大富豪の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

大富豪の名言 一覧

現在はまだ経営難に悩むような段階ではなく、競争が生まれたことで進歩もあると考える。
【覚書き|いままで独占市場だったカジノの市場開放が行われ競合カジノの出現したことに関してのコメント】

私の成功の方程式は何かだって?早く起きて、遅くまで働き、油田を掘り当てる。ただそれだけさ。

自分で100%の努力をするよりも、むしろ100人の1%ずつの努力を味方につけたいところだ。

金は肥料に似ている。分散しておかないと臭ってしょうがない。

本当の貧乏人一人に対し、贅沢のための貧乏人は百人いる。わずかな出費に注意せよ。小さな水漏れが大きな船を沈めてしまう。安物買いで得した者が、よく破産する。

勤勉な者は、願をかける必要もない。勤勉はすべての物事を容易に運ばせる。

稼ぐだけではなく蓄えることを考えよ。スペインは西インド諸島を手に入れながら、富める国になれなかった。なぜなら、入るよりも出すほうが多かったからだ。

人類の不幸の大半は、ものごとの価値を計り間違えることによってもたらされる。

釘が一本なくなり、蹄鉄が駄目になった。蹄鉄がなくなり、馬はどうしようもなくなった。馬がなくなり、騎士はどうしようもなくなった。騎士がいなくなり、戦いはどうしようもなくなった

  1. 節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
  2. 沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
  3. 規律 物はすべて場所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。
  4. 決断 なすべきことをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。
  5. 節約 自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。
  6. 勤勉 時間を空費するなかれ。常に何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。
  7. 誠実 偽りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出すこともまた然り。
  8. 正義 他人の利益を傷つけ、あるいは与えるべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。
  9. 中庸 極端を避けるべし。たとえ不法を受け、憤りに値すると思うとも、激怒を慎むべし。
  10. 清潔 身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。
  11. 平静 小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。
  12. 純潔 性交はもっぱら健康ないし子孫のために行い、これにふけりて頭脳を鈍らせ、体を弱め、自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。
  13. 謙遜 イエスおよびソクラテスに見習うべし。

金を稼げるだけ稼ぎ、維持できるだけ維持し、与えられるだけ与えるのは男の義務である。

近隣には暦(こよみ)が広く読まれていて、暦のない地方はほとんどないということを知って、暦は本をほとんど一冊も買わないような庶民の中に知恵を伝える適切な手段になると考えました。そこで、暦の中の特別な日の間にできるほんの少しの余白も全部、ことわざ風の文句、主に勤勉と倹約が富と徳を手に入れる手段となるという風な文句で満たしました。【覚書き|フランクリンは上記のことに気づきプーアリチャードの暦という暦を発行する。毎年1万部を超えるベストセラーとなり、フランクリンの財産を大きく増やすきっかけとなった】

女と火明りのない家は、魂の抜けた体やお化けのようなものだ。

裕福な人はその富を浪費するよりも、社会がより豊かになるために使うべきだ。

いちばん大事なことをいいます。心に愛を抱くのは、ただ、しまっておくためだけではありません。愛はほかへ与えられなければ、愛ではありません。愛を与える人生を送ってください。そうすれば、愛を返してもらえるでしょう。与える人間になってください、もらう人間ではなく。

中国は民主化可能だ。なぜなら我々はあの日本の民主化に成功した。

よし、金銭の奴隷になるのはもうやめた。ひとつ、金銭を奴隷に使ってやろう。(覚書き|大病前後でロックフェラーの人生がからりと変化する。以前はクリスマスキャロルの守銭奴スクルージのような人物であったが、病気から復帰後、積極的に慈善事業へお金を回すようになった)

事業は自分のためより人のためにすることで出発せよ。

諸君は我々(ロックフェラー家)が経済的にとてつもない支配力を持っているとお考えかもしれないが、そんなものは存在しない。我々は投資の対象を持っているが、支配権は持っていないのだ。

十セントを大切にしない心が、君をボーイのままにしているんだよ。

遺物はそのままでは資源ではない。古くから存在したがらくたと同じものであり、イラク人の誰もそれを所有することができないでいる。イラク人が豊かになれば、彼らはそれを(買い取った米国人から)買い戻すことができる。

われわれはイラク人民に自由を与えると同時に、財宝をも自由化しなければならない。

私にとっては、何の意味もないことだよ。世界一でも、20番目でも、2000番目でも、そんなのどうでもいいんだ。家族との生活や自分の時間と仕事とを両立することの方が、豊かになることよりも重要なのだ。
(覚書き|フォーブス億万長者番付で世界一の金持ちとして紹介されたときのインタビューでの発言)

ああ、私が世間で何と言われているかは知ってるよ。でもロシアには、私も含めて若くて金持ちな人間がたくさんいる。そして長生きできないだろうから、稼いだら使ってしまうんだ。私の場合、一流のサッカークラブを持ちたいという夢を実現させているところ。動機を疑う人や、私のことを頭がおかしいと思っている人もいるけどね。短い人生だから、稼いだカネは使うよ。【覚書き|上記発言はチェルシーを買収した時の言葉】

まだやっていないことでは、名声は築けない。実に簡単な話だ。夢を抱き、リハーサルしたら、あとは現実の世界に飛び込んで実行あるのみ。

自分が努力して名をあげる望みのないものは、人が自分の位置まで落ちるのを喜ぶ

入るを計りて、出(いず)るを節す

「私に全責任を負って支払うことができないものに署名しない」という方針にどこまでも忠実であるのをのべ、また、西部開拓者の一人である私の友人が語った言葉を告げた。「渡ることのできないところへ入ってはいけない」というのである。今度の川は私にとって深すぎた。【覚書き|仲間から持ちかけられた新しい鉄道事業の保証人になることを断ったときの言葉。自分の能力からかけ離れたものや、現実不可能だと思われるものに投資はしない。美味い話にすぐに飛びつかないこと。※カーネギーの読みどおり、この鉄道会社は軌道に乗る前に倒産した。】

小さく砕いて、一つずつ解決すれば、解決できない問題はない。

ページの先頭へ