに楽しい仕事人生はない。

玉塚元一


何であれ考えを深めるために必要なのは、2つ以上の概念や発想、切り口の存在だ。思考は1つの概念だけでは働かず、対立する概念を必要とする。

鹿島茂


今何をするかが将来を決める。

三村明夫


すべて自分でリスクを取る。起業家には、その覚悟が大切。

奥谷禮子(奥谷礼子)


世界の経済危機の歴史を調べると、多くがスキャンダルを契機として起きているんですね。それはやはり、経営者の倫理観の欠如に由来している。

米倉弘昌


仕事に夢中にならないで成功した人は一人もいない。

南場智子


「対自分」で考えると、勝敗にとらわれず冷静に試合を振り返り、「自分の技術をどうすればいいか」だけに焦点を当てられる。

国枝慎吾


実務能力を伸ばすには、一見、ムリだと思える量に立ち向かうことが効果的。死に物狂いで試行錯誤を繰り返すうち、勘所がつかめます。

須藤憲司


あえて自分から厳しく指導できる人は、本当に素晴らしいリーダーだと思う。

立花陽三


情報はビジネスにとって極めて重要だ。しかし、自分自身が壁をつくったり、ハードルを高くすると、入ってくるはずの情報も入ってこなくなる。

澤田貴司


社内だけでなく、社外の専門家に聞くのもいい。私は気になるテーマがあれば、その道のプロにどんどん会いに行き教えを請うようにしている。理解度が深まり、新たな発想も具体化していく。

澤田貴司


組織づくりで重要なのは、一番弱い立場の人間がどうすればその組織を好きになってくれるか、その組織に入って良かったと思ってもらえるか。必要なのは思いやり。

岩出雅之


いいチームをつくるには選手にも、監督にも余裕がないとダメ。

岩出雅之


一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。

土屋公三(経営者)


その国の言語を正しく学んでこそ、その背景にある文化や教養を一緒に吸収できる。

永瀬昭幸


逃げ場のない環境は人を育てる。厳しい環境をいかにつくって自分を追い込み、気持ちを高めていくことができるのか。英語の上達は、そこにかかっているといっても過言ではない。

永瀬昭幸


上から与えられた数値ベースの計画からは新しい意味や価値は生まれない。

野中郁次郎


目標に向けて努力すると同時に、チャンスをつかむ、良い流れに乗るということが大事。

葛西紀明


「勝ちたい」「負けて悔しい」という気持ちはやる気に火をつける。

葛西紀明


才能があるからできるのではありません。与えられた課題を、人より多く練習するからできるようになるのです。

中西哲生


一線で活躍している選手はみな、地道な努力を大切にし、怠りません。みな「神は細部に宿る」ことを知っているのです。

中西哲生


能力があっても、その価値を認識しなければ貢献できない。金鉱から掘り出した金がそのままでは使えないように、あなたの能力も磨き上げていく必要がある。

ジェイ・エイブラハム


過去をひきずらず、人生の目的を持っている人ほど強く、心が折れない。逆に、過去を引きずる人はモチベーションを維持できない。

佐藤剛志(経営者)


やる気は伝染します。熱く挑戦を続ける人が身近にいると、周りも感化され「自分もやらなければ」と思うもの。だからこそリーダーは、常に挑戦を続けなくてはいけない。

佐藤剛志(経営者)


基礎はともかく、細かな技術は実践を通じて習得しました。突き返されて嫌な思いをすることもありましたが、難題を克服していくことが楽しかった。

山野正幸


志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開ける。

松下幸之助


努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

王貞治



「段取りが早くなったね」「いい企画を作れるようになったね」など、本人が以前より良くなった点を積極的に指摘することが喜びと向上心につながる。

濱田秀彦


「やる気」「モチベーション」という言葉自体が、実は幻想なのです。モチベーションというものが存在するから行動できる、という考え方は間違い。正解は逆で、行動するからモチベーションが発生するのです。

池谷裕二


家族、仲間、社会など、自分以外の存在に貢献することは非常に高いモチベーションの源になる。

原田隆史


ベッドのシーツは、1か所を引っ張ると、他も引っ張り上げられていきますよね。このように、人材も、どこか1か所を引っ張れば、他の人もついてくる。

宮原博昭(経営者)


稽古は自分自身を知る尺度にもなる。

小堀宗実


我々の利益を最優先にするのではなく、まずはお客様のニーズに応えることで満足を高めていくことが、最終的に自分たちの成長につながる。

長崎忠雄(経営者)


