名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

名言DBは仕事、経営、ビジネスで使える名言集です

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元気が欲しいとき、癒やされたいとき、気合いを入れたいとき、疲れたとき、名言がパワーをくれる!

アイデアに詰まったとき、仕事や人生で悩んだとき、変わるきっかけ・勇気が欲しいとき、名言が新たな視点とヒントをくれる!

電車やバスでのヒマな移動時間、ちょっとした休憩時間、仕事の合間、名言は楽しみと発見を与えてくれる!

名言DBの開設理由とミッション

名言DBは、ビジネス、企業経営、仕事、起業、投資や資産運用に役立つ格言・名言を集めたデータベースサイトです。実用性を重視して名言をピックアップしています。

名言DBは仕事やビジネスに関する名言をまとめることで、ビジネスや経営に携わる人たちの助けになればと開設しました。

名経営者、起業家、コンサルタント、投資家、有名人、各界のリーダーたちはいったいどんな方法で大きな成果を得たのでしょうか。成功のエッセンスを、それぞれの発言から吸収しましょう。

 

新着 名言 新着 名言

畑山浩昭

知識が増えれば増えるほど、これまで制限されていた自分の可能性を広げることができるだろう。


田﨑史郎(田崎史郎)

どんなときもね、まじめにやってれば誰かがきっと見ていてくれて、拾ってくれるもんですよ。


内藤誼人

人間関係のスキルは人とどれだけ接したかによるところが大きいので、とにかくたくさん話しかけること。上司や部下から、飲み屋の店員、隣の客、タクシー運転手、訪問した会社の受付嬢まで、全員がトレーニング相手です。


畑山浩昭

私たちは知らないことや分からないことがあると不安になって、手も足も出なくなって立ち止まってしまう。でも、分かることが増えてくると次に進むことができる。


畑山浩昭

もちろん、何もしなければ何も起こりませんけど、やはり、今与えられたことを一所懸命やっていけば、必ず何か道は開かれていくと思うんですよ。


土屋礼央

全てのお誘いは「取材」と捉える事でとても前向きになる。


田﨑史郎(田崎史郎)

40代半ばまでなら、たとえ失敗しても復活するチャンスは十分にあると思いますよ。人生、熱中できることさえ見つけられれば、何とかなるもんです。


田﨑史郎(田崎史郎)

取材のアポ取りも出演依頼を受けるのも1人でやっています。やはり自分で直に獲った情報じゃないと、見る人、聞く人には伝わりませんよ。これからも自分の足で取材します。


田﨑史郎(田崎史郎)

僕の性格上、ある瞬間「これは自分しかできない!」と思うと、見境がなくなるというか、目の前の壁が見えなくなっちゃうんですよ。


井上裕之

一度の失敗で断念する人は、何をやってもうまくいきません。失敗にきちんと向き合って自分に何が足りなかったか考える。不足を補って再挑戦する姿勢が成功への近道です。


井上裕之

「短き人生は、時間の浪費によっていっそう短くなる」とイギリスの文学者もいっていますが、わずか5分でもその間にできることはあります。5分が6回あれば30分になる。スキマ時間を活用できるか、それが大きな差を生むのです。


井上裕之

何事に対しても「どうせ自分にはできない」と思い込んでいる人が少なくありません。潜在意識の思い込みは現実化すると言われているため、できないと考えるとできない。自ら道を閉ざしてしまっているわけです。でも逆に「自分にだってできる」と意識を変えれば、道は開けます。


片瀬那奈

趣味の多さが仕事につながっています。だからプライベートの充実は大事ですよ。


神野直彦

我々が考えなくてはならないことは物事の本質をどう捉えるか。貨幣とは何だったのか、社会とは何だったのか、最終的には人間とは何だったのかという基本的な問いを発しないと抜けられないような、非常に根源的な危機の時代にあるのではないか。


神野直彦

本来、リーダーというのは、オーケストラの指揮者のように不協和音が出ないようにパーツ、パーツを上手くまとめていく責任があるんですよ。しかし、今は自らのパーツだけを追求していく社会になりつつありますから、非常に危険なことだと思います。


葉真中顕

この世には完璧な善人も悪人もいないというのが僕の考えです。状況によって、個性のある部分が発露しているだけなんじゃないか、と思うんですよ。


葉真中顕

どのキャラクターもそれぞれの正しさをもって、この時代を一生懸命に生きています。そこに現代の尺度を当てはめて、善人、悪人という判断は下したくなかった。


葉真中顕

ここまで調べれば十分という明確なラインはない。資料にしっかり向き合いつつ、面白い物語にするのが一番大切。


遠藤功

経営者が短期志向ではなくて、中長期的な視点で自分たちの独自価値を常に追求していく姿勢を貫いていると、現場力もついてくる。


小籔千豊

俺が、俺がでは駄目なんです。周りが見てくれて初めて道が開けるんです。


野口実(ABCマート)

非効率にこそ利益の源泉がある。非効率なことにチャンスがある。


大倉忠司

正々堂々、正しい経営をした者が、最後には勝つ。それは様々な企業の経営の歴史を見ても明らかなことです。


大倉忠司

お客様のためになる健全な競争なら、どんどんすべきです。私は、社員を犠牲にしながら相手を駆逐するような「覇道」ではなく社員が誇りを持てる地に足の着いた「王道」の経営で、勝ち残りたい。


