林家木久扇の名言|美味しいものを知っていることは、話の豊かさとつながる

「口は奢ってなくちゃいけないよ」って、師匠によく言われました。口が奢っていない人は面白い話ができない、と。美味しいものを知っていることは、話の豊かさとつながるんです。すぐに芸にはつながりませんけど、選別能力がつく。「これはつまんない」「これは面白い」ってのが、わかるようになる。きっと感性が豊かになるんでしょうね。だから、まずいものを平気で食べていると、噺家仲間から軽蔑されます。僕はあえて弟子には話しませんけど、一緒に美味しいものを食べているから、わかってくれていると思います。

林家木久扇(初代 林家木久蔵) の経歴

林家木久扇、はやしや・きくおう。初代 林家木久蔵、はやしや・きくぞう。日本の落語家、漫画家。東京市出身。高校卒業後、森永乳業勤務、漫画家などを経て落語家に転身。様々な分野で活躍。落語協会相談役、神奈川県瓦屋屋根工業連合会名誉総裁、全国ラーメン党会長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

できる限り、週に1~2回はランニングをして汗をかくことを大切にしています。汗をかくと、実はそれだけで、仕事でストレスに感じていたこともリフレッシュされていることがあります。肉体的にも、太りすぎないようにカロリーを消費してくれる効果があるので、走ることはとてもいいと思います。週末はランニングでだいたい1時間ぐらい、10kmぐらい走っています。

田中克典の名言|汗をかくと、実はそれだけで、仕事でストレスに感じていたこともリフレッシュされている


活動しなければ何も生まれないし、新しいビジネスもできない。活動するときは、頭も体も活かすことが大事。

神谷一雄の名言|活動しなければ何も生まれない


個人とか、個性を大切にするのが現代社会の特徴だ、みたいなことを言うけれど、現実にはその正反対のことが起きている。実際には、個人が社会の中に埋没して、個人の命が社会という巨大な機械に組み込まれた部品のひとつになってしまった。しかも、その部品の代わりはいくらでもある。だからこそ逆に、個人主義とか言い出したんじゃないだろうか。個人の自由を極端に制限した戦争中の方が、むしろ個人というものを際立って意識できていたような気がする。

北野武の名言|個性を大切にする現代社会の実情


意図したわけでもないのに、留学と出向から起業までつながりました。世の中というのはご縁だなと思います。

湯崎英彦の名言|世の中というのは縁


私がこれまで数々の困難を克服し、会社の再建を果たすことができたのは、「現場主義を貫く」「会社は公器」「スピードは最大のサービス」「販売なくして企業なし」「積極精神」等々、真理にも等しいオーナー(創業者・石橋信夫)の教えを守り抜いたからこそ。今後、どのように時代が変化しようとも、オーナーの教えを守り続ける限り、「道は必ずひらける」と私は信じています。

樋口武男の名言|どのように時代が変化しようとも、創業者の教えを守り続ける限り、「道は必ずひらける」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