経営力の差は、経営能力というよりも経営姿勢から生まれる。

村田昭治


過去の常識はこれからの非常識という感覚をもって、企業の原点を本気で考え直すとき。

村田昭治


経営者は新しいことに挑戦する覚悟ができるかどうか。それに尽きる。

藤原秀次郎


「自分はできる」と信じてチャレンジすれば、できることは確実に増える。より大きな目標に挑もうとするモチベーションも生まれる。

泉谷直木


自分のやる気に火をつけられるのは、自分しかいない。他人にいくら頼んでも、自分の気持ちを変えることはできない。

泉谷直木


人から言われたことを真剣にやるからこそ、自分のやりたい仕事や面白い仕事が与えられる。

泉谷直木


運が悪いように思える場面でも、実は「機会」はいくらでもある。それをチャンスに変えられるかは自分次第。そう考えれば、大変なときもモチベーションを失わず、チャレンジを続けられる。

泉谷直木


チェックするためには質問をすることが一番よい。もし何か問題があれば、質疑応答を通じて浮かび上がってくるものだ。

茂木友三郎


大盛況に思わぬ落とし穴が大きく口を拡げつつあることを見逃してはならない。人気の上にあぐらをかいていると、いつしか箍(たが)がゆるみ、規律も乱れ始める。

牛場靖彦


潜在リスクが引き起こす危機というものは、静かに、じりじりと近づいてきて、あるとき突然、牙をむくということを心にとめておいてほしい。「驕れる者久しからず、ただ春の夜の夢の如し」であってはならない。

牛場靖彦


私はインテル時代、日本の責任者として、既存ビジネスのシェア拡大ではなく、「新しいマーケットを創る」ことに全力を注ぎました。

傳田信行


人が成長するには失敗の経験が必要。会社全体に影響を与えないまでの失敗はさせたほうがいい。ただし、それには部下を見守る我慢が必要。この我慢が人材育成には大切だと感じています。

傳田信行


人間関係ができていないところに良い仕事はできないし、革新的な技術もサービスも生まれない。今こそ人間尊重の日本式経営が再認識されるとき。

山口多賀司(経営者)


社員自身に意図を感じてもらうことが大切。自分で理解するからこそ、やる気にもつながりますし、本人も成長します。

諏訪貴子


ビジネスの本質とは自らの足るを知りつつ、変化し続ける社会の中で、人々の役に立つことを常に考え、提供し続けること。

フィリップ・コトラー


顧客や取引先の利益を生み出さなくては、我々の商売が成り立たず、会社の繁栄はない。

吉田忠裕


事業を通じて新たな価値を創造し、提供していくことが、顧客や取引先の繁栄につながり、さらには社会の繁栄にも貢献し、それが巡り巡って自社のもとに還ってきて、自社を発展させることができる。

吉田忠裕


勉強するかしないか。勉強しない限り、あとは衰退するだけ。ベテランになればなるほど、駄目になる。それは勉強しないから。

柳井正


経営者にはある種の覚悟が必要だと思いますし、熱の無い人はダメですよ。クールと熱がないのをはき違えて、淡々と偽紳士みたいにやっている人はダメ。

柳井正


よく「佐藤さんは前向きですね」と言われます。後ろ向きになっても仕方がない。何事にも前向きに取り組めば、必ず活路は開ける。

佐藤誠治(経営者)


「101回の腕立て伏せ」という言葉を社内で発信しています。腕立て伏せの話は、1日100回の腕立て伏せを課された時、もう1回ができるかどうか。1年では365回ですが5年、10年経った時には大きな差となります。

北見尚之(経営者)


自分の中で何か1つこれだけは誰にも負けないというものをつくっていく。その積み重ねが人の信頼を勝ち取っていくものだと思う。

渡辺修(通産官僚)


全員が全員、自分の希望する部署に行けるとは限らない。ただ、どんな仕事でも、正面から取り組んでみると、学ぶべき収穫は必ずあり、自らの成長と次なる飛躍に繋がることが多い。

渡辺修(通産官僚)


会社というのはお客様や社会に求められ、かつ、我々自身も成長できるような場でないといけない。

寺本克弘


入念に準備し、積極的に動けば、物事は上手く進められる。伝統の「うごかす、とめる。」技術に磨きをかけ、きちんと会社を成長させていきたい。

寺本克弘


シェア、利益などの数値目標だけで人を動かそうとは全く思っていません。その前に自分たちは何をやりたいかが大事です。

高島英也


造ることはとても大変で奥が深く、同時に進化が重要で自己満足にならないことが大事。

高島英也


ローマ帝国の繁栄の歴史には独特な寛容さがありました。相手を受け入れる寛容さが大切で、それは自分を壊す勇気でもあります。ビジネスでも同じ。

高島英也


いいものを作り、お客様に喜んでもらうことは大前提。それを同時に我々の利益にしていかなければならない。当社はまだ収益へのこだわりが弱い。逆にそれは伸びしろだと考えている。

山東理二


世の中競争だとすれば、人生で勝ったり負けたりを繰り返す。

香取照幸


短い人生だから、とにかく笑っていよう。人生の窮地でも、笑顔を忘れなければなんとかなるもの。

宮川一朗太


こちらが一生懸命に伝えようとすれば、好感を持ってもらえる。それでもっと理解してもらおうとモチベーションも上がる。

桜田厚(櫻田厚)


不安を漠然と抱えるのでなく、まずは具体的な将来イメージを持つことが第一歩。

橋本秋人


仕事をするときだって、どんな人も結局のところ一人なんですよ。チームワークといっても一人ずつが歯車なんだから。一人の力を強くしていかないと、チームで力を発揮するなんてできないんでないかな。

鷲田小彌太


一人になりたいと思うのは悪いことじゃない。一人になれなかったら、自立もできませんよ。

鷲田小彌太


大切なのは、相手に対して心を開くこと。こっちが鎧を着ていたら、相手だって警戒して鎧を着て備えるのは当たり前なんですよ。

名取芳彦


外から与えられるものに頼るばかりでは、どんどんあなたの力は弱っていく。自分の内側から湧き出る力を強くするしかない。

野矢茂樹


意味をずーっと探すから、世界が重苦しくなるんだよ。

タモリ(森田一義)


緊張できるような仕事ができるっていうことを幸せに思うことですね。

【覚え書き|「緊張しないための秘訣」を問われて】

タモリ(森田一義)


本当にすごい人っていうのは、中身を隠さないんです。中身をそのままさらけ出せるのは、本当にすごいこと。

松山大耕


どうせ、隠そうとしても人柄はにじみ出てくるもの。どうしても見た目が気になるというなら、中身を磨くしかない。

松山大耕


孤独というものは心の問題。誰かと心が繋がっていれば、単独であっても孤独ではない。逆に心の繋がりがなければ、人と一緒にいても寂しい。

松山大耕


喜びは、人からもらうものでもある。だから、利他の心で生きる人は、人に喜ばれることを自分の喜びにできるし、人のためにお金を使うことができる。

松山大耕


自分の故郷を殺さないと、人は一人立ちできない。

柳田國男(柳田国男)


人がモノを買う時、買わない時の違いは、結局は「そそられるか」「そそられないか」だけ。「そそる」商品を提供していかなければいけない。

庄野直之


人間の強い、弱いは、自分のもつ哲学からくる意思の強さ、弱さによる。

川上哲治


訥弁(とつべん)でもいい。自分の味つけで話すことが大事だと思う。

村田昭治


単なる精神論ではなく具体的な数字で詰めていく作業をしていかなければならない。

森田富治郎


モノ作りは、常に世のため、人のためにと考え行動し、お客様に喜んでもらう姿をイメージすることが大切。

高岡正次


自分の受け持つ仕事に打ち込みなさい。功利的な思惑がなくても、将来必ず何か役に立つときがある。

立石一真


常日頃から考えていたら、直感の決断は間違っていないことが多い。

金川千尋


自分が活かされている、役に立っているという感覚は、人間にとって一番嬉しいこと。

滝久雄


小さい頃からいろんなことに興味を持つことで、人の脳は、どんどん磨かれていく。

滝久雄


継続は力なりです。一気に起死回生できる手などというのはあり得ない。それがやっぱりサービス業の本質だと思います。

佐藤公平


全従業員に「継続は力だよ」と繰り返し言っています。継続することが力。逆に言うと、継続しなかったら力にならない。

佐藤公平


私の人生は毎日が正面突破でした。

八木原保


従来の延長線上で10%や15%のコストダウンという発想ではなく、場合によっては50%ダウンでないとダメ。変化が起きれば、常に考え直す。

市川秀夫(経営者)


安全については、近道はない。

市川秀夫(経営者)


伝統というのは革新の連続があって伝統になっていく。

小堀宗実


一強とはあらゆる点でトップレベルということを意味しており、一強即ちトップレベルを目指すところに不況なし。

田中健介(経営者)


現状の悪さを自分で背負いこみ、それを打開してやるぞという気概をもってもらいたい。そこに経営の爆発力、突進力が生まれる。

村田昭治


伸びる会社の社長の要諦というのは素直であるということです。素直な人間性こそ大事。加えて、心が温かく、プラス発想である。

田中道信


今、日本に残っているのは人と知恵と汗しかない。とすると、やはり研究開発が大事。

岡村正


重要なのは日常のコミュニケーション。社内のコミュニケーションがないと、業績も人の心も悪い方向へ進んでしまう。

千金楽健司


試練は無い方が良いと常識では考えるが、試練があるからこそ私たちは成長する。

久水宏之


会社はまず社員の幸せのためにある。

藤原秀次郎


社員が面白く働ける会社でなければ意味がない。社員が泣くような営業をするのならしないほうがいい。

藤原秀次郎


相手の失敗を祈るなんてことは全く無意味。他人の失敗を喜ぶような感性で仕事を埋め尽くしたら、もっと力強い喜びを失ってしまいますから。

野矢茂樹


強いライバルとの競争、それは自らを磨くチャンス。ライバルは思わぬところから出現する。また、現在のビジネスモデルが将来も有効とは限りません。今の自分のポジションに安住してはならない。

浜田健一郎


リーマンショックを経験したことで、一つの領域だけに特化することのリスクが身に染みました。様々な事業を軸として育てるようになったのはここからです。

曽根原稔人


業績が良くなったのは組織のおかげ、部下のおかげ、お客様のおかげ。業績が悪くなったのは自分のせい。

瀬戸雄三


お客様の嗜好は次々と変わる。我々もそのスピードに合わせて変わらないといけない。

臼井興胤


ゴルフも肩の力を抜くほうが良く飛ぶ。自然体でいれば、ゴルフ同様、物事も円滑に進むのではないかと考えている。

菅谷定彦


結局は人。やはり、企業が生き残るための一番のポイントは、いかにして良い人材を育てるかにかかっている。

田中道信


とらえどころがないものは、絶対に真似できないし、それゆえに強い。

松本義弘


学ぶことを忘れるとき、人間は死んでいる。人間が死ぬのは学ぶこころを失ったときだ。

村田昭治


面倒くさいなと思った瞬間にビジネスチャンスを失う。

石川諭(経営者)


理屈で説明がつかない物事は、世の中にいっぱいある。

養老孟司


日々の練習を本番と同じ気持ちで手を抜かずに行うことで、本番でも100%に近い力を発揮しやすくなる。

野村忠宏


教養を身につけるには、真面目に青臭い議論を交わすことが何より大切。

竹内弘高


勉強を始めるタイミングに、「遅い」ということはありません。「無知ほど人間を堕落させるものはない」と肝に銘じて、今日から始めましょう。

出口治明


肩の力を抜いて、自分が「おもしろそう」だと思う分野から学べばいい。

ロバート・キャンベル


ビジネスの世界では、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるかどうかが大切です。ですから、「好かれる人」は、やはり有利。

藤田晋


その時その時で抱えるものが変わってきて、登ってはまた次の山が現れる、「未知の山との遭遇の連続」が人生。

中村獅童(二代目)


普通のことをしていたら、おそらく店は潰れていた。

石川康晴


ワークライフバランスなんて、くそくらえ。バランスなんか考えるから、ブレークしないんだ。ワークライフバランスは、人生全体で取ればいい。

ジャック・ウェルチ


すべてを「自分の問題」と考えるから、最後まで逃げずに頑張り抜くことができる。

石田宏樹


自ら積極的に仕事をつくり出すような人でないと、これからの世の中は生き残れない。

森川亮


健全な焦りや危機感は人を動かす。それがなければ人間はダメになる。

辻庸介


人と交わればいろんな感情が生まれるし、嫌なこともあるけれど、それをどう受け止めるか、そこからどうするのか。

中村獅童(二代目)


今日一日を一生懸命に生きさえすれば、未来は開けてくる。

稲盛和夫


陽の当たらない場所でも、腐らずに乗り切ってほしい。これからは本流ではなく、傍流の時代。

樋口泰行


勝負の世界では、危機感を持っているかどうかが勝敗を分ける。

藤田晋


「変わらないものは生き残れない」。これは私がいつも胆に銘じていること。

森川亮


変わることはマイナスではなくプラス。プラスに転換していくことが大事。

森川亮


誰かの真似をする必要はなく、自分の伝え方のスタイルを確立することが大切。

富川悠太


すぐに結果を求めるには、人生は長い。

中村獅童(二代目)


緊張は、成功した場合に大きな何かを得られるサインだ。

村井満


十分に考えた行動の結果ならば、ミスしてもいい、その代わり、新しいやり方を常に模索してほしい。

村井満


好かれたいという考えを捨てることが、好かれるための条件。

村井満


問題によって解法は変わりますし、「こうすれば正解」といった単純明快なものでもありませんが、解決法はひとつではなく、大抵、複数ある。

宮内義彦


怒りと絶望はまず第一に克服しなければならない敵である。それには信じなければいけない。希望を持たねばならない。そして微笑まねばならない。

アラン(哲学者)


うまくいったからうれしいのではなく、自分がうれしいからうまくいったのだ。

アラン(哲学者)


幸福になるための一番の近道はポジティブになること。要はマイナス要素をマイナスと捉えない。そうすると落ち込むことがなくなり、常に幸福でいられます。

小川仁志


楽観的になるとは、怒りや絶望から生まれた緊張状態の「結び目」を解くことにほかならない。その方法の一つが微笑むこと。

小川仁志


発想が無限であれば、戦略は無限。

角田識之(臥龍)


平凡なことを徹底して続ければ、平凡の中から生まれてくる非凡が、いつかは人を感動させる。

鍵山秀三郎


難しいかもしれないけれど、誰も実現できていないことを始めよう。世の中を変えて行こう。

滝野一征


成功も失敗も、結局、あまり大したことではない。大きな悲しみだって乗り越えることができる。この世の終わりにつながるような悩みなどなく、ほとんどは時が経てば消えていくものだ。

バートランド・ラッセル


笑顔になると楽しくなるというのは、脳科学的にも正しい。最新の研究では、笑顔でなくても、楽しいことを考えるだけでも、体の免疫力が上がるということがわかっています。

池谷裕二


新しいことをやろうとすると反発が起きないかとよくいわれます。でも、私はむしろ、ぶつかり合いは必要。そういう摩擦が会社によりよいエネルギーをもたらす。

櫻田謙悟(桜田謙悟)


従来の「やり方」から大きく変わらなければならない。むしろ、「やり方」の手前に存在する「考え方」から変えなければならない。考え方が変わらなければ、やり方は決して変わらない。

森辺一樹


困難さんは、解決君と一緒にやってくる。解決君だけ先にやって来ないのが厄介である。

永守重信


会社が危機のときは今までのやり方が通用しなかったときですから、変化が求められます。つまり思い切った変革が出来るチャンスでもあるわけです。

野坂英吾


「自分を信じること」が危機を突破する決め手になると思います。自分を信じるためには誰よりも苦労、努力をしなくてはなりません。

及川智正


人を育てる上で大切なことは、相手がどんな人であれ、常にリスペクトする姿勢を持って真剣に向き合い、「聴くべきは聴き」「言うべきは言う」姿勢を持つこと。

的場正晃


人を育てるテクニックやスキルはもちろん大事です。しかし、もっと大事なことは、指導する側が肯定的な人間観を持った上で、相手をリスペクトしながら技法を使っていくことです。

的場正晃


情勢は刻々と移り変わっていく。だから、1日の遅れが1年の遅れを生むというような場合も少なくない。決断もせず、実行もせずといった姿で日を過ごすことは許されない。

松下幸之助


どんなつまらんことでも見方で変わってくるんや。心して見るか、心なしに見るかで大いに対応が違ってくる。

松下幸之助


優秀な人は、優秀な人と一緒に仕事をしたがる。

滝野一征


日本の人々は謙虚であることが美徳だと思っているようだが、本当の意味での謙虚さとは「本音」を言うことである。

トレイ・ヒルマン


人それぞれに考え方はあるかもしれないが、チームとして決定したことに全員が同じようにエネルギーを注がないと「和」は生まれない。

トレイ・ヒルマン


人は、「させられる」ことによっては活き活きとせず、その人の力や潜在力も発揮されない。自らがやりたいと感じた時に活き活きとし、その人らしさや潜在力が発揮されていく。

中村和彦(組織開発)


ビジネスで大事なのは、結果です。だから、結果が出ることだけをやる。自社で結果が出ていることを横展開する。結果が出ないことはやらない。

小山昇


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 48712345

ページの先頭へ