小籔千豊

結局、己がしたいとかってことは、社会全体から考えたらどうでもええことなんですよ。メディアが無責任に若者に向かって「自分のやりたいことをやれ」と煽るのはどうか。それよりも、社会に貢献すること、周囲に恩返しすることを考えて生きたほうがいいと思いますね。


内田毅彦

現場の医師には、いろいろなアイディアがある。だが、日々の仕事が忙しく、そうしたアイディアを実用化する時間がない。そこで、その部分を我々が手伝おうと考えた。


内田毅彦

裾野を広げなければ、産業は育たない。まずは成功事例が必要。それを自分たちで作っていこうと起業を選んだ。


坂井辰史

昔の延長でこれからの1年、2年を考えていては、この大変革の時代を勝ち残るどころか、生き残ることすらできない。自ら変化をつくり出して、お客様により付加価値を提供するという観点で、金融のバリューチェーンを引き寄せるくらいのエネルギー、パワーがないといけない。


坂井辰史

バブル崩壊後の「失われた20年」で、守りに傾きがちだったり、失敗しないことを優先しがちな傾向に陥っていたのではないか。この意識改革をしなければ収益力の強化は果たせない。


坂井辰史

レガシーのコストを落としながら、新しい分野に経営資源を再配分していくことが「稼ぐ力」を強化するためには極めて重要。


斉藤惇

外部の厳しい声を入れて、それを是々非々で採り入れて、どうやったら企業価値が上がるか、という経営をやらなければいけない。


大倉忠司

経営は、不測の事態の連続とも言えます。「何が起きるかわからない」という前提で、万全の備えをしなければなりません。正しい経営を貫く姿勢を社員に示すためにも、トップはその責任に背を向けてはならないんです。


大倉忠司

当社は「ステークホルダー全員が幸せになる経営」を本気で目指してきました。お客様、従業員、取引先、地域社会、株主や金融機関、そのすべてが幸福になれる経営です。どこかにしわ寄せが行き、誰かの犠牲によって成り立っている会社は、絶対に「永続」できないからです。


柴崎友香

私は知らないところへ行って、細かいところを見てあれこれ考えるのが好きなんです。


朝原宣治

周囲を気にせず、信念を持って突き詰める勇気こそ、世界で結果を出すために必要だと思う。


朝原宣治

世界で活躍する日本人アスリートの共通項を探ると、ある種の「変人さ」が必要だと思います。誰が何と言おうと、「これだ!」と思った技術などを徹底的にマスターするといった、「突き抜ける勇気」です。


朝原宣治

どんな形であれ、年齢を経ても自分の限界に挑戦し続けることは大事。


宮本洋一

積極的に自然と向き合うことが重要なんです。台風だって、「あっちに行け」と言っても、そうなりませんから。ならば、こちらが自然に入っていく。


宮本洋一

「住んでいる人を中心に考える」。建築学科の学生だった時代からの思いであり、入社後も一貫して、この考え方を現場で唱え続けています。


村岡恵理

良い本との出会いはきっと良い友との出会いに等しい。人生には良い友をたくさん持ちたいものだ。


秋山ゆかり(コンサルタント)

思いもかけないトラブル案件に突然巻き込まれるくらいなら、自分から志願して泥をかぶりにいく方がうまく対処できる確率が高いし、自分の将来にプラスになる。


朝原宣治

指導者と選手の間には相談しやすいパートナーのような距離感も大切。選手と距離感が離れないよう、秘密を作らないようにしている。オープンマインドで歩み寄れば、信頼を寄せてくれます。


朝原宣治

自分の走りに集中するため、視界に入るすべてのモノに気をとらわれず、「ただ見えているだけ」と自分に言い聞かせる。簡単ではないですが、意識し続けることで、体や心を少しずつコントロールできるようになります。


渋谷和宏

第一線で活躍するプロの文章は、構造だけでなく、言葉使いや一文の長さなど、わかりやすく伝えるための様々な工夫が凝らされています。型を前提に、どう文章を崩しているかも参考になります。様々な文章から書き方のヒントを探してみて下さい。


渋谷和宏

「書き手は読み手にどう伝えようとしているのか」を意識して読めば、文章を書くときに「読み手にどう伝わるのか」という視点も高めることができる。


藤井孝一

他者意識、他者の目線を意識する習慣は仕事をするうえでも欠かせないスキルです。起業のアドバイスをするたびに、その大切さを痛感しています。想像以上に、お客さんの立場やニーズを想定していないビジネスパーソンが多い。


藤井孝一

「いかに面白く、わかりやすく相手に伝えるか」を意識して読むことが、本をより深く理解するためのポイント。アウトプットする方法は何でもかまいません。人に話す、ブログに書評を掲載する、読書会を開くなど様々です。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

想定外の出来事が次々に起こるからこそ、人生は面白い。成功体験に縛られて1つのところにとどまるのではなく、流れには身を任せてみることだ。


吉澤準特

「自分の努力で防げたものは、自分のミス」と考えるのが、仕事のプロ。


又吉直樹

想像力とは、自分の外に出ること。


國分文也(国分文也)

今の社会課題というのはタテ軸で考えられるものではなくなってきていて、いろいろな要素が複雑に絡み合っている。だから、とにかく考えろと